ホームページ制作をフリーランスに依頼して大丈夫?その疑問、プロが解決します。【2023年最新版】

ホームページ制作をフリーランスに依頼するときのポイント

近年、フリーランスのWebデザイナー等、個人でホームページ制作を手がける人が増えています。
制作会社から独立する方も多く、個人で実績を積まれている方も多くいます。

ホームページ制作の発注において「フリーランスの方が低価格でお願いできそう」と思いながらも「しっかりとした制作会社に発注した方がいいのでは?」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

本記事では

  • フリーランスに発注して大丈夫?
  • 仮に発注するなら、何を気をつければ良いの?
  • そもそも良いフリーランスってどうやって見つけるの?

と言った「フリーランスにホームページ制作を依頼するポイント」を徹底解説します。

関連記事:フリーランスのホームページ制作事業者をお探しの方はこちら 東京で展開しているオススメフリーランスをまとめました!発注先探しにご活用ください。
ホームページ制作を発注できる東京都のフリーランスをプロが厳選!【2019年版】

【無料】フリーランスのホームページ制作事業者について相談する

目次
  1. 1. フリーランスと制作会社どちらが良い?
    1. 1-1. フリーランスの場合
    2. 1-2. 制作会社の場合
  2. 2. フリーランスにホームページ制作を依頼するメリット
    1. 2-1. 制作会社より料金が安い
    2. 2-2. コミュニケーションがシンプルかつスピーディー
    3. 2-3. 早く納品してもらえる
  3. 3. フリーランスにホームページ制作を依頼するデメリット
    1. 3-1. 納期遅延の恐れがある
    2. 3-2. 廃業のリスクが比較的高い
  4. 4. ホームページ制作を依頼するフリーランスの選び方
    1. 4-1. デザインからコーディングまで一貫して対応できるか
    2. 4-2. 過去の実績を確認する
    3. 4-3. 相性を見極める
    4. 4-4. 料金体系がどうなっているか
    5. 4-5. 提案がわかりやすいか
  5. 5. フリーランスへのホームページ制作依頼の流れ
    1. 5-1. 1.依頼(要件のヒアリング)
    2. 5-2. 2.提案書・見積書の受領
    3. 5-3. 3.契約の締結
    4. 5-4. 4.制作作業
    5. 5-5. 5.納品
    6. 5-6. 6,アフターケア
  6. 6. ホームページ制作をフリーランスに依頼する際の注意点
    1. 6-1. 会社と違い定時がない
    2. 6-2. 価格だけで依頼相手を決めない
    3. 6-3. サイト公開後の運用について確認する
  7. 7. 安心して依頼できるフリーランスの探し方
    1. 7-1. Twitter
    2. 7-2. 紹介・口コミ
    3. 7-3. Web幹事
    4. 7-4. FreelanceNow
    5. 7-5. クラウドソーシング
    6. 7-6. ココナラ
    7. 7-7. Webデザイナーの運営サイト
  8. 8. フリーランスへのホームページ制作依頼費用相場
    1. 8-1. 名刺代わりのホームページ制作
    2. 8-2. 集客用のホームページ制作
    3. 8-3. 通信販売用のホームページ制作
    4. 8-4. システム開発も含めたホームページ制作
    5. 8-5. ホームページ制作依頼の費用相場まとめ
  9. 9. おすすめのフリーランスの制作ユニット・制作者
    1. 9-1. 【東京】東京フリーランス
    2. 9-2. 【東京】TNGC GRAPHICS
    3. 9-3. 【東京】Pixel Design
    4. 9-4. 【東京】CROQUIS
    5. 9-5. 【大阪】UNDERLINE
    6. 9-6. 【大阪・兵庫】OOOPEN(オープン)
  10. 10. フリーランスへのホームページ制作依頼 まとめ
    1. 10-1. ホームページ制作の依頼・相談でお困りの方へ

フリーランスと制作会社どちらが良い?

実際にホームページ制作を依頼する際、「どのような形で依頼を出すべきか」「自社がどこまで手を付けられるのか」といった具合で、不明点が出てくる場合が多いです。

制作時に困ったときは、まずホームページ制作の目的を明確にした上で、依頼先を決めると良いです。

  • フリーランスへの依頼
  • 制作会社への依頼

ホームページ制作の依頼先は、主に上記の2つです。それぞれ異なる特徴を持っていますので、以下から詳しく解説していきます。

フリーランスの場合

ホームページ制作をフリーランスに依頼する際は、対応できる業務範囲を確認する必要があります。

例えばホームページ制作に加えてWebデザインも必要な場合、制作とデザインを同時に提供できるプロへ依頼することで、ホームページ制作がより効率的に進行できます。

また、Webデザインは対応可能だがコンテンツ作成の人員が足りない場合、ホームページ制作・コンテンツ作成・SEOマーケティングを統合的に提供できるクリエイターが必要です。

フリーランスの対応範囲は、個々のクリエイターが保有するスキルによって異なります。ホームページ制作を成功させるには、自社で対応できる業務範囲はどこまでか、どの領域で外注化が必要なのか、その見極めが重要です。

制作会社の場合

ホームページ制作を制作会社へ依頼すると、フリーランスに依頼する場合に比べて費用が高くなる傾向にあります。

一方、制作会社はWebデザイン・コンテンツ作成・制作後の運用保守まで、ホームページ制作に関わる業務全般を任せられるのが大きな特徴です。

また制作会社の中には、マーケティングが得意な会社やコンテンツ制作に強い会社など、得意分野が異なる制作会社が存在します。

ホームページ制作を依頼する際は、まず自社に必要な要素を見極め、そのニーズと得意分野が合致した制作会社を選ぶことが大切です。

フリーランスにホームページ制作を依頼するメリット

まずは、フリーランスに依頼する場合のメリットからお伝えしていきます。
制作会社にはない、フリーランスならではのメリットについて順番に見ていきましょう。

制作会社より料金が安い

フリーランスにホームページ制作を依頼する場合、基本的には価格を安く抑えられることがメリットです。
個人でホームページ制作を請け負っている方は、自宅やシェアオフィス等で働いていることが多く、制作会社と比べて設備や人件費など固定費が少なく済みます。そのため費用も安く抑えられると言えるでしょう。

コミュニケーションがシンプルかつスピーディー

また、1人で制作を行なっているフリーランスは、窓口担当も制作担当も1人。ディレクターをはじめ、要件定義・設計担当者、デザイナー、コーダーなど多くの人が関わる制作会社と比べ、コミュニケーションがシンプルになるのもメリットです。

全ての担当者が1人ということに関連して、技術的に可能かどうかなど判断を比較的早く得られるのもフリーランスに依頼するメリット。
決裁権はフリーランスである個人が持っているため、打ち合わせなどの場で判断できます。
制作会社の場合、社内に持ち帰って検討しなくてはならないこともあります。
どのようなホームページ制作をしたいかがある程度明確な場合、スピーディーに進めることができるでしょう。

早く納品してもらえる

フリーランスの方が、早く納品してもらえる傾向にあります。

個人で仕事を行う分、制作会社よりもスピード感を持って作業を進められるためです。

制作会社は複数の案件を同時にこなすことが多く、その分時間がかかってしまう傾向にあります。

個人差はあるものの、スピード感を持って作業を進められるのはフリーランスに依頼する利点のひとつです。

フリーランスにホームページ制作を依頼するデメリット

フリーランスにホームページ制作を依頼することには、メリットだけでなくデメリットもあります。

フリーランスへの依頼は良くも悪くも「個人」だということを念頭に、依頼を検討していきましょう。

納期遅延の恐れがある

デメリットとしてまず挙げられるのは、フリーランスは代わりがいないということ。
依頼していた制作者が病気や怪我などで仕事ができなくなった場合、納期が延びたり、納品できないリスクもあります。

廃業のリスクが比較的高い

ホームページができてからのアフターサポート・運用面を考えると、フリーランスは継続性に不安が残るでしょう。
制作会社の場合は、もし担当者が退職などしても他の担当者に案件として引き継がれますが、フリーランスの場合は事業自体を廃業してしまうリスクも比較的高いです。
年単位で運用まで長くお願いできるかどうか、確認おく必要があります。


期間限定のホームページや、作ったあとの運用は自分でやる自信がある場合は良いですが、ホームページは作ったあとも運用することが多いです。

ホームページの更新の際に聞きたいことや、ちょっとしたリニューアルをお願いしたい場合もあるでしょう。その際は、廃業リスクの高いフリーランスよりは制作会社に依頼したほうがリスクは減らせます。もちろん、制作会社でも倒産のリスクはあるので、良い制作会社を見極めることは必要です。そのために、相談無料のWeb幹事にお問い合わせください。

【無料】最適なホームページ制作会社を探してもらう

ホームページ制作を依頼するフリーランスの選び方

ホームページ制作を請け負っているフリーランスは数多く、どの人に依頼するか迷うこともあるでしょう。

そこでここからは、ホームページ制作を依頼するフリーランスの選び方について解説します。

デザインからコーディングまで一貫して対応できるか

ホームページ制作は要件定義やサイト設計を経て、デザイン、そしてコーディングを行います。
フリーランスは「Webデザイン」のスキルのみを持っている場合や、コーディングのみ受けていてデザインは疎いという方もいます。

制作に関する知識が少ない状態で、デザインやコーディングを別々でお願いしてしまうと思わぬ事態になりかねません。
まずは、デザインからコーディングまで一貫してお願いできるかどうか。これを基準にフリーランスへの依頼を検討しましょう。

過去の実績を確認する

フリーランスでホームページ制作を行なっている方は、ホームページで過去実績を紹介していることが多いです。必ず確認しておきましょう。

特に、同じような業界、同じような構造のホームページ制作の実績がある場合は、話がスムーズに進むと考えられます。

制作会社や規模の大きな企業から直接依頼を受けて制作実績がある場合は、信頼できる一つの要素でしょう。
ただし「どこを担当したか」については注意して確認する必要があります
デザインのみ担当した案件なのか、デザインからコーディングまで担当したのか併せてて書いてある場合も多いです。確認できる限り、詳細に見ておきましょう。

相性を見極める

技術面やデザインの相性、予算感や制作の進め方における相性も重要です。いくら実績が豊富でも、自社との相性が悪いとうまく制作が進みません。

具体的には、連絡頻度やコミュニケーションの相性です。正式に依頼する前のやり取りからでも、ある程度相性が良いかを判断できます。

フリーランス選びに成功するためにも、依頼前に相性を見極めましょう。

料金体系がどうなっているか

追加で作業・修正してもらう際に、作業終了後に追加請求されたなどのトラブルを防ぐために、料金体系に確認は必須です。
フリーランスのホームページや契約書などには、追加作業に関する料金が明記されていないケースがあります。すると発注側のなかには「おそらく修正も基本料金に含まれるだろう」と思ってしまうでしょう。しかし、受注側のなかには「修正箇所は追加料金が別途かかるのは業界として当然」と思っている者もいます。すると、料金についてトラブルが生じるのです。

トラブルの対策としては、追加で作業が生じた際の作業内容とそれぞれにかかる追加費用について、発注側と受注側間できちんとすり合わせましょう。そして、業務委託契約書等の契約書を必ず交わしましょう。

また、フリーランスによっては料金体系を「ページ単価」「工数単価」のいずれかを設けています。
ページ単価とは、TOPページは4~15万円・下層ページは1~4万円/ページのように、制作料金を「ページ数×単価」で見積もる体系。工数単価とは、打ち合わせ・要件定義・デザイン・コーティング・テスト・運用などのホームページ制作の各工程にかかる時間によって見積もる体系です。

同じホームページ制作依頼内容でも、ページ単価・工数単価それぞれで見積もると、見積もり金額が異なることもあるのです。フリーランスとの打ち合わせ時ではどのような見積もり方法で料金を決めるか、必ず聴きましょう。

提案がわかりやすいか

フリーランスにホームページ制作を依頼する場合、制作会社とは異なり、1人の担当者とやりとりをすることになります。フリーランスは制作会社に比べて、経験やスキル、ノウハウにばらつきがあります。

例えば、提案書がある場合は、提案内容が明確でわかりやすいかを確認することが重要です。提案書には、制作の目的やターゲット層、要件定義、制作方針、デザインやコンテンツのイメージ、スケジュールや費用などが明確に記載されていることが望ましいです。

フリーランスは個人事業主であるため、制作会社に比べて制作物への保証が少ない場合があります。また、フリーランスによっては、制作会社よりも制作品質やスケジュール管理がルーズなことも多いため、十分な調査と検討が必要です。

【無料】フリーランスのホームページ制作事業者について相談する

フリーランスへのホームページ制作依頼の流れ

フリーランスへのホームページ制作依頼の流れを把握することで、依頼前に相手の能力や実績を確認でき、円滑な取引ができます。また、見積もりや契約を行うことで、納期やコスト、著作権などの問題を事前にクリアし、トラブルを未然に防ぐことができます。

依頼の流れは主に以下の通りです。

  1. 要件のヒアリング
  2. 提案書・見積書の受領
  3. 契約の締結
  4. 制作作業
  5. 納品
  6. アフターケア

もう少し詳しくお話しましょう。

1.依頼(要件のヒアリング)

発注側の要望をフリーランスがヒアリング。ホームページの目的やターゲット層、必要な機能などを明確にします。

2.提案書・見積書の受領

ヒアリング内容をもとに、制作内容や工数、納期などをまとめた提案書と見積書をフリーランスがが作成・提出してくれます。提案は素晴らしいか、見積金額は妥当か確認しましょう。

3.契約の締結

提案書が発注側で承認されたら、契約を締結。契約書には、制作内容や納期、報酬などの詳細が明記されます。フリーランスとこちらの作業範囲の認識がずれていると後々のトラブルになりますので、必ず契約書にて明言しておきましょう。

4.制作作業

制作に必要なデザインやコーディングなどの作業を受託側のフリーランスが行います。制作途中に発注側からの修正依頼があった場合は、受託側は修正作業を行います。

5.納品

制作が完了したら、ホームページが発注側に納品されます。納品物には、制作したホームページのファイルやドキュメント、使い方のマニュアルなどが含まれます。

6,アフターケア

契約内容によりますが、納品後も、ホームページの不具合や修正を受託側が対応するアフターケアもあります。ホームページの運用や保守管理を担当することもあります。

スムーズに制作を進めさせるコツは、発注側で求める成果物を明確にすること。明確に要件定義を行い、依頼内容を明確にすると、スムーズな進捗管理が可能になります。

【無料】フリーランスのホームページ制作事業者について相談する

ホームページ制作をフリーランスに依頼する際の注意点

フリーランスへのホームページ制作依頼の注意点

メリットデメリットを踏まえた上で、フリーランスへの依頼は実際どのような点に注意すればいいのでしょうか。
制作会社に依頼する際にも同じようなことが言えますが、技術面はもちろんのこと、過去実績やホームページ完成後の運用についても確認しておく必要があります。

関連記事プロが教えるホームページ制作会社の選び方5ポイント【失敗したくないかたへ】

会社と違い定時がない

フリーランスは企業と違い、定時がないのが大きな違いです。そのため、思うように連絡が取れない恐れもあります。

制作をお願いした場合、以下について確認しておきましょう。

  • 連絡が取れる時間帯(昼なのか夜なのか)
  • コミュニケーションはマメに可能か
  • 対面での打ち合わせはできるか

制作の進め方の相性も見極めておくと、スムーズなホームページ制作・運用ができます。

価格だけで依頼相手を決めない

ホームページ制作を依頼するフリーランスは、価格だけで決めてはいけません。

少ない費用で依頼できても、完成したホームページの質が低ければ意味がないですよね。

中には、案件獲得のため低価格を提示するフリーランスもいるため、注意が必要です。

フリーランスの選定は価格だけでなく、ポートフォリオや実績など総合的に判断して決めましょう。

サイト公開後の運用について確認する

フリーランスに依頼するメリット・デメリットでも書きましたが、ホームページ制作が完了したのち、運用についてどのように行うかは事前に確認しておきましょう。

情報を頻繁に更新するサイトの場合、CMSを入れて自社の担当者が更新できるようにするのか、または運用まですべて制作側で行ってもらうのかなど。
ホームページは完成してから役割を果たすものですので、作って終わりではなく、その後の運用についてよく確認しましょう。

【無料】フリーランスのホームページ制作事業者について相談する

安心して依頼できるフリーランスの探し方

ここからは、実際に信頼できるフリーランスを見つけるためにはどう探せば良いか?について。
検索で探すのも一つの手ですが、フリーランスの制作者はなかなか検索にヒットしづらいこともあります。
SNSや知り合いづてで探すことで、より自社のニーズにあったフリーランスの方と巡り会うことができるでしょう。

Twitter

Twitterのユーザー検索機能などを使うことで、フリーランスの制作者を見つけることができます。
「Web制作 フリーランス」や「webデザイナー フリーランス」などの検索ワードがおすすめ。

また、企業人・フリーランス問わず、有名なWebデザイナーや制作者の周りには優秀なフリーランスが集まります。有力者がフォローしているアカウントから探していくことで、信頼できるフリーランスが見つかっていく可能性もあります。

紹介・口コミ

ホームページ制作を依頼できるフリーランスの情報は、検索だけでは手に入らないのが現状です。
最近周りでホームページを制作・リニューアルした企業の方や、知り合いの中で「インターネットに一番詳しそうな人」に紹介してもらうのも一つの手です。

直接フリーランスを紹介してもらわなくても、知り合いの知り合いを辿っていくことができるかもしれません。
ホームページ制作の経験談やトレンドを知るだけでも、どのような方にお願いすると良いのかという観点を得ることができます。
少し遠回りかもしれませんが、そうすることで信頼できるフリーランスに繋がっていくのではないでしょうか。

Web幹事

Web幹事

手間をかけずに優良ホームページ事業者を探したいなら、本サービスWeb幹事がオススメです。
Web幹事はホームページ制作を依頼したい人とWeb制作会社を「人力で」マッチングするサービス。Web幹事に相談すれば、専門のコンサルタントが優良業者探しを代行してくれます。
制作「会社」だけでなく、フリーランスのご紹介も可能です。

運営を行う株式会社ユーティルは、もともとホームページ制作会社。
そのため業界を経験したプロのスタッフが、あなたの要件を丁寧にヒアリング。
目的にあった、最適なフリーランスをご紹介させていただきます。

ホームページ制作のご相談はこちらから Web幹事へのご相談は完全無料です。
まずは相場の情報を知りたい・ホームページについて相談したい。などのご相談でも大丈夫です。
お気軽にご相談ください。
【無料】自社に最適なホームページ制作会社を2〜3社探してもらう。

FreelanceNow

FreelanceNow

フリーランスとのマッチングができるシステムとして「FreelanceNow」というサイトがあります。
「FreelanceNow」はフリーランスが約1900名所属するコミュニティです。Facebookグループを中心としてコミュニティが形成されています。

こちらはホームページ制作に限ったマッチングサイトではありませんが、日経やDeNAなど大手企業も依頼しており、信頼できるサービスです。
サイトに開設されている依頼フォームから概要を送ると、そのままFacebookグループに投稿が行われます。それを見て興味をもったフリーランスから、直接連絡がくるという仕組みになっています。
FreelanceNow

クラウドソーシング

以下のようなクラウドソーシングサイトが挙げられます。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス

これらのサイトでは、多数のフリーランスが参加しており、様々なジャンルに対応した制作者が多数在籍しています。利用者の口コミ評価や実績なども掲載されており、信頼性の高い制作者を選択できる点がメリットです。

クラウドソーシングでは、制作者に対して細かい指示やフィードバックを行い、クライアント側が納得いくまで修正を依頼ができます。そのため、制作物の品質にさほど不安を持たずに仕事を依頼できるでしょう。

一方で、クラウドソーシングでは、制作者であるフリーランスとのコミュニケーションがオンラインで行われるため、意図が伝わりにくかったり、細かいニュアンスを伝えにくかったりすることがあります。そのため、細かい指示を出す際は、明確かつ分かりやすく伝えることが大切です。

また、クラウドソーシングでは制作者が多数いるため、依頼が殺到した場合や制作者のスケジュールによっては、納品までの時間が長引くことがあります。そのため、デッドラインを余裕をもたせて設定することも重要です。

ココナラ

知識や経験などのスキルを商品として販売できる「ココナラ」でも、フリーランスを見つけられます。

2023年8月時点で、ホームページ制作関連のスキル販売は、11,400件以上にのぼります。

ココナラは「残り〜人」という表示で、発注者の受注可能枠が一目で分かる仕組み。余裕のあるフリーランスを探して、依頼するのもひとつの手です。

また「公開依頼」という仕組みもあり、ホームページ制作ができるフリーランスを募集することも可能です。

ホームページ制作の依頼にも、ココナラを有効活用すると良いでしょう。

Webデザイナーの運営サイト

ホームページ制作に関する情報を運営サイトで発信しているフリーランスを探し、直接依頼する方法もあります。

Webデザイナーは自分の運営サイトにポートフォリオを掲載していることが多く、スキルを把握した上で依頼可能です。

「Webデザイナー ブログ」のようなキーワードで検索すると、Webデザイナーの運営サイトを見つけられます。

ただ、クラウドソーシングのように第三者からの評価を確認しづらいため、依頼はよく検討する必要があります。

依頼に不安があるなら、上記で解説した他の方法を使う方が確実です。

【無料】フリーランスのホームページ制作事業者について相談する

フリーランスへのホームページ制作依頼費用相場

フリーランスへのホームページ制作の依頼費用は、作業範囲によって変わります。

依頼できる作業範囲ごとに、必要な費用相場を解説します。

名刺代わりのホームページ制作

名刺としての役割のホームページなら、集客に力を入れる必要がありません。

そのためSEO対策も不要で、その分費用は安く抑えられます。

テンプレートでもおしゃれなホームページは作れるため、3〜10万円程度が費用相場です。

ただ、ブランド力を高めるためデザインにこだわるなら、30〜100万円程度の費用となります。

集客用のホームページ制作

集客を目的とするなら、SEO対策としてコンテンツや文章も作り込む必要があります。

そのため名刺目的のホームページよりも費用相場は上がり、オリジナルデザインなら20〜30万円以上、テンプレートでも5〜30万円程度が必要です。


集客用のホームページはSEO対策も重要となるため、デザイン重視のフリーランスに依頼するとうまくいかない恐れがあります。

デザインも大切ですが、SEOに強いフリーランスに依頼しましょう。

通信販売用のホームページ制作

通信販売を行う場合、ホームページにショッピングカートと決済システムといった機能の構築が必要です。

労力のかかる作業のため、費用相場は最低でも50万円程度。オリジナルの開発なら、500万円以上かかることもあります。

また、通信販売を行うならサーバー費用や定期的なメンテナンス代なども必要です。

より詳しい費用については、以下の記事をご覧ください。

ECサイト構築の費用と料金相場、開設手順をかんたん解説!【相場早見表・事例あり】 | Web幹事 ECサイト構築の費用と料金相場、開設手順をかんたん解説!【相場早見表・事例あり】 | Web幹事 ECサイト構築の費用と相場を目的別に徹底解説いたします。ECサイトを制作した経験のあるプロの解説だから安心!ECサイト構築方法や相場を理解する上で重要なポイント、実際...

システム開発も含めたホームページ制作

会員機能のように、ホームページに独自のシステムを導入するなら、開発コストも必要です。

30万円ほどが費用相場で、複雑なシステムであれば100万円を超える場合もあります。

プラットフォームのように規模の大きいシステムですと、フリーランスには対応しきれないかもしれません。

システム開発は難易度が高いため、フリーランスだけでなく制作会社への依頼も検討すると良いでしょう。

ホームページ制作依頼の費用相場まとめ

ここでホームページ制作依頼の費用相場について、もう一度まとめます。

  • 名刺代わりのホームページ制作:3〜10万円
  • 集客用のホームページ制作:5〜30万円
  • 通信販売用のホームページ制作:50万円
  • システム開発も含めたホームページ制作:30万〜100万円

依頼する作業範囲や内容によって、いくら程度かかるのか把握しておきましょう。

依頼費用を抑えたいなら、自社で対応可能な作業は内製するのが有効です。外注する依頼内容が減れば、その分依頼費用を抑えられます。

例えば社内にデザイナーがいるなら、デザイン業務は社内での対応が可能です。

約2~5万円は削減できる可能性もあるため、内製化も検討してみてください。

【無料】フリーランスのホームページ制作事業者について相談する

おすすめのフリーランスの制作ユニット・制作者

実際におすすめのフリーランスの制作ユニット・制作者をピックアップして、ご紹介したいと思います。デザインからコーディングまで一貫して依頼できるフリーランスをご紹介します。

【東京】東京フリーランス

東京フリーランス

東京フリーランスは、自社メディアでの人材募集と所属メンバーによる採用活動を中心にフリーランスチーム「東フリプロダクション」を組織し、ホームページ制作やコンサルティングを提供。
エンジニアからデザイナー、マーケター、ライター、イラストレーターなどまで多様な職種のメンバーが所属しています。

ホームページのデザイン制作からマーケティング支援、コンテンツ制作、運用・改善支援などまでワンストップで対応することが可能。

メディアの運用支援にも強みを持ち、SEO観点でのキーワード選定、ライティングを行うほか、記事作成ガイドラインの策定などコンテンツ制作の体制作りも支援します。

東京フリーランスの制作実績と評判 | 東京都豊島区のホームページ制作会社 | Web幹事 東京フリーランスの制作実績と評判 | 東京都豊島区のホームページ制作会社 | Web幹事 東京フリーランスは、フリーランスに関するトピックを幅広く扱うメディアであると同時に、フリーランスによるWeb制作チーム「東フリプロダクション」を組織し、Web制作やコ...
所在地:東京都豊島区

【東京】TNGC GRAPHICS

TNGC GRAPHICS

TNGCグラフィックスは東京都小平市を拠点とするフリーランスウェブデザイナー。
高いデザイン性を求めながらも予算が限られた小中規模のサイト制作を得意としています。
また内部SEO対策やマーケティング、ユーザビリティなどの観点から成果につながるホームページ制作を意識しているのが特徴です。

企業の新卒採用サイトやレコードショップのホームページ、キャンペーンサイト制作など、さまざまなデザインのホームページ制作の実績があります。
依頼対応範囲は、東京23区、多摩地域、埼玉、神奈川、群馬、栃木です。

依頼検討者向けに非公開の実績も確認することができるため、問い合わせてみると良いでしょう。

TNGC GRAPHICSの制作実績と評判 | 東京都23区外のホームページ制作会社 | Web幹事 TNGC GRAPHICSの制作実績と評判 | 東京都23区外のホームページ制作会社 | Web幹事 東京都小平市を拠点に展開するフリーランスのウェブデザイナー。一般的な制作会社よりもコストを抑えられ、一貫してヒアリングから制作まで携わることができるのが強み。中...
所在地:小平市

【東京】Pixel Design

ピクセルデザイン

ピクセルデザインは、Webデザイナー・ディレクターとして活動するフリーランスWeb制作者。
2016年からは専門学校HAL東京のWeb学科にてHTML/CSSを教えている講師でもあります。
女性向けのデザインを得意としており、コーポーレートサイトやブログ、ECサイトなどの制作を依頼することが可能です。

予算規模は30〜100万円程度のものが多く、大規模案件の際はチームを組んで制作に取り組んでいます。美容系サイトや福祉センターのホームページ、コーポレートサイトなどの制作実績があり、WordCampなどWeb制作に関わるコミュニティ活動にも積極的に取り組んでいます。

書籍執筆の実績もあるため、参考情報となるでしょう。

ピクセルデザインの制作実績と評判 | 東京都新宿区のホームページ制作会社 | Web幹事 ピクセルデザインの制作実績と評判 | 東京都新宿区のホームページ制作会社 | Web幹事 担当者が更新できるWordPressを利用したサイト構築を得意とし、旅館・ホテルに特化したサイト制作プランを提供。また専門学校HAL東京のWeb学科講師としても活躍する。
所在地:東京都新宿区

【東京】CROQUIS

クロッキー

CROQUISは東京近郊で活動するフリーランスのWebデザイナー。
ホームページの企画や構成、デザイン、コーディングに加えて、アフターサポートやマーケティングまで依頼できるのが特徴です。
家具メーカーや大学、制作・印刷会社など、さまざまな分野のホームページを手がけています。

スタンダードプラン・カスタムプランと、料金プランを設定しているため、依頼前にある程度イメージを持つことができるでしょう。
公開までの流れも詳細に紹介しており、事前に自社で用意すべきものについても確認することができます

クロッキーの制作実績と評判 | 東京都杉並区のホームページ制作会社 | Web幹事 クロッキーの制作実績と評判 | 東京都杉並区のホームページ制作会社 | Web幹事 WordPressを利用した担当者が更新できるサイトを格安で提供する。また、HTMLのコーディングやホームページの引き継ぎ、スマートフォンでのみ閲覧可能なサイト構築など細か...
所在地:東京都杉並区

関連記事:東京のオススメフリーランスはこちら 東京のフリーランスにホームページ制作を依頼しようとされている方は、ぜひ参考にしてください。
ホームページ制作を発注できる東京都のフリーランスをプロが厳選!

【大阪】UNDERLINE

UNDERLINE

アンダーラインは大阪を拠点とするフリーランスのWeb制作者。
大阪市内の制作会社でデザイン・コーディングの経験があります。
ホームページ制作におけるディレクションやデザイン、コーディング、スマートフォンサイトの制作、CMS導入などを依頼することが可能です。

過去実績としては、スニーカーのサイトや美容室などの店舗サイト、プロフィールサイトなどがあります。商品や人の写真・絵を魅せるデザインを得意としているようです。

ブログ発信も行なっているため、依頼の手がかりとなるでしょう。

UNDERLINEの制作実績と評判 | 大阪府大阪市のホームページ制作会社 | Web幹事 UNDERLINEの制作実績と評判 | 大阪府大阪市のホームページ制作会社 | Web幹事 大阪で展開するフリーランスのデザイン事務所。企画や撮影なども対応。
所在地:大阪市内

【大阪・兵庫】OOOPEN(オープン)

OOOPEN

OOOPEN(オープン)は大阪・京都・神戸などを中心に活動するフリーランスのWeb制作事務所。
ホームページ・Webサイト制作、WordPressの導入・カスタマイズ、LP制作、アクセス解析、Web活用方針や戦略の立案などを依頼することが可能です。

設計事務所や飲食店、移住相談窓口サイトなどを手がけており、淡路島をはじめとした関西での展開が特徴です。
制作実績には制作の背景や想いも書かれており、制作に関するスタンスを確認できる情報です。

OOOPENの制作実績と評判 | 兵庫県南あわじ市のホームページ制作会社 | Web幹事 OOOPENの制作実績と評判 | 兵庫県南あわじ市のホームページ制作会社 | Web幹事 見込み顧客獲得のための施策提案・実施を得意とする。ホームページの企画からデザイン・制作、リリース後のアクセス解析や運用などワンストップで対応可能。ロゴデザインや...
所在地:兵庫県南あわじ市

【無料】フリーランスのホームページ制作事業者について相談する


フリーランスへのホームページ制作依頼 まとめ

さて、ここまで読んでいただいた方は、ホームページ制作をフリーランスに依頼することについて、イメージが湧いてきたのではないでしょうか。

最後に少しまとめると、フリーランスに依頼する場合のメリットは

  • 制作会社に比べて低コストで依頼できる
  • コミュニケーションが1対1でシンプル。判断も比較的早い

反対にデメリット・注意点としては

  • 依頼していたデザイナー自身に何かあった場合、納期遅延など影響が出る
  • 継続してお付き合いできるかどうかは見極めが必要

そして、実際に依頼できるフリーランスを探す際は、検索だけでなくSNSや人づての紹介、プラットフォームの活用をしてみるのもポイントです。

制作会社に依頼する際にも言えますが、ホームページ公開後の運用・更新についてもしっかりと事前に確認をしてくことが重要です。
自社のホームページ制作・リニューアルの方向性を洗い出し、事前にできるだけイメージを固めておくと打ち合わせの助けとなるでしょう。

また、フリーランスも含めたホームページ制作の相場を知りたい方は、こちらをご覧ください。
企業サイト・LP・採用サイトなど、様々な種類のホームページの相場を徹底的にまとめています!

プロが教えるホームページ制作の費用・料金相場

ホームページ制作の依頼・相談でお困りの方へ

  • フリーランスを探す時間がない
  • 制作会社かフリーランスかどちらに依頼するか決められない

という方は、当サイト「Web幹事」にご相談ください。
Web幹事はあなたに最適な制作会社を、プロが「人力で」マッチング・ご紹介するサービス。
ホームページ制作経験者が要件をしっかりヒアリングし、最適な制作事業者をご紹介します。
フリーランスも制作会社も対応可能です。

【無料】自社に最適なホームページ制作会社を2〜3社探してもらう。

Web幹事が、ホームページ制作の発注の手間を80%削減・質が200%アップできる理由【2023年最新版】 | Web幹事 Web幹事が、ホームページ制作の発注の手間を80%削減・質が200%アップできる理由【2023年最新版】 | Web幹事 Web幹事はホームページ制作を経験した専門のコンサルタントが、要件をヒアリングし・最適な制作会社をご紹介するサービス。Web幹事に依頼すると、Web制作の発注の手間を1/5...

Q. ホームページの維持費はいくらですか?

ホームページの維持費は「月額1~3万円」が相場です。規模・更新頻度・集客目標数などで価格の変動が発生します。また、ホームページを自社で運営するのか、外部に依頼するのかによっても費用が変わります。

Q. フリーランスにホームページ制作を依頼する場合、どのようなメリットがありますか?

フリーランスにホームページ制作を依頼すると、制作会社に比べて費用が安く抑えられます。また1人で作業を行うため納期が早く、コミュニケーションもスムーズに進みます。ただし依頼者の要件に合ったフリーランスでないと、ホームページ制作が失敗に終わる場合があるので注意が必要です。