【メール配信システムを徹底比較】メリット、機能、選定時の注意点とオススメの紹介【2024年5月最新版】

【メール配信システムを徹底比較】メリット、機能、選定時の注意点とオススメの紹介

「メール配信システムの比較をしたい」
「サービスが多すぎてどれを選んだらよいかわからない…」
「選定時の注意点やオススメのサービスを専門家に紹介してもらいたい」

本記事はこのような方のための記事です。SNSが盛んな現在でも、メールは主流のコミュニケーション・マーケティングツールです。今や多くの企業でメール配信システムが使われています。

たくさんのサービスが市場には存在しており、これから導入検討している方やサービスの乗り換えを考えている方にとっては選ぶのが難しいかもしれません。

そこで、本記事ではそんな方のために、メール配信システム利用歴約10年の私がメール配信システムのメリットや機能、選定時のポイントなどをご紹介します。また、各メール配信システムの違いなどもお伝えしていきます。

ぜひメール配信システムの導入にお役立てください。

※すでにメール配信システムの基礎知識が豊富で、おすすめのツールを比較したい方は以下をクリックしてください。

おすすめのメール配信システムを見る

目次
  1. 1. メール配信システムとは?
  2. 2. メール配信システムの主な5つの機能
    1. 2-1. 機能1. 一斉配信・自動配信
    2. 2-2. 機能2. HTMLメール作成エディタ
    3. 2-3. 機能3. 配信メールの効果測定
    4. 2-4. 機能4. ターゲット配信
    5. 2-5. 機能5. エラー数の確認と自動制御
  3. 3. メール配信システム3つの選定ポイント
    1. 3-1. ポイント1. クラウド型かオンプレミス型か
    2. 3-2. ポイント2. 料金プラン
    3. 3-3. ポイント3. 機能
  4. 4. オススメのメール配信システム10選
    1. 4-1. 配配メール
    2. 4-2. オートビズ
    3. 4-3. Jcity
    4. 4-4. MyASP
    5. 4-5. ferret One
    6. 4-6. b→dash
    7. 4-7. エキスパートメールPRO
    8. 4-8. アスメル
    9. 4-9. MailPublisher
    10. 4-10. SPIRAL
  5. 5. メール配信システムを導入するメリット
    1. 5-1. 配信前
    2. 5-2. 配信時
    3. 5-3. 配信後
  6. 6. 【まとめ】メール配信システムの比較と導入メリットについて

メール配信システムとは?

メール配信システムとは、メール配信を効率化するシステムのことです。

  • 登録したリストにメールを一斉送信
  • HTMLメールの作成機能
  • ターゲット配信・ステップメール・イベントメールの作成
  • 到達率や開封率の効果測定

これらの機能を活用して、メールマーケティングを行えます。(詳しくは後述します)

【無料】メール配信システムについて相談する

メール配信システムの主な5つの機能

メール配信システムの主な5つの機能

まず、メール配信システムに搭載されている主な機能について解説します。

機能1. 一斉配信・自動配信

メール配信システムは、登録されているリストに対して一斉配信や自動配信ができる機能です。配信するメールのリスト数が数件であれば手動でも対応できるかもしれません。しかし、リストが増えてくると相当な手間がかかります。

一斉配信機能を使えば、登録したメールアドレスに同じ内容のメールを一斉に送ることが可能です。

なお、後ほど紹介しますが、ツールやプランによって配信できる件数に違いがあります。

自動配信

また、ホームページのお問い合わせフォームから問い合わせがあった際に、直後にお礼メールなどを配信できるのが自動配信機能です。この機能はお問い合わせフォームに実装されているケースもあります。しかし、メール配信システムを活用することで、ステップメールにつなげたり、未開封の場合にメールを再送するなど、より高度なメール配信が可能となります。

機能2. HTMLメール作成エディタ

機能2. HTMLメール作成エディタ

メール配信システムを使用して、HTMLメールの配信ができます。HTMLメール作成機能を使うことで、HTMLコードがわからなくても簡単にメールが作成できるのです。

サービスによってはさまざまなデザインのテンプレートが用意されており、テキストのフォントやのサイズ、色などを自由に変更可能。

Webサイトの記事のようなメールの作成など、バリエーションに富んだメールを作成できるのがHTMLメールの魅力です。

機能3. 配信メールの効果測定

配信メールの効果測定

画像出典:配配メール

メール配信システムでは、配信したメールの効果測定を行なえます。メールの到達率や開封率・クリック率など、メールマーケティングにおいて必要となる数値を測定可能です。

これらの数字を見ることで、PDCAを回し、次回の配信内容や企画を考えられます。KPIを見られなければ、マーケティングの改善ができません。数値の測定こそがメール配信システム活用の最大のメリットの一つではないかとさえ思っています。

また、サービスによってはABテスト機能などもあります。ABテストとは、たとえば同じ内容のメールでも、件名のみを変えてグループA・グループBに配信して反応率を比較、効果検証すること。

結果数字の違いから、読者に喜ばれる最適なメールを作れるようになります

機能4. ターゲット配信

ターゲット配信

メール配信システムではターゲット配信ができます。ターゲット配信とは、管理しているユーザーの属性にあわせたメール配信のこと。たとえば、本文中に宛名(個人名)を差し込む機能を活用し、個人宛にメールを配信しているように見せられます。

また、メール未開封の人だけに「再送メール」を送ること、メール内のリンクをクリックした方だけに特別な案内を送ることなども可能です。

機能5. エラー数の確認と自動制御

メール配信システムには、配信エラーのメールアドレスを確認・自動制御する機能があります。配信エラーとなってしまうメールアドレスに対して、そのままメールを送り続けると、全体の到達率にも悪影響が出てしまいます。

そのためメール配信システムには、メールが届かないアドレスに次回以降送らないようにするための自動クリーニング機能があります。これにより、メール到達率を安定させられるのです。

【無料】メール配信システムについて相談する

メール配信システム3つの選定ポイント

さて、オススメのメール配信システム10選をご紹介する前に、そもそもメール配信システムはどのように選ぶべきでしょうか?
メール配信システムを10種類以上使ってきた私が、3つの選定ポイントについてお伝えします。

ポイント1. クラウド型かオンプレミス型か

まず、メール配信システムには「クラウド型」と「オンプレミス型」があります。

 

サーバー

コスト

セキュリティ

導入

クラウド型

共有

低い

簡単

オンプレミス型

独自

高い

複雑

現在では導入しやすいクラウド型が主流です。ラウド型は、共有の環境・サーバーを使用してシステムを利用するため低コストです。アップデートの手間もなく、常に最新バージョンを利用できます。

オンプレミス型は、自社の管理下でシステムを運用できます。導入費用が高い一方、カスタマイズ性が高いため自社独自のシステムを構築することが可能。セキュリティも高いです。

そのためオンプレミス型は、金融機関やセキュリティ要件が非常に厳しい大企業などに導入される傾向があります。

結論、よほどのことがなければ主流のクラウド型を使うとよいでしょう。

ポイント2. 料金プラン

メール配信システムの料金プランは、機能や契約期間などの違いによって幅広く用意されています。無料プランもありますが、機能が制限されているため本格的に活用する場合は有料プランがオススメ。

プランを選ぶ際は、下記の違いに注目して選ぶとよいでしょう。

  • メール配信数
  • 登録可能アドレス数
  • 機能
  • 月額費用
  • 初期費用

とくに「メール配信数」と「登録可能アドレス数」は、メールマーケティングにおいて特に重要なポイントです。必ず確認・試算してから導入検討を行いましょう。

ポイント3. 機能

メール配信システムの選定の際には、自社が求める機能が搭載されているかをチェックすることが重要です。

  • ターゲット配信
  • 一斉配信・自動配信
  • HTMLメール作成エディタ
  • 配信メールの効果測定
  • エラー数の確認と制御

上記機能はほとんどのメール配信システムに搭載されています。その他にも独自のシステムがありますが、自社の目的に必要な機能が付いているかどうかで選定するといいでしょう。

また、比較する際には下記項目もチェックしておくことをオススメします。

  • 到達率の高さ
  • オプトアウト(受信拒否)設定
  • 配信数の上限
  • 無料トライアルの有無

ちなみに、メール配信システムを10種類以上使ってきた経験からすれば「あったらいいな」「こんなこともできるんだ」という少し変わった機能はほぼ使われません。

よほど高度なマーケターでしか使いこなせないと思うので、まずスタンダードな機能を比較検討するとよいでしょう。

【無料】メール配信システムについて相談する

オススメのメール配信システム10選

配配メール

配配メール

配配メールの特徴

  • 導入実績は7,000社以上
  • 多彩なメール機能
  • 見込み客を見える化できる

最初のおすすめは株式会社ラクス(東京都渋谷区)が提供するクラウド型のメール配信システム「配配メール」。

導入企業が7,000社以上あり、継続利用率98%、サポート満足度95%の実績を保有。中小企業の集客・販促活動に携わる、メール配信業務を支援するサービスを提供しています。

メール配信システムとMA(マーケティングオートメーション:営業・マーケティングを自動化するシステム)の中間に位置する同システム。マーケティング課題に特化していながら、MAよりもシンプルかつ手軽に利用でき、マーケターにとって非常に使いやすいです。

顧客のメールの開封・クリック率、サイト訪問の情報から、見込み客の見える化を実現し、メールマーケティング実践のために必要な機能が充実しています。

配配メールの基本情報

会社名

株式会社ラクス

住所

〒151-0051

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11 アグリスクエア新宿2階(総合受付)3階

URL

https://www.hai2mail.jp/

初期費用

フォームより問い合わせ

資料ダウンロード

https://www.hai2mail.jp/inquiry/

【無料】メール配信システムについて相談する

オートビズ

オートビズ

オートビズの特徴

  1. 導入実績15,000社以上
  2. 国内トップクラスのメール到達率
  3. アフターサポートが充実

株式会社ビズクリエイト(群馬県高崎市)が提供するクラウド型のメール配信システム「オートビズ」。

サービスを開始した2002年から、口コミで評判が広がり、導入実績は15,000社以上。筆者も数あるメール配信システムの中で一番長い期間利用している一つです。

とくに注目なのが、手厚いサポート体制。コールセンターが平日10:00~18:00まで相談・問い合わせを受け付けています。

メールマーケティングにおいて少しでも複雑な機能を使おうとすると、設定時に詰まってしまうことがあります。そんな時、同社のサポートにいつも助けられていました。

サポート体制の充実で同サービスを選ぶ方も多いとよく聞きます。機能・料金などとあわせてサポートの充実も検討材料とされると良いでしょう。

オートビズの基本情報

会社名

株式会社ビズクリエイト

住所

〒370-0871

群馬県高崎市上豊岡町747-7

URL

https://autobiz.jp/

初期費用

11,000円(各プラン共通)

プラン

スーパーライト:1,980円/月

ライト:3,520円/月

スタンダード:5,990円/月

【無料】メール配信システムについて相談する

Jcity

Jcity

Jcityの特徴

  • スパムと認識されにくい技術とノウハウで到達率99.74%
  • 120万通/時の高速配信が可能
  • 専門のサポートスタッフが対応

株式会社ジェイシティ(東京都渋谷区)が提供するクラウド型のメール配信システム「Jcity」。

スパムに認識されにくい技術とノウハウがあり、メール到達率99.74%を実現しています。同サービスを利用する方は、とくに「高いメール到達率」が目当てで導入される方が多いという印象です。

また、高機能の自社サーバーを標準利用しているため、120万通/時の高速配信も可能。価格設定も、比較的安価で長期で負担なく使用でき、同社の他サービスと組み合わせて利用することで、割引が適用されます。

そしてサポート体制も整っており、専門のスタッフによるサポートを受けられます。メールと電話のどちらでも対応可能です。

Jcityの基本情報

会社名

株式会社ジェイシティ

住所

〒150-0013

東京都渋谷区恵比寿1-6-3 ゼネラルビル恵比寿イースト4F・5F

URL

https://www.jcity.co.jp/

初期費用

3,000円(エンタープライズプランは40,000円)

プラン

ベーシックプラン 6,000円/月

スタンダードプラン 10,000円/月

エンタープライズプラン 40,000円/月

【無料】メール配信システムについて相談する

MyASP

MyASP

MyASPの特徴

  • 専用サーバー使用による高い到達率
  • 使い勝手が良いオールインワンメール配信システム
  • 多種多様な機能を搭載

株式会社ツールラボ(愛知県名古屋市)が提供するクラウド型のメール配信システム「MyASP」。

「1つのプロジェクトに十分なリソースが割けない」「プロモーションのタスクが多すぎてサービス提供に時間が費やせない」など、さまざまな悩みに対応できるオールインワン配信システムです。

社内の複数のプロジェクトメンバーで同じアカウントを管理でき、細かいマーケティング設定で効率化が可能

またコストパフォーマンスが良く、同サービスでは機能を追加し進化し続けても定額で提供。ウェビナーやイベント機能・会員サイト機能・自社アフィリエイト機能など、多種多様な機能を搭載しています。

パーソナルプラン以上は1契約につき、1台のサーバーを用意。到達率が下がらない仕組みになっています。

さらに同システムは、MyASPユーザーと直接コミュニケーションをはかり、使い勝手や要望に耳を傾けシステムの改善に反映しているようです。

MyASPの基本情報

会社名

株式会社ツールラボ

住所

〒460-0002

愛知県名古屋市中区丸の内2丁目15-12-2-703

URL

https://myasp.jp/

初期費用

0円~

プラン

ビギナープラン 3,300円/月

パーソナルプラン 6,600円/月

スタンダードプラン 11,000円/月

マッハプラン 33,000円/月

【無料】メール配信システムについて相談する

ferret One

ferret One

ferret Oneの特徴

  • BtoBマーケティングに必要な機能を一通り揃っている
  • マーケティング業務を一元管理
  • サイト更新が自分でできる見たまま編集のCMS

株式会社ベーシック(東京都千代田区)が提供するクラウド型のメール配信システム「ferret One」。

サイト制作(CMS)から問い合わせ管理、メール配信、A/Bテスト、LP作成、キャンペーン管理など、BtoBマーケティングに必要な機能をひと通り揃えたオールインワンマーケティングツールです。

ハウスリスト(営業活動で集めた企業で保有する見込客や顧客)への一斉メール・ステップメール配信、顧客の一元管理まで、CMS機能に加えてマーケティングをサポートする機能が豊富。
コンバージョンしたユーザーの行動解析も可能です。

サイト更新が簡単で、テキストの変更・画像差し替え・ページの追加など自社でWebサイトを更新できます。参考として、プログラミング知識なし、デザイン経験なしの同社社員が同システムでページを作成しているデモ動画も公開。

また「初期戦略設計サポート」や「定期健診サポート」など、ツール提供に加えてサポート体制も充実しています。機能・料金などとあわせてサポート内容も検討材料とされるとよいかと思います。

ferret Oneの基本情報

会社名

株式会社ベーシック

住所

〒102-0082

東京都千代田区一番町17-6 一番町MSビル1F

URL

https://ferret-one.com/

初期費用

100,000円

プラン

10万円~※プランにより異なる

資料ダウンロード

https://ferret-one.com/pamphlet

【無料】メール配信システムについて相談する

b→dash

b→dash

b→dashの特徴

  • 専門スキルなしでもデータを扱いやすい
  • さまざまなデータを集約
  • 使いたい機能を自由にカスタマイズ

株式会社フロムスクラッチ(東京都新宿区)が提供する、メール配信・データ分析機能などを備えたマーケティングツール「b→dash」。

業界初のテクノロジー「Data Palette(データパレット)」により、ノープログラミング(GUI操作)での「データの取込・統合・変換・活用」を可能に。導入〜運用にかかるコスト・工数を大幅に削減できます。

「b→dash CDP(データ統合基盤)」によって、自社が保有する顧客情報、Web・広告データ、購買情報などのビジネスデータを集約・連携が可能。

これらのデータをもとに、一人ひとりに最適化されたOne to Oneのコミュニケーション・メール配信等が実現できます。

b→dashの基本情報

会社名

株式会社フロムスクラッチ

住所

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7-20-1

住友不動産西新宿ビル26階

URL

https://bdash-marketing.com/

初期費用

50万円~

プラン

要問合せ

資料ダウンロード

https://bdash-marketing.com/req_material/

【無料】メール配信システムについて相談する

エキスパートメールPRO

エキスパートメールPRO

エキスパートメールPROの特徴

  • 顧客に合わせて配信方法を選択
  • 集客から顧客管理まで一元管理
  • ホームページが制作可能

株式会社エキスパート(東京都新宿区)が提供するクラウド型のメール配信システム「エキスパートメールPRO」。

メール・LINE/SMSなど、顧客の状況に合わせて配信方法を選択可能。その結果、メッセージの到達率向上を期待できます。

とくに注目したいのは、集客から顧客管理まで一元管理ができる点。複数のツールを個別に管理する必要がなく、作業の時短・効率化ができます。

また同サービスでは、Webの専門知識や経験、膨大な作業がなくても、本格的なホームページやランディングページも作成可能。決済機能も自動生成できるので、ネット販売も簡単に行えます。

メールマーケティングに加えて、その他のマーケティング作業を1ヶ所で行いたい方にオススメです。

エキスパートメールPROの基本情報

会社名

株式会社エキスパート

住所

〒160-0023

東京都新宿区西新宿6-12-1 西新宿パークウエストビル 13階

URL

https://ex-pa.jp/

初期費用

5,000円

プラン

5千通プラン:月額3,470円

1万通プラン:月額7,400円

2万通プラン:月額14,700円

3万通プラン:月額21,500円

【無料】メール配信システムについて相談する

アスメル

アスメル

アスメルの特徴

  • 追加料金なしの使いたい放題無制限
  • 月額3,333円の固定料金
  • 豊富な機能

株式会社レジェンドプロデュース(東京都港区)が提供するクラウド型のメール配信システム「アスメル」。

追加料金なしの使いたい放題無制限サービスで、ステップメールを好きなだけ作成して配信できます。

ステップメールのシナリオ数・配信数・リストの追加をどれだけ行っても、月額費用は3,333円。複数パターンのステップメールを作成して基盤を準備しておけば、自動でメールマーケティングが可能です。

アスメルはステップメール配信に特化しているため、ステップメールに関する機能が充実。「スマートフォン対応」・「全角半角自動変換機能」・「複数シナリオ一斉配信機能」など、計42種類の追加機能が用意されています。

メールマーケティングを自動化したい方にオススメのメール配信システムといえるでしょう。

アスメルの基本情報

会社名

株式会社レジェンドプロデュース

住所

〒106-0032

東京都港区六本木7-20-18六本木ポイント720-3F

URL

https://www.jidoumail.com/

初期費用

23,166円(16,500円+6,666円(2ヶ月分先払い))

プラン

月額一律3,333円

【無料】メール配信システムについて相談する

MailPublisher

MailPublisher

MailPublisherの特徴

  • 4,100万通/時の配信処理性能と月間60億通を超えるメール配信実績
  • 長年の経験で培ったメールマーケティングのノウハウがつまっている
  • 設計段階から「システム間連携」を想定し開発

エンバーポイント株式会社(東京都千代田区)が提供するクラウド型のメール配信システム「MailPublisher」。配信処理機能4,100万通/時、月間メール数60億通以上の配信実績を誇ります。

そして長年の経験で培ったメールマーケティングのノウハウがあります。メールマーケティングでは、迅速なメール配信に加えて、メールを確実に届けることも重要です。

同社はメールの流量が多く、そのノウハウを蓄積し、それらをシステムへと反映させることで、高い到達率の維持につなげています。

また、設計段階から「システム間連携」を想定し開発しているのも特徴。マーケティングオートメーション、ECシステムやレコメンドエンジン他、さまざまな外部ツールとの連携実績があります。

これにより、メール配信システム単体では難しい高度なメールマーケティングを実現することが可能です。

MailPublisherの基本情報

会社名

エンバーポイント株式会社

住所

〒100-0006

東京都千代田区有楽町1丁目7-1有楽町電気ビル北館20階

URL

https://emberpoint.com/

初期費用

15,000円(3か月まで)~

プラン

MailPublisher transaction

 ASPサービス1円/通~ 完全従量制

 パッケージ型年間450万円


MailPublisher Mobile

 月額15,000円(3か月まで)~


MailPublisher Smart

 月額 25,000円~

【無料】メール配信システムについて相談する

SPIRAL

SPIRAL

SPIRALの特徴

  • 一括配信からOne to Oneまで必要な機能を網羅
  • シンプルな管理画面と直感的な操作で、簡単にメール作成が可能
  • 専用配信エンジンで毎時260万通の高速配信と高い配信率

株式会社パイプドビッツ(東京都港区)が提供するクラウド型のメール配信システム「SPIRAL」。

一斉配信・ターゲット配信・ステップメールなどの配信まで100以上の機能を搭載。

管理画面がシンプルで、簡単操作でメール作成が可能。メール作成は1画面で完了し、操作設定だけなら約3分ほどで行えます。また、画像や動画付きのHTMLメールもドラッグ&ドロップで作成できます。

メール配信速度と到達率にもこだわりがあり、専用配信エンジンで毎時260万通の高速配信と高い配信率を実現

さらにサポート体制にも力を入れており、365日24時間対応や5分以内のレスポンスなど、サポートの手厚さも導入企業から定評があるようです。画面を共有しながらのサポートも可能で、専門コンサルタントが課題解決のための提案を行ってくれるようです。

SPIRALの基本情報

会社名

株式会社パイプドビッツ

住所

〒107-0052

東京都港区赤坂 2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル(受付2F)

URL

https://www.pi-pe.co.jp/solution/mail/

初期費用

100,000円

プラン

25,000円〜

メール配信対象者数(メルマガ会員数)に応じた定額従量課金制

資料ダウンロード

https://www.pi-pe.co.jp/regist/is?SMPFORM=lfpb-ldlbkg-d4e04b806e35aec8db4cd2bbe8cd4255

【無料】メール配信システムについて相談する

メール配信システムを導入するメリット

最後に、メール配信システムを導入するメリットについてお伝えします。ツールを利用する際、解説するメリットを意識すると、より有効活用ができます。

メール配信前・配信時・配信後それぞれに以下のようなメリットがあります。

配信前

メール配信システム導入のメリット

  • メールアドレスの一元管理ができ、業務効率が改善する
  • HTMLメールが作れる

メール配信システムでは、メールアドレスを一元管理できます。メールアドレスごとに過去の配信履歴なども確認でき、さまざまなセグメントを指定してメール配信が行えます。

仮に表計算ソフトなどで管理していたとすると大変な工数がかかってしまうでしょう。システム利用により業務効率が大幅に改善されます。

過去に私は、メールを1通ずつ送っていたり、BCCメールで大量送付をしたことがありますが、ミスをしてしまった経験があります。その時はたまたま大事には至りませんでしたが、場合によっては致命的な情報漏洩の可能性もあったはずです。

直後にシステム利用を開始し、このようなミスはなくなりました。

また、HTML作成できるのもメリットの一つです。詳しくは前述した通りですが、比較的簡単にオリジナリティのあるメールを作成できます。

配信時

メール配信システム導入のメリット

  • 短時間で大量配信ができる
  • さまざまな配信方法が選べる
  • 迷惑メール・スパム対策ができる

メール配信システムを使うことで、短時間で数千〜数万単位のメールが配信可能です。仮に1通ずつメール配信をしていたとすると大変な時間がかかります。

またメールマーケティングを行う際には、下記のようなさまざまな配信方法が選べるのもメール配信システムの強みです。

  • 定期購読型のメール
  • イベントごとに送られるメール
  • ステップメール
  • ターゲットとセグメント別に配りわける

加えて、メール配信システムが自動で迷惑メール・スパム対策を行ってくれることもシステムの大きなメリットといえるでしょう。

配信後

メール配信システム導入のメリット

  • 効果測定ができる
  • 配信履歴を蓄積できる
  • ブラックリストの管理ができる

メール配信の目的のひとつは見込み客の反応を調べることにもあります。メール配信システムを使えば「開封率・クリック率」や「配信エラー」など詳細な効果測定を行えます。

配信履歴を蓄積し「どのような件名に読者は反応するのか?」を調査し、仮説・検証を繰り返すことで、メール配信による効果も高まります。

また、メール配信にクレームはつきもの。ブラックリストの管理ができていないとさらなるクレームを起こしかねません。ブラックリスト管理ができるのもシステム利用のメリットといえます。

【無料】メール配信システムについて相談する

【まとめ】メール配信システムの比較と導入メリットについて

本記事では以下のことをお伝えしてきました。

【本記事でお伝えしてきたこと】

  • メール配信システムの主な5つの機能
  • メール配信システム3つの選定ポイント
  • オススメのメール配信システム10選

ご紹介したように、メール配信システムにはサービスごとに違いがあります。到達率の差など多少の違いはあれど、「メールを配信する」という基本的な機能はどのサービスにも備わっています。

どのくらいのリスト数に対して、どのくらいの頻度でメールを配信するかなど事前に確認しておくべきことはありますが、最後は直感で選んでもほぼ問題ないでしょう。というのが、過去いくつものサービスを利用した私の結論です。

本記事でご紹介したオススメのメール配信サービスをご覧いただき、自社に合ったメール配信システムの導入を検討ください。

【無料】メール配信システムについて相談する

Q. メール配信システムのおすすめは?

おすすめのメール配信システムとして「配配メール」「オートビズ」等が挙げられます。それぞれの詳しい特徴は記事内で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

Q. メール配信サービスを選ぶ際のポイントは?

メール配信サービスを選ぶ際のポイントとして「クラウド型かオンプレミス型か」「料金プラン」等が挙げられます。詳しい選び方については記事をご覧ください。