ECサイトの要件定義|進め方や事前に考慮しておくべきポイントを解説!

要件定義は、ECサイト構築 / リニューアルの成否を左右する重要な工程。それはなんとなく理解しているが、具体的になにをする?進め方は?そんなEC担当者の方に向け、基礎知識から進め方、事前に考慮しておくべきポイントまで、ECサイトの要件定義の基本を解説していきます。

なお、ECサイト制作会社の探し方・選び方がわからない!という方はWeb幹事にお気軽にご相談ください。貴社の目的・予算にあった最適な会社を厳選してご紹介します。相談料・会社紹介料などは無料です。

【無料】ECサイト制作会社を紹介してもらう

目次
  1. 1. ECサイトの要件定義とは
    1. 1-1. 要件定義はECサイト制作プロジェクトの指標
    2. 1-2. 要求定義を担当するのは企画者 / 依頼者
  2. 2. ECサイトの要件定義 / 要求定義の進め方
    1. 2-1. 目的の明確化と目標(KGI / KPI)の設定
    2. 2-2. ECサイトのコンセプト / マーケティング戦略
    3. 2-3. 要件の洗い出し
    4. 2-4. RFP作成 / 見積もり / 制作会社選定
    5. 2-5. ECサイトの要件定義 / 要件定義書作成
  3. 3. 要件定義の前に企画側が考慮すべきECサイトのポイント
  4. 4. 業務フロー設計
    1. 4-1. 決済 / 在庫管理 / 配送
    2. 4-2. 社内 / 外部システム連携
    3. 4-3. システム要件(機能要件 / 非機能要件)
    4. 4-4. サイト構造 / デザイン
    5. 4-5. セキュリティ要件
    6. 4-6. データ登録 / 移行(リニューアル)
    7. 4-7. ECサイトの制作予算 / 公開までのスケジュール
    8. 4-8. ECサイトの運用 / 保守体制
    9. 4-9. 要件定義書(要求定義書)のテンプレート
  5. 5. ECサイトの成長を視野に入れた要件の定義が重要
  6. 6. 【まとめ】ECサイトの要件定義を解説しました

ECサイトの要件定義とは

要件定義とは「重要な条件、必要な条件(要件)」を定義する制作工程のこと。つまり、ECサイトの要件定義とは、構築 / リニューアルするECサイトに求める要件を定義し、仕様を確定する制作工程のことです。このことからもわかるように、要件定義はECサイト構築の初期段階に実施されます。

  • 企画 / 要求定義
  • 要件定義
  • システム設計
  • サイトデザイン / 機能設計
  • コーディング / 機能実装
  • テスト
  • ECサイト公開 / 運用・保守

社内でECサイト構築 / リニューアルを完結させる場合もありますが、本記事では、構築 / リニューアル作業を制作会社に依頼する場合をメインに解説を進めていきます。

要件定義はECサイト制作プロジェクトの指標

設計、デザイン、コーディングなど、実作業工程の前段階に位置することからもお分かりのように、要件定義は「ECサイト制作の指標を作る」重要な工程です。要件定義の成果物である要件定義書は、以降すべての開発工程で参照されます。実作業の指標となる要件定義がブレてしまえば、成果の得られるECサイトは作れません。

制作 / 開発側の指標となるだけでなく、決裁者を含む社内コンセンサスを得るためにも要件定義は重要。ECサイトの仕様を確定させ、要件定義書でコンセンサスを得ておくことにより「制作開始後の仕様変更で余計なコストがかかる失敗」を防げます。

要求定義を担当するのは企画者 / 依頼者

ただし、要件定義は「ECサイトに求められる要求を技術面で実現するための方法(仕様)へ落とし込む」工程。主に、ECサイト構築 / リニューアルを請け負う制作会社が担当します。では、ECサイトに求められる要求を定義する「要求定義工程」は、だれが担当するのか?もちろん、ECサイト制作の企画者 / 依頼者です。

「要求」「要件」という違い「依頼側」「開発側」という立場の違いはあるものの、どちらの工程も「ECサイトに必要なもの」を定義するという意味では同じ。要求定義の成果物であるRFP(提案依頼書)は、複数の制作会社から見積もり / 提案を募るためにも利用されます。

【無料】ECサイト制作会社を紹介してもらう

ECサイトの要件定義 / 要求定義の進め方

基本を把握できたところで、ECサイトの要件定義 / 要求定義の進め方を簡単に解説していきましょう。

目的の明確化と目標(KGI / KPI)の設定

ECサイト構築 / リニューアルの目的を明確化し、中期的な目標、将来的な長期目標を設定します。たとえば「実店舗と連携したOMO(Online Merges with Offline)戦略を目的」「ECサイト開設3年後に売上高300%を目指す」など。目標となるKGI / KPIは、具体的な数値で設定することもポイントです。

ECサイトリニューアルの場合は、現状を分析して課題を洗い出しておくことも重要。アクセス数やカゴ落ちの数など、できる限り定量的な数値を根拠に分析しましょう。

ECサイトのコンセプト / マーケティング戦略

制作するECサイトのコンセプトを定め、集客に向けたマーケティング戦略を立案します。重要なポイントはペルソナの設定。ペルソナとは、商品購入してくれるカスタマーを代表する具体的な人物像のことです。

つまり、自社商品のアドバンテージを念頭に「だれに、どんな商品を、どのように販売するか」一貫した方針がコンセプト。「ペルソナに自社 / 商品を認知してもらい、売れる仕組みを作る」ことがマーケティング戦略です。競合の乱立するEC市場で、差別化を図るためにも重要なポイントです。

要件の洗い出し

目的 / 目標を達成するためのコンセプト、マーケティング戦略をもとに、ECサイトに求められる要件を洗い出します。具体的には、戦略にあわせたUI / UXデザイン、快適に利用できる機能 / セキュリティ対策、想定するトラフィックにあわせたインフラ環境など。

もちろん、要求定義の段階で専門性は不要です。「ユーザーの操作に対してこういう反応が欲しい」「商品検索が0.5秒以内に完了すること」といった表現で問題ありません。

RFP作成 / 見積もり / 制作会社選定

ECサイトに求められる要求をもとに、RFP(提案依頼書)を作成します。要求定義の成果物であるRFPは、同じ条件で複数のECサイト制作会社から見積もり / 提案を募るのに適切だからです。前提条件が同じなら、制作会社の見積もり / 提案内容をより比較しやすくなります。

ECサイトの要件定義 / 要件定義書作成

最終的に選定した制作会社と打ち合わせをしながら要件定義を進め、成果物である要件定義書を作成します。重要なことは、認識のズレをなくすためのコミュニケーション。自社の要求を具体化したRFPは、ECサイトの要件定義を円滑に進めるためにも有効です。

実際、先方のPM(プロジェクトマネージャー)とのコミュニケーション / 相性は、実績や提案内容と並ぶ、ECサイト制作会社を選定する重要なポイント。間違っても、見積もり金額だけで依頼先を選定してはいけません。

【無料】ECサイト制作会社を紹介してもらう

要件定義の前に企画側が考慮すべきECサイトのポイント

ECサイトの要求 / 要件定義の手順を簡単に解説してきましたが、要件定義を進める前に、要求定義でなにを具体化すればいいのか、わからないという方も少なくないはず。そんな方に向け、以下から要件定義前に企画側が考慮 / 具体化しておくべき要求定義のポイントを紹介していきます。

  • 業務フロー設計
  • 決済 / 在庫管理 / 配送
  • 社内 / 外部基幹システム連携
  • システム要件(機能要件 / 非機能要件)
  • サイト構成 / デザイン
  • セキュリティ要件
  • データ登録 / 移行(リニューアル)
  • ECサイトの制作予算 / 公開までのスケジュール
  • ECサイトの運用 / 保守体制

業務フロー設計

オンラインショップ業務全体のなかで、構築 / リニューアルするECサイトがどのような役割を担うのか?明確化するためにも、業務フローを設計しておきましょう。ポイントは「現状(As-Is)と課題」を明確化し、課題を解決する「あるべき理想の業務フロー(To-Be)」を設計すること。

このAs-IsとTo-Beのギャップを埋める工程こそが「要求定義」です。現状と理想の業務フローを図式化しておくと、その後の工程をスムーズに進行できます。

画像出典:EC-ORANGE

決済 / 在庫管理 / 配送

どのような決済方法を用意するか、どのような方法や体制で在庫管理 / 商品の受発注 / 配送業務を実行するか決めておきましょう。業務フローを設計するということは、ECサイト以外の業務も見直すこととイコールだからです。

たとえば、10代前半をターゲットにしたゲームが主力商品なら、クレジットカードのみの決済方法では不充分。ビジネスの成長にあわせてECサイトをリニューアルするなら、在庫管理 / 配送を外部ロジスティクスに任せるという選択もあるでしょう。

社内 / 外部システム連携

社内 / 外部システムとの連携方法を検討しておきましょう。たとえば、ロジスティクスを外部に委託するなら、ECサイトとのデータ連携が必要。オンラインとオフラインを融合するOMO戦略を推進するなら、実店舗のPOSシステムやCRMなど、基幹システムとの連携が必要です。

具体的な連携方法や必要なシステムを考える必要はありませんが、連携したいシステムをリストアップしておくことが重要です。

システム要件(機能要件 / 非機能要件)

構築 / リニューアルするECサイトに求めるシステム要件(機能要件 / 非機能要件)を決定しておきましょう。機能要件とは、ECサイトに実装する必須の機能のこと。非機能要件とは、機能以外に求めるECサイトの条件のことです。

たとえば、カート機能、会員登録機能、ポイント機能、ログイン / ログアウト機能などが機能要件の代表例。これに対し、可用性、拡張性、処理速度を含むサイトパフォーマンスなどが非機能要件の代表例です。

ECサイトの機能要件については以下の記事もあわせてご覧ください。
関連記事:ECサイトに欲しい機能・仕組みを徹底解説|売上をアップするための機能要件

サイト構造 / デザイン

構築 / リニューアルするECサイトに必要なページ、ページのカテゴリー分類、ストラクチャー(階層構造)など、大まかなサイト構造を決定しておきましょう。各ページの具体的なイメージがあるなら、簡単な線と枠で表現する設計図「ワイヤーフレーム」を作成しておくと、後のデザイン工程をスムーズに進められます。

ワイヤーフレームを作るのが難しいなら、イメージに近いデザインのECサイトをピックアップしておく方法もあります。

セキュリティ要件

セキュリティ要件とは、リリース初期にECサイトが達成しているべきセキュリティ目標のことです。クレジットカード情報を含む顧客情報を取り扱うECサイトは、特に高いセキュリティ強度が求められます。そのため、企画側だけでセキュリティ目標を設定するのは簡単ではありません。

ECサイトにとってのセキュリティ要件は重要だということを認識し、要件定義フェーズで制作会社とじっくり内容を詰めていくことになるでしょう。

データ登録 / 移行(リニューアル)

ECサイトの商品ページへのデータ登録方法、リニューアル時は旧サイトから新サイトへのデータ移行方法を決定する項目です。実際には、要件定義の確定を待って具体的な方法を決定しますが、ECサイトが完成しても商品情報がなければリリースできません。データ登録作業をスムーズに進めるためにも、開発の初期段階から意識しておく必要があります。

ECサイトの制作予算 / 公開までのスケジュール

ECサイト構築 / リニューアルの予算、および公開までのスケジュール(納期 / 公開予定日)を大まかに決定しておきましょう。ECサイトの制作費用 / 制作期間は、サイト規模、実装する機能のほか、構築方法によっても大きく変動します。構築方法それぞれの特徴を理解し、予算 / 納期にはある程度の幅を持たせておくことがポイントです。

構築方法

費用目安

ランニングコスト

制作期間

カスタマイズ性

実行環境

(サーバ)

ASP

無料〜100万円

月額料金

短い

低い

不要

オープンソース

10万円〜

安い

短い〜長い

普通

必要

パッケージ

100万円〜

高い

長い

高い

必要

スクラッチ

500万円〜

非常に高い

長い

非常に高い

必要


ECサイトの構築費用については以下の記事もあわせてご覧ください。
関連記事:ECサイト構築の費用と料金相場、解説手順をかんたん解説!

ECサイトの運用 / 保守体制

開設したECサイトは、安定的かつ継続して稼働させていくためのシステム運用 / 保守業務が欠かせません。どのようにECサイトを運用 / 保守するのか、リリース後の体制を決定しておきましょう。

一般的に、ECサイトの運用 / 保守は、構築を担当した制作会社に依頼します。その場合の年間費用は、構築費用の約15%ほどですが、必ずしも制作会社に依頼しなければならないわけではありません。社内にリソースがあれば、運用 / 保守を自社で賄うことも可能。近年、活用の広がる運用 / 保守代行会社、MSPに依頼することも可能です。

要件定義書(要求定義書)のテンプレート

ECサイト構築プロジェクトを成功させるには、指標となる要件定義が非常に重要。要件定義をスムーズに進行させるには、前提条件を定義する要求定義、要件定義のインプットとなる要求定義書 / RFPが重要です。

しかし、要求定義書 / RFPをどのように作成したらいいかわからない。そんなEC担当者も少なくないはず。そんな方の参考になるよう、要件定義書(要求定義書)のテンプレートを紹介しておきます。

ダウンロードリンク:【文書】テンプレートの無料ダウンロード

ECサイトの成長を視野に入れた要件の定義が重要

最後に、ECサイトの要求定義 / 要件定義を進める際の注意ポイントを1つ紹介しておきましょう。ECサイト構築 / リニューアルを進める際は、中期的なビジネスの成長を視野に入れ、要件を定義するのが重要ということです。

たとえば、現状ではASPの機能で充分だと考えていても、ビジネスの成長にともって1年後にECサイトのリニューアルを強いられた、といったことは起こり得るからです。短期的な視点やコストを優先するのではなく、5年程度の中期的な視点で全体を俯瞰する姿勢が重要です。

【まとめ】ECサイトの要件定義を解説しました

要件定義は、ECサイト構築 / リニューアルの成否を左右する重要な工程。それはなんとなく理解しているが、具体的になにをする?進め方は?そんなEC担当者の方に向け、基礎知識から進め方、事前に考慮しておくべきポイントまで、ECサイトの要件定義の基本を解説してきました。

なお、ECサイト制作会社の探し方・選び方がわからない!という方はWeb幹事にお気軽にご相談ください。貴社の目的・予算にあった最適な会社を厳選してご紹介します。相談料・会社紹介料などは無料です。

【無料】ECサイト制作会社を紹介してもらう