CMSを徹底比較。種類別にメリット・デメリット・導入ポイントをやさしく解説します

「会社からCMSについて調べておいてと言われた」
「CMSで検索したら種類が多すぎて違いがわからない」
「目的と予算に合ったCMSを選びたい」

CMS(コンテンツマネジメントシステム)の導入を検討し始めたものの、どんな機能があるのか?どのツールを選べばいいのか?といった不安はつきもの。

そこで本記事では、CMSの基礎知識からCMSの特徴を種類別に紹介し、CMSを導入する際のポイントを解説します。効率的なWebサイトの運用体制を実現するために、導入目的と予算に合ったCMSを見つけましょう。

※すでにCMSについての基礎知識がある方は、以下のボタンをクリックしてください。

すぐにオススメCMS 8選を見る

目次
  1. 1. CMSとは
  2. 2. CMSの種類とメリット・デメリット
    1. 2-1. パッケージ型CMS(商用ソフト)
    2. 2-2. クラウド型CMS
    3. 2-3. オープンソース型CMS
  3. 3. オススメCMS<8選>
    1. 3-1. パッケージ型CMS
    2. 3-2. クラウド型
    3. 3-3. オープンソース型
  4. 4. CMS選定の5ポイント
    1. 4-1. 初期とランニング費用をどこまでかけられるか
    2. 4-2. 早期立ち上げするか、じっくり準備するか
    3. 4-3. 機能を充実させたいか、必要最低限でよいか
    4. 4-4. セキュリティ対策を自社対応するか、ベンダーに任せたいか
    5. 4-5. サポートの有無とその充実度
  5. 5. ホームページ制作会社の選定ポイント
    1. 5-1. デジタルマーケティング施策と連携できる
    2. 5-2. サポート体制が充実している
    3. 5-3. 導入実績が豊富である
  6. 6. CMSの比較まとめ

CMSとは

CMS(Contents Management System)とは、直訳するとコンテンツ管理システム。
Webサイトに掲載されているコンテンツを簡単に作成・編集・更新できるシステムの総称です。

具体的には、Webサイトを制作する際に必要なHTMLやCSSというプログラミング言語を利用しなくても管理画面からWebサイトを運用管理できる点がポイント

対象となるコンテンツは、メディアサイトなら記事、コーポレートサイトなら企業情報、ECサイトなら商品情報などCMSの導入に応じて多岐にわたります。

CMSの種類とメリット・デメリット

CMSは主に「パッケージ型」「クラウド型」「オープンソース型」の3種類あります。それぞれ特徴が異なるので、メリットとデメリットを見ていきましょう。

パッケージ型CMS(商用ソフト)

パッケージ型CMSとは、システムベンダー(製品のメーカー・販売会社)が独自に開発したCMS製品です。商用・非商用問わず利用者が自由に使えるオープンソース型のCMSを機能拡張した製品もあります。

ユーザーごとにできること・できないことを管理できる設定(外部には記事の編集権限を付与しないなど)など企業や組織がビジネスに活用する前提で機能が実装されており、基本機能はもちろんのこと必要な機能が一通りパッケージングされています。ベンダーによる公式サポートがあり、CMSの導入から運用まで手厚くサポートしてくれます。

メリット

・企業向けの機能が充実
・ベンダーによる手厚いサポート
・アップデートや不具合対応に対応してくれる

企業向けの機能が充実
担当者ができるのはページ作成のみで、Webサイトに掲載する許可をだせるのはマネージャーだけなど承認フローや権限管理の機能が充実しているため、組織の運営方針にマッチした運用管理ができます

ベンダーによる手厚いサポート
CMSの導入サポートだけでなく、業務を担当するメンバーに対して活用法をレクチャーをする、運用後も勉強会を実施するなど徹底的にサポートしてくれます。マニュアルやトレーニングなども充実しています。

アップデートや不具合対応に対応してくれる
導入後のシステム・機能のアップデートや不具合対応についても細やかに対応してくれるため、初めてのCMS導入でも安心できます。

デメリット

導入規模に応じてライセンス費用がかさむ
パッケージ型CMSの一番大きなデメリットはコスト面です。パッケージ型CMSを導入する場合は、ベンダーにライセンス料という形で利用費を支払います。ベンダーからライセンスを購入する際に、CMSを実際に利用するユーザー数やサイトの規模によって従量課金されるため、規模が大きくなればなるほど費用もかさんでしまいます。

導入をおすすめする企業タイプ

・安心して運用したい
・サポート体制は万全にしたい
・導入事例の多さが重要

予算を投下してでもCMSの導入から運用まで絶対に成功させたい企業さまにおすすめです。

クラウド型CMS

クラウド型CMSとは、自分たちでサーバーやソフトウェアを用意しなくてもインターネット環境さえあれば利用できるCMSを指します。システム自体はサービスを提供している会社がすべて管理するため、導入への負担が軽い点が特徴です。

スピーディーにWebサイトを公開できるよう、Webデザインのテンプレートやドメイン取得機能がセットになっているクラウド型CMSが多いです。低コストで簡単にサイト構築から運用までできるため、スモールスタートでCMSを使いたい方に最適です。

メリット

・導入コスト(初期費用)が不要
・ランニングコストが安い
・スピーディーに導入できる
・バージョンアップ・セキュリティ対策が不要

導入コスト(初期費用)が不要
クラウド型CMSを利用する場合、Webサイト構築の際に必要なサーバ・ドメインの契約やCMSのインストール作業が発生しないため、環境構築にかかる初期費用が発生しません

ランニングコストが安い
スモールスタートを前提とした料金体系となっているため、月額制や従量課金制ではあるものの非常に安価に使い始められます

スピーディーに導入できる
通常発生するサーバー・ドメインの契約とCMSのインストール作業を省けるため、Webサイトの構築から運用開始までスピーディーに進められます。

バージョンアップ・セキュリティ対策が不要
クラウド型CMS全体の管理運用は開発会社が行うため、個別にCMSのバージョンアップやセキュリティの設定をする必要がありません

デメリット

・機能やデザインをカスタマイズできる自由度が低い
・トラブル時は開発会社の対応に依存する

機能やデザインをカスタマイズできる自由度が低い
デザインテンプレートや機能の追加実装については開発会社のアップデート方針に左右されるため、基本的な機能やデザインだけでは物足りないという方にはマッチしません

トラブル時は開発会社の対応に依存する
システムにトラブルが発生した場合、開発会社が対応します。そのため、トラブルからいつ復旧するかは開発会社に依存してしまいます。

導入をおすすめする企業タイプ

・スピーディーにCMSの利用を始めたい
・できるだけ手間もコストもかけずにCMSを使いたい
・専門知識がなくてもスモールスタートで始めたい

とにかく早く、安く、簡単にCMSを使いたいという企業さまにおすすめです。

オープンソース型CMS

オープンソース型CMSは、ソースコードが公開されており、商用・非商用を問わず利用できるCMSを指します。無償で利用できるCMSが多く、利用に際して費用はかからない点が特徴です。

ソースコードが公開され、インターネット上に導入や機能設定に関する情報が非常に豊富にそろっています。利用意図に合致するよう柔軟にカスタマイズできる自由度が高いCMSです。

メリット

・ライセンス費用が無料
・自由度が高い
・無料の拡張機能が豊富

ライセンス費用が無料
オープンソース型CMSとして一番有名なWordPress(ワードプレス)を筆頭に、基本的に無償で配布されているCMSが多く、利用に際して初期費用・月額費用が発生しません。

自由度が高い
CMSの基本機能だけでも使用可能な上に、柔軟にカスタマイズができる点が特徴です。詳しいエンジニアに依頼すれば、CMSでやりたいことをほぼすべて実現できます。

無料の拡張機能が豊富
ユーザーコミュニティが充実しており、世界中のエンジニアが拡張機能を開発し無償で頒布してくれています。

デメリット

・セキュリティ的に脆弱なことも
・サポートが受けられない

セキュリティ的に脆弱なことも
基本的に専門知識を持つエンジニアが導入設定をする前提のCMSなので、セキュリティについての設定も利用側に委ねられています。ただインストールしただけではセキュリティリスクが高く、必ず対策が必要です。

サポートが受けられない
無償で提供されているCMSのため、基本的にサポートを受けることはできません。ユーザー自身で情報収集して対応するか、詳しいパートナーにサポートを受ける形になります

導入をおすすめする企業タイプ

・自社運用する自信がある
・自由度の高さは重要
・導入コストを抑えたい

費用はかけたくないが、自社のリソースをしっかり投下して自由度の高いCMSを利用したい企業さまにおすすめです。

オススメCMS<8選>

パッケージ型CMS

Movable Type

Movable Type

・国内5万サイト以上の圧倒的な導入実績
・用途に応じて選べる幅広いサービスラインナップ
・管理画面が使いやすく、スマホからも簡単に更新可能

Movable Typeは商用パッケージ型CMSとして2015年から国内導入シェア(数量ベース)4年連続1位の実績を持ち、圧倒的に国内での導入実績が多い老舗のCMSです。

国内5万サイト以上の圧倒的な導入実績
2001年にブログエンジンとして開発されて以来、さまざまな組織に導入されており、その数は国内5万サイト以上と圧倒的な実績を持っています。中小企業から大企業、そして大学など導入先は多岐にわたります

用途に応じて選べる幅広いサービスラインナップ
パッケージ型CMSとしてのサービスに加え、クラウド型CMSのラインナップなども用意されています。そのため、開発規模に応じたプランを選べる点が魅力です。

管理画面が使いやすく、スマホからも簡単に更新可能
開発当初から常にアップデートをかけているため、管理画面の使いやすさには定評があります。またスマホからも管理画面にアクセスでき、更新が可能です。

Movable Typeの概要

URL

https://www.sixapart.jp/movabletype/

運営会社

シックス・アパート株式会社

資料ダウンロード

https://www.sixapart.jp/inquiry/movabletype/mt-materials-download.html 

HeartCore

HeartCore

・サイトの一括移行機能によりスピーディーに移行が可能
・カスタマイズしやすく、他のサービスとの連携も可能
・多言語サイト対応に強い

HeartCoreは2019年5月時点で、国内で550社、海外で3,500社以上のお客様に採用されているCMSパッケージです。西武鉄道株式会社や株式会社IDOMなど大手企業への導入実績も豊富です。

サイトの一括移行機能によりスピーディーに移行が可能
「Zipアップロード機能」によってすばやく既存コンテンツをCMSに反映できます。また、「移行トレーニング」サービスも提供しており、確実に移行を実現できるサポートが整っています

カスタマイズしやすく、他のサービスとの連携も可能
CMSの完成度が高い上に、カスタマイズやサービス連携をしやすいシステム設計になっており、さまざまな目的に沿ったサイト構築に対応できます。

多言語サイト対応に強い
最先端のローカリゼーション管理ツール「GlobalLink Localization Suite」と連携しており、自動翻訳フローを使用したコンテンツの多言語展開が容易にできます

HeartCoreの概要

URL

https://www.heartcore.co.jp/

運営会社

ハートコア株式会社

資料ダウンロード

https://www.heartcore.co.jp/contact/download/cms/completed.html 

NOREN

NOREN

・使いやすさから導入企業の87%が運用の内製化に成功
・導入から運用まで非常に手厚いサポート体制が整っている
・セキュリティが強いコンテンツ管理方式を採用している

NORENは2020年4月時点で導入社数730社を超え、「三菱重工業株式会社」「九州旅客鉄道株式会社(JR九州)」など大手企業や官公庁への導入実績が豊富なCMSです。

使いやすさから導入企業の87%が運用の内製化に成功
民間企業から官公庁までさまざまな組織体制にもきちんと最適化した導入支援を実現しているため、導入企業の87%が導入後の運用体制を社内で確立できています。

導入から運用まで非常に手厚いサポート体制が整っている
NORENを提供している株式会社のれんは、パッケージソフトの導入支援を得意とする株式会社アシストのグループ会社です。そのため導入後のサポートが非常に手厚く、安心感があります

セキュリティが強いコンテンツ管理方式を採用している
コンテンツの管理をするサーバに外部からはアクセスできないためセキュリティに秀でています。またあらかじめページを生成するコンテンツ管理方式のため、管理サーバに不具合が出た際にもサイトの閲覧に問題が出ません

NORENの概要

URL

https://noren.ashisuto.co.jp/

運営会社

株式会社のれん

資料ダウンロード

https://noren.ashisuto.co.jp/contact/index.html

クラウド型

はてなブログMedia

はてなブログMedia

・オウンドメディア運営に特化したCMS
・最新のSEO対策が都度反映される
・集客やコンテンツ企画支援サービスが利用できる

はてなブログMediaは自社で個人向けに提供していた「はてなブログ」のサービスを、オウンドメディア運営を検討している法人向けに強化したCMSです。LINE株式会社や株式会社リクルートライフスタイルなどの大手企業からベンチャー企業まで導入実績も幅広いです。

オウンドメディア運営に特化したCMS
自社で培ったメディア運営の知見を反映し、権限に基づく複数人編集機能など企業や組織の広報・宣伝担当者がオウンドメディアの運営をすぐに始められるよう機能を各種そろえたサービスです。

最新のSEO対策が都度反映される
適切なスパム対策内部リンク設計など自社サービスにおけるSEO対策を反映したサービスとなっています。専門家からの評価もされており、コンテンツ内容がきちんと評価されるシステム設計がされています。

集客やコンテンツ企画支援サービスが利用できる
自社メディアである「はてなブックマーク」内の企業メディア枠、「はてなブログタグ」にキーワードに関連するブログとして掲載されることがあります。

はてなブログMediaの概要

URL

https://www.hatena.ne.jp/contentmarketing/hatena-blogmedia

運営会社

株式会社はてな

資料ダウンロード

https://hatenacorp.jp/contact/solutions

Jimdo

Jimdo

・0円から利用開始できて、アップグレードも簡単
・専門知識がなくてもサイト制作ができるAIビルダープラン
・日本でのサービス展開はKDDI系列の企業がサポート

JimdoはドイツにあるJimdo社が開発・運営してるクラウド型CMSです。全世界で2,500万以上のWebサイトがJimdoで制作されています

 0円から利用開始できて、アップグレードも簡単
最低限の機能でサイト制作ができる、0円のプランが用意されています。トライアルで使ってから、必要に応じて簡単にアップグレードが可能。ただし支払いは1年分になるので、ご注意ください。

専門知識がなくてもサイト制作ができるAIビルダー
JimdoにはクリエイターとAIビルダーの2種類のサービスがあります。クリエイターは従来型の自由にデザインできるCMS、AIビルダーはパーツを組み合わせて簡単かつスピーディに作成できるCMSとなっています。用途に合わせてサービスを選べる点が魅力です。

日本でのサービス展開はKDDI系列の企業がサポート
株式会社KDDIウェブコミュニケーションズがJimdoの国内サービス展開を担当しているため、サポート体制もしっかりしています。

Jimdoの概要

URL

https://www.jimdo.com/jp/

オープンソース型

WordPress

WordPress

・全世界で圧倒的シェア1位を誇る無料CMS
・豊富なデザインテンプレートとプラグイン(追加機能)
・拡張性が高く、多様なカスタマイズ事例がそろっている

WordPressは2020年8月現在、全世界で63.5%と圧倒的シェア1位のCMSです。無料で使えて拡張性が高いことから全世界で用途に合わせて活用されています

全世界で圧倒的シェア1位を誇る無料CMS
W3 Techsという調査サイトにおけるCMS利用比較調査によると、2020年8月現在で全Webサイトの39.8%でWordPressが活用されており、マーケットシェアは63.5%と発表されています。第2位はShopifyでマーケットシェアは4.7%なので、WordPressのシェアが圧倒的です。

豊富なデザインテンプレートとプラグイン
圧倒的なマーケットシェアを持つため、カスタマイズできるデザインテンプレートとプラグインが豊富にそろっています。目的に合ったサイトの開発を、自社で工数をかけなくてもある程度のところまでスピーディーに済ませることができます。

拡張性が高く、多様なカスタマイズ事例がそろっている
自由度が高いCMSのため、目的に合わせたカスタマイズ事例が多岐にわたります。実装や運営時にトラブルがあっても、何かしらの参考資料が検索すれば引っかかるため、解決までの筋道が立ちやすいです。

Web幹事では、これからWordPressを始める方に向けた記事がありますので参考にしてください。

関連記事:WordPressの始め方。初心者が最初にやることやプラグイン・テーマを解説

Drupal

Drupal

・大規模サイト運用に適した拡張性とセキュリティ
・コンテンツの一括管理や承認フローの管理が簡単
・100近くの言語に対応できる機能があり、多言語対応サイトに適している

Drupalは国内外の大規模サイトにおける利用実績が多く、セキュリティが強いCMSです。ホワイトハウスやオーストラリア政府など、各国の政府機関でも活用されています。

大規模サイト運用に適した拡張性とセキュリティ
Drupalは大規模サイト運用に適した拡張性とセキュリティを兼ね備えたCMSです。一般的なCMSと比較して複雑なシステムを構築でき、安全に運用できます。

コンテンツの一括管理や承認フローの管理が簡単
コンテンツの一括管理や承認フローの細かい設定機能がしっかり実装されているため、大きな組織において運用するシーンに向いています

100近くの言語に対応できる機能があり、多言語対応サイトに適している
標準機能として多言語対応機能が実装されています。1つのページですべての言語の翻訳データを管理できるので、言語別にサイトを用意する必要がありません。

Drupalの概要

URL

https://www.drupal.org/

Concrete5

Concrete5

・とにかくわかりやすいページ作成機能
・企業や組織のサイトに欠かせないパーツがそろった基本機能

Concrete5はその名の通り、コンクリートブロックを積むような簡単な操作をするだけでWebサイト制作ができるCMSです。無料でありながら企業サイトに欠かせないパーツが基本機能としてそろっているため、簡単だけど情報量をしっかり担保できる点が魅力です。

とにかくわかりやすいページ作成機能
ページ編集画面でブロックと呼ばれる種類別のパーツをドラッグ&ドロップしていくだけでレイアウトが作れるため、全くの専門知識ゼロでも直感的にページ作成ができます

企業や組織のサイトに欠かせないパーツがそろった基本機能
ブログのような機能だけでなく、問い合わせフォームの作成やアンケートなど企業サイトに必須の機能がまとまっているため、基本パッケージだけで企業サイトの体裁を整えることができます

Concrete5の概要

URL

https://concrete5-japan.org/

CMS選定の5ポイント

CMS選定の5ポイント

続いては、8つのCMSを見比べて見たけど、どれを選べばいいか決めきれなかった方のために、CMS選定のポイントを5つ紹介します。

初期とランニング費用をどこまでかけられるか

「初期費用で○○円、月額費用で○○円まで」とどこまでかけられるか予算を明確にしましょう。例えば予算がかからない順でCMSのタイプを並び替えると、オープンソース型CMS、クラウド型CMS、パッケージ型CMSと大まかに選択肢をしぼることができます。

早期立ち上げするか、じっくり準備するか

CMSを導入したWebサイトの公開までにどれぐらいの時間がかけられるかも大事な選定のポイント。スピード感を持って早めに立ち上げたい場合はクラウド型CMS、組織の一大プロジェクトとしてじっくり準備する場合は、オープンソース型CMSもしくはパッケージ型CMSが候補となります。

機能を充実させたいか、必要最低限でよいか

導入するCMSにどこまでの機能を求めますか?機能を充実させたい場合には、大企業の導入に適しているパッケージ型CMSか、自社開発でとことんカスタマイズできるオープンソース型CMSのどちらかが選択肢となります。必要最低限でよい場合は、クラウド型CMSのサービスを利用するとよいでしょう。

セキュリティ対策を自社対応するか、ベンダーに任せたいか

Webサイトの運用にはセキュリティ対策はかかせません。自社のエンジニアにセキュリティの設定やトラブル対応を任せられるのであれば、オープンソース型CMSを導入できます。一方、セキュリティ対策を含めてサービス提供側に任せたい場合は、パッケージ型CMSかクラウド型CMSのいずれかとなります。

サポートの有無とその充実度

導入や運用に関するサポートがどれぐらい必要なのか、充実したサポートを受けたい場合はパッケージ型CMS、まったくサポートが必要ない場合はオープンソース型CMSとなります。

ホームページ制作会社の選定ポイント

制作会社を選ぶポイント

では最後に、CMSの導入をホームページ制作会社に依頼する場合、どのような会社を選定すればよいのか、ポイントをご紹介します。

デジタルマーケティング施策と連携できる

ホームページを使った集客施策が当たり前になった現在、ただホームページを制作して公開しただけでは問い合わせは来ません。SEO対策やリスティング広告の運用は必須です。

またMA(マーケティングオートメーション)ツールなど、問い合わせをもらったユーザーへの細やかな対応が求められます。オンラインの集客施策について、ユーザーがホームページに来る前から来た後まで俯瞰して見ることができる制作会社をおすすめします。

サポート体制が充実している

ホームページを公開・リニューアルした後のサポート体制も非常に重要です。運用フローの設計、公開後の定期的なミーティング、電話やメールでの相談窓口、レポート作成、など自社での運用を補完してくれる体制を持っている制作会社を選びましょう。

導入実績が豊富である

導入実績が豊富であるということは、その数だけ顧客の課題解決に向き合った数です。さまざまな業種・業界におけるCMS導入実績から、現状の課題に寄り添った提案をしてくれる制作会社に依頼しましょう。

Web幹事では、ホームページ制作会社の選び方をレクチャーした記事もあります。下記の記事も参考にしてください。

関連記事プロが教えるホームページ制作会社の選び方5ポイント

CMSの比較まとめ

以上、CMSの種類別の概要と比較検討するときに知っておくべき基礎知識、選定ポイントを中心に解説しました。

タイプ別に様々なCMSが存在するので、自社の課題とリソースにあったものを適切に選ぶことが導入成功への第一歩となります。どんな課題を解決したいのか、しっかりとまとめた上でCMSの導入を検討してみてください。

※CMS選の選定も含め、どのホームページ制作会社が自社に最適なのか、ぜひWeb幹事にご相談ください。コンサルタントが無料で最適な制作会社を選定します。

おすすめの制作会社を紹介してもらう