【ヒートマップを徹底比較】おすすめツール5選!機能・料金・選び方も解説

【ヒートマップを徹底比較】おすすめツール5選!機能・料金・選び方も解説

ユーザー行動を最適化しコンバージョンを増やすためのLP改善や、SEO強化のために活用するヒートマップツール。しかし、どんな視点でツールを選定すればいいのか悩む方も多いかと思います。

そこで本記事では、ヒートマップツールおすすめ5選を選ぶ際のポイントと合わせて解説。おすすめヒートマップツールの価格・機能・無料トライアルの条件をまとめた比較表つきで解説しますので、あなたに合うヒートマップが見つかります。

※すでにヒートマップの基礎知識が豊富で、おすすめのツールを比較したい方は以下をクリックしてください。

ヒートマップツール5選を見る

目次
  1. 1. ヒートマップを比較する際の前提知識
    1. 1-1. ヒートマップとは?
    2. 1-2. ヒートマップのメリット
    3. 1-3. ヒートマップのデメリット
  2. 2. ヒートマップおすすめツール5選の比較
    1. 2-1. ヒートマップを初めて導入するなら 「ミエルカヒートマップ」
    2. 2-2. コスパ重視なら無料で利用可能な「User Heat」
    3. 2-3. ユーザー行動をリプレイできる「Mouseflow」
    4. 2-4. サイトのUI/UX改善がワンステップで行える「Sitest」
    5. 2-5. アクセス解析機能も充実!Ptengin
    6. 2-6. ヒートマップツール一覧比較表
  3. 3. ヒートマップツールを比較する際の5つのポイント
    1. 3-1. 必要なヒートマップ機能があるか
    2. 3-2. セグメント機能の有無
    3. 3-3. 価格と契約形態
    4. 3-4. サポートの有無
    5. 3-5. 無料トライアルの可否
  4. 4. ヒートマップの比較についてのまとめ

ヒートマップを比較する際の前提知識

ヒートマップとは?

ヒートマップの種類

ヒートマップとは、特定のページを訪れたユーザーの行動データを色付けして表現することで、ユーザー行動が直観的に理解できるようにする技法のことです。

CVR(商品購入や資料請求などに至った割合)やCRO施策(コンバージョン率最適化)に活用するほか、ユーザー行動を改善することで間接的にSEO施策にも貢献する場合があります

ヒートマップの種類

多くのツールに共通して搭載されているヒートマップは主に下記の4種類です。

アテンションヒートマップ

ユーザーに熟読されている部分から、ユーザーの興味・

関心が分かる。

スクロールヒートマップ

ページがどこまで読了されているか(=ユーザーがどこで

離脱しているか)が分かる。

クリックヒートマップ

どこがクリックされているか分かる。

マウスフローヒートマップ

マウスの動きがから、ユーザーが興味を持っている

箇所がわかる。基本的にPCからのデータ取得のみのため、

スマホユーザーの行動については正確なデータが取れない。

ヒートマップの機能

ヒートマップはツール毎に多様な機能が搭載されています。ただし、多くのツールに共通し、かつ便利な機能としては下記2つが挙げられます。

マルチデバイス対応

デバイスの種類ごとにユーザー行動をセグメント(分類)できる。

同じURLでもデバイスによってデザインが変わるレスポンシブデ

ザインで構築されたサイトには必須の機能。

CVユーザーセグメント機能

CVに至ったユーザーとそうではないユーザー行動をセグメント

(分類)できる。申し込みしたユーザー行動をもとに導線や構成

の見直しに役立つ。

ヒートマップのメリット

ヒートマップのメリットは特定のページ内のユーザーの細かい動きがわかり、客観的なデータとしてアウトプットできることです。具体例としては下記の5つ。

①離脱箇所などからページのユーザー行動の良し悪しを客観的に評価・改善でき、直帰率(ユーザーが他のページを閲覧せずにサイトから離脱すること)の改善につながる

②ユーザーが興味を持っている箇所がわかり、構成順を見直すことで滞在時間が延びる

③ボタンの位置やデザインを修正することでクリックされやすくなりCVR(申し込みなどのゴールに至る確率)が上がる

④ユーザー体験を向上させることで「ユーザーにとって有益なコンテンツ」としてGoogleに評価され、間接的にSEO効果が期待できる

⑤定量的なデータが取得でき、上司やクライアントへ提案する際の根拠となる

ヒートマップのデメリット

ヒートマップのデメリットは、ピンポイントでの1ページの分析しかできないことです。

ヒートマップは特定の1ページのユーザー行動を細かく分析することができるツールです。しかしユーザー行動を改善するためには特定ページの分析だけでなく、サイト全体のデータから課題点を洗い出したり、具体的な修正案をテストすることも必要です。

その場合、サイト全体のデータをもとにした分析に優れているWEB解析ツールや、どちらのパターンがCV(申し込みや資料請求など)につながるかテストができるA/Bテストツールとの併用がいいでしょう。

関連記事:【ABテストツールを徹底比較】おすすめ5選!

また、PV数が少ないと正確なデータが得られないことにも留意しましょう。
目安として最低100PVは計測することをおすすめします。

入力フォームの改善にはEFOツールの利用がおすすめ ツールの作用上、ヒートマップだけでは入力フォームのユーザー行動を正確につかむことが難しい場合があります。入力フォームでの離脱など「カート落ち」に課題感がある場合は入力フォームを自動的に改善してくれるEFOツールを利用しましょう。詳しくは以下の記事を参照してください。
関連記事:EFOツールの比較&検討時に知っておくべき基礎知識とおすすめツールの紹介

ヒートマップおすすめツール5選の比較

ヒートマップを初めて導入するなら 「ミエルカヒートマップ」

ヒートマップを初めて導入するなら 「ミエルカヒートマップ」

アテンションヒートマップ

スクロールヒートマップ

クリックヒートマップ

マウスフローヒートマップ

×

マルチデバイス対応

〇(PC・スマホ・タブレット)

CVユーザーセグメント

×

日本語対応

サポート

(動画マニュアル、電話、メール、オンライン活用レクチャー)

無料トライアル

〇 1万PV、1ページまで

(キャンペーンによってURL数無制限)

有料プラン価格

9,800円/月~

(5万PVまで・URL数無制限)

契約期間

6か月毎もしくは1年毎

初めてヒートマップを導入する際、最もおすすめなのはミエルカヒートマップです。

1万PVまでの分析ができ、キャンペーンによってはURL数の制限がなくなるなど、無料でも十分活用できます
有料プランにアップグレードした際の料金も明確で、他ツールに比べて安価で良心的な設定です。

「自動キャプチャ取得」という独自機能

低価格ながら必要機能がそろっていることに加え、自動キャプチャ取得」という独自の機能が優れています。上の画像のように、ページを改善する前と改善した後のキャプチャを自動で取得してくれる機能で、ページ改善の前後で効果を検証したい場合に便利です。

シンプルで使いやすいUIに加え、無料プランでもサポートを受けられるミエルカヒートマップはヒートマップを初めて導入する人に特におすすめです。

ミエルカヒートマップの概要

URL

https://mieru-ca.com/heatmap/

運営会社

株式会社Faber Company

無料トライアル

https://mieru-ca.com/heatmap/

コスパ重視なら無料で利用可能な「User Heat」

コスパ重視なら無料で利用可能な「User Heat」

アテンションヒートマップ

スクロールヒートマップ

クリックヒートマップ

マウスフローヒートマップ

マルチデバイス対応

(PC・スマホ・タブレット)

CVユーザーセグメント

×

日本語対応

サポート

×

無料トライアル

30万PV、1000ページまで

(データ取得エリアに制限あり)

有料プラン価格

要問い合わせ

契約期間

要問い合わせ

URL数無制限で30万PV、1000ページまで無料トライアルで測定できるUser Heat。マルチデバイスに対応していたり、マウスムーブヒートマップを含めた5種類のヒートマップが使えたりするなど、無料プランでも十分に活用できます

ただし、データ取得期間を指定することができないため、ページ改善の前後で効果計測を行いたい場合にはA/Bテストツールと併用することをおすすめします

とはいえ無料で3万PV・1000URLの計測ができるコストパフォーマンスは素晴らしく、無料でヒートマップを導入したい方におすすめします。

User Heatの概要

URL

https://userheat.com/

運営会社

株式会社ユーザーローカル

無料トライアル

https://userheat.com/

ユーザー行動をリプレイできる「Mouseflow」

ユーザー行動をリプレイできる「Mouseflow」

アテンションヒートマップ

スクロールヒートマップ

クリックヒートマップ

マウスフローヒートマップ

マルチデバイス対応

〇(PC・スマホ・タブレット)

CVユーザーセグメント

日本語対応

×(ツール管理画面は英語表記。)

サポート

(日本語でのサポートあり。オンラインマニュアル、

メールサポート、Skype電話サポート)

無料トライアル

〇(500PV・1ドメインまで)

有料プラン価格

2,571円/月~

(1万PV・1ドメインまで)

契約期間

1か月毎、もしくは1年毎

Mouseflowはデンマークに本社を置くMouseflow社によって開発されたヒートマップツールです。4種類のヒートマップの他にユーザーの行動を録画できる「セッションリプレイ機能」を搭載しています。

そして、CVに至ったユーザーと至らなかったユーザーに分けての比較も可能。CVに至ったユーザーを「セッションリプレイ機能」で分析することで、何がユーザーにとって魅力的だったのかを検証することができます

管理画面は英語ですが、最近は公式サイトに日本語の解説動画がアップされているため、海外ツールの中では初心者でも比較的使いやすいでしょう。

User Heatの概要

URL

https://mouseflow-jp.com/

日本販売代理店

株式会社APOLLO11

無料トライアル

https://app.mouseflow.com/sign-up?coupon=APOLLO11

サイトのUI/UX改善がワンステップで行える「Sitest」

サイトのUI/UX改善がワンステップで行える「Sitest」

アテンションヒートマップ

×

スクロールヒートマップ

クリックヒートマップ

マウスフローヒートマップ

マルチデバイス対応

(PC・スマホ・タブレット)

CVユーザーセグメント

日本語対応

サポート

要問合せ

(別料金でコンサルティングあり)

無料トライアル

(詳細要問い合わせ)

有料プラン価格

要問合せ

契約期間

最低3か月~

Sitest(サイテスト)には、ヒートマップだけでなくアクセス解析・A/Bテスト・EFOの機能も搭載されています。そのため、サイトのUI/UX改善がワンストップで行えることが最大のメリット

また、別途料金がかかりますがSiTestのデータをもとにしたコンサルティングも行っています。

ヒートマップ導入初期に「データ」と「改善施策」の結び付けに悩む場合は、コンサルティングサービスを利用するのも良いでしょう。

Sitestにはアテンションヒートマップがないためスマホユーザーが興味を持った箇所を正確に掴むことはできませんが、代わりにマウスフローヒートマップが搭載されておりPCユーザーが多いサイトであれば詳細な分析が可能。

そのためPCからの流入の多いB2Bのサイトなどにはおすすめのツールです。

SiTestの概要

URL

https://sitest.jp/

運営会社

株式会社グラッドキューブ

無料トライアル

https://sitest.jp/register.html

アクセス解析機能も充実!Ptengin

アクセス解析機能も充実!Ptengin

アテンションヒートマップ

スクロールヒートマップ

×

クリックヒートマップ

マウスフローヒートマップ

×

マルチデバイス対応

(PC・スマホ・タブレット)

CVユーザーセグメント

日本語対応

サポート

(ビジネスプラン以上、チャットサポート)

無料トライアル

〇(1URL、3000PV)

有料プラン価格

14,800円/月~

(3万PV・1ドメインまで)

契約期間

1か月毎、もしくは1年毎

Ptenginは、MicrosoftやNikeなどの有名企業をはじめとして全世界で15万社以上が導入しています。その特徴としては、アクセス解析ツールとしても優秀な点にあります。

Googleアナリティクスと連携することで、CVに至ったユーザーの流入経路から導線、個別ページでの動きまでを1つのツール内で分析できます。

もちろんヒートマップでも、CVに至ったユーザーとそうでないユーザ―のセグメントが可能です。

スクロールヒートマップは搭載されていませんが、離脱率のデータ等とあわせて確認することができるため、慣れれば問題なくサイト分析が行えます。

アクセス解析ツールとヒートマップを一元化したい、もしくはヒートマップの無料プランで計測できる月3000PVまでの小~中規模のサイトにおすすめです。

PTenginの概要

URL

https://www.ptengine.jp/

運営会社

株式会社Ptmind

無料トライアル

https://www.ptengine.jp/signup

ヒートマップツール一覧比較表

 

ミエルカ

ヒートマップ

User Heat

Mouseflow

Sitest

Ptengin

アテンション

ヒートマップ

×

スクロール

ヒートマップ

×

クリック

ヒートマップ

マウスフロー

ヒートマップ

×

×

マルチデバイス

対応

(PC・スマホ

タブレット)

(PC・スマホ

タブレット)

(PC・スマホ

タブレット)

(PC・スマホ

タブレット)

(PC・スマホ

タブレット)

CVユーザー

セグメント

×

×

日本語対応

×

(ツール管理

画面英語

サポート

(動画マニュ

アル、電話、

メール、

オンライン

活用レク

チャー)

×

(日本語サポー

有。オン

インマニュアル、

ールサポー

Skype

電話サポート)

要問合せ

(別料金で

コンサル

ティング

あり)

(ビジネス

プラン以上

チャット

サポート)

無料

トライアル

1万PV、

1ページ迄

(キャンペーン

によりURL数

無制限)

30万PV、

1000ページ

(データ取得

エリに制限

あり)

(500PV・

1ドメイン迄)

(詳細

問い合わせ)

(1URL、

3000PV)

有料

プラン価格

9,800円/月~

(5万PVまで・

URL数無制限)

要問い合わせ

2,571円/月~

(1万PV・

1ドメイン迄)

要問合せ

14,800円/月~

(3万PV・

1ドメイン迄)

契約期間

6か月毎、

または1年毎

要問い合わせ

1か月毎、

または1年毎

最低3か月~

1か月毎、

または1年毎

ヒートマップツールを比較する際の5つのポイント

5つのツールを見ても選びきれない方もいるでしょう。その際、ヒートマップマップを比較するポイントは次の5つです。

・必要なヒートマップがあるか
・セグメント機能の有無
・価格と契約形態
・導入後の運用方法・サポートの有無
・無料トライアルの可否

必要なヒートマップ機能があるか

ヒートマップには複数の種類がありますが、中には、「むしろヒートマップの種類が多すぎてどのヒートマップがあればいいかわからない」という方もいるかもしれません。

ここでは、どのヒートマップが必要か見極めるためのヒントを解説します。

スクロールヒートマップはサイト改善に必須

ヒートマップを活用した分析例

サイト改善が必要な場合はスクロールヒートマップが必須です。スクロールヒートマップがあれば、分析したい部分の直後の離脱率を見て修正が必要かどうかを判断できます。

つまり、スクロールヒートマップがない場合のデメリットはページ改善の必要があるかどうかの判断ができない点にあります。

スクロールヒートマップがない場合、アテンションヒートマップで熟読されていても「ユーザーが興味を持っているから熟読している」良い熟読なのか、「ユーザーが迷っているから止まってしまっている」悪い熟読なのか、わからなくなってしまいます。

スマホユーザーが多いサイトはアテンションヒートマップのあるツールを選ぶ

スマホユーザーが多いサイトを分析する場合にはアテンションヒートマップが搭載されているツールがおすすめです。

アテンションヒートマップがない場合、ほとんどはマウスフローヒートマップが搭載されています。しかしマウスフローヒートマップの場合、基本はPCユーザーの行動からしかデータが取れません。

アテンションヒートマップがない場合、スマホユーザーが興味を持った部分のデータを正確にとれないことがデメリットです。

PCユーザーが多いならマウスフローヒートマップもおすすめ

マウスフローヒートマップはアテンションヒートマップに比べて、ユーザーが興味を持った部分がピンポイントで分かります。具体的には、ユーザーが興味を持った文字列やキャッチコピー、バナーまで分析することができます。

クリックヒートマップを参照することで押されやすいバナーやリンクのある程度の予測が可能ではありますが、PCからのユーザーの多いサイトなどではあると便利なヒートマップです。

セグメント機能の有無

セグメント機能の有無

▲画像出典:ptengine

上のヒートマップの画像を見ると、コンバージョンユーザーはファーストビューの広い範囲を熟読していることがわかります。

導線改善やCVR向上を目的にヒートマップの導入を検討している方は、各ツールの「セグメント機能」もチェックしてみてください。

特に、下記のような場合は対応するセグメントのあるツールを選びましょう。

①レスポンシブデザインで構築されたサイトを分析したい場合

同じページでもデバイスによってデザインが異なるレスポンシブデザイン。デザインが変わればユーザー行動も変化する可能性があります。レスポンシブデザインのサイトを分析したい場合は、デバイス別にユーザー行動をできる「マルチデバイス対応」のヒートマップを選びましょう。

②CVに至ったユーザーの行動にフォーカスした分析をしたい場合

CVに至ったユーザーの行動に注目するとサイト改善のヒントが見つかりやすいです。
そのため、CVに至ったユーザーと至らなかったユーザーの行動を比較できるセグメント機能があると便利です。

Google AnalyticsでもユーザーがCVに至った導線などを予測立てることはできますが、WEB解析の初心者の場合はヒートマップで視覚的に確認できた方がわかりやすいです。

価格と契約形態

ヒートマップツールのプランは下記の要素で決まることが多いです。プランを検討する際にチェックしするようにしましょう。

PV数

対象ページでデータを取得するPV数の合計。

超えるとデータが計測されなくなる。

ほとんどのツールで導入されている指標。

ページ数

計測可能なページ数。

ツールやプランにより、無制限の場合もある。

ドメイン数(サイト数)

計測可能なサイト数。

ツールやプランにより、複数サイトの計測が可能な場合もある。

ユーザー数

アクセスできるユーザー数。

データ保存期間

取得したデータを保存できる期間。

プランによって変わるツールと、一律で設けられているツールがある。

契約期間

途中解約できない期間。

一般に契約期間の長いプランほど安くなる。

また、無料プランを申し込む際でも、有料プランの一番下の料金プランをチェックしておくことをおすすめします。

「サイトの成長に伴いPVが伸びた際、有料プランへのアップグレードを考えたら思いのほか高かった」との声をよく聞きます。

せっかく取得したデータを長く活用するためにも、有料プランが手の届く予算感なのかは確認しましょう。

サポートの有無

ヒートマップのサポート内容一例

利用するサービス内容によって、導入後に受けられるサポートが異なります。
海外ツールの中には、ツールの管理画面やヘルプが英語であるものはもちろん、不具合や請求についての問い合わせなどの対応も英語のみのサービスがあります。

ヒートマップの導入がはじめての場合は、疑問点やトラブルの解決方法を日本語で行えることが大きな安心感になるため、日本語に対応しているツールを選ぶことをおすすめします。

サービスによっては操作方法以外にも、ヒートマップの結果をもとにしたコンサルティングを行ってくれるサービスもあります。特にヒートマップ初心者の場合は、出したデータをどのようにページ改善につなげるかに悩むことが多いです。

慣れるまでの先生役としてコンサルティングサービスの利用を検討するのも良いでしょう。

無料トライアルの可否

ヒートマップの中には、半年契約や1年契約のものなど契約期間が長いツールがあります。

また、滅多にありませんがCMSの作用によってタグがうまく入らないなどのトラブルが起こることもあります。

失敗のリスクを少なくなるため、無料トライアルでお試しできると安心です。

Point!無料トライアル中に確認するべきこと

①アカウント数やPV数がどのぐらい必要か
ヒートマップの料金はアカウント数やPV数によって決まることが多いです。

いざヒートマップを使ってみたら、「思ったよりPV数が多くかかった」「上長や他の担当者からも見たいと言われた」などと、当初の予定よりも高いプランを利用することになるかもしれません。

無料期間中に、予定しているプラン料金での運用が本当に可能かを確認しましょう。

②UIは使いやすいか
ヒートマップの操作性が良いかをチェックします。
特に「ツールの重さ」は導入してみないとわからないため、データが出力されるまでの時間が極端に長くないかは要チェックです。

③データは見やすいか
運用メンバーによってはリテラシーに差がある場合があるので、関係者全員にとって見やすいデータなのかを確認します。

また、出したデータをもとに改善施策を立案できるかも重要です。難しい場合は場合はコンサルティング付きのサービスを検討してみてください。

ヒートマップの比較についてのまとめ

ヒートマップを比較する際は、5つのポイントを確認しましょう。

・必要なヒートマップがあるか
・セグメント機能の有無
・価格と契約形態
・導入後の運用方法・サポートの有無
・無料トライアルの可否

UI/UXは一度改善することで、長期に渡って効果を発揮します。
ヒートマップツールはユーザー行動を可視化し、UI/UX改善を行うために必要なツールです。

また、ヒートマップツールを活用することで客観的なデータをもとに改善施策を打ち出せることから、上司やクライアントへの報告やレポーティングにも有効です。

Google AnalyticsやA/Bテストツールと一緒に活用すると相乗効果も見込まれるため、併せて検討してみてはいかがでしょうか。