Shopify Paymentは導入すべき?設定方法・その他の決済方法について解説

Shopify Paymentは、初期費用・月額固定費はかからず、決済手数料のみで、管理画面から設定を行えばすぐに利用を開始できるサービス。本記事では、Shopify Paymentに関する次のような疑問に応えています。

・Shopify Paymentでできることを知りたい
・Shopify Payment利用にかかる料金を知りたい
・Shopify Paymentの設定方法を知りたい

最後まで読めば、Shopify Paymentを導入すべきかが判断できます

また、自社に合う最適な決済方法を検討したい方のために、Shopify Payment以外の決済方法についてもまとめましたので、参考にしてください。

※現在、ShopifyでのECサイト構築をお考えの方はWeb幹事にご相談ください。決済方法に関する相談や最適な制作会社選びを無料でお手伝いします。

【無料】ShopifyのECサイト制作の相談をする

目次
  1. 1. Shopify Payment とは
    1. 1-1. Shopify Paymentのメリット
    2. 1-2. Shopify Paymentの注意点
    3. 1-3. Shopify Paymentの手数料
  2. 2. Shopify Payment の設定方法
    1. 2-1. ストア通貨の設定を確認
    2. 2-2. Shopify Paymentを有効化する
  3. 3. Shopifyで使えるオススメの決済サービス・方法
    1. 3-1. 1. PayPal(ペイパル)
    2. 3-2. 2. Amazon Pay
    3. 3-3. 3. 携帯キャリア決済
    4. 3-4. 4.GMOイプシロン(コンビニ決済・後払い決済)
    5. 3-5. 5. KOMOJU
    6. 3-6. 6. SBペイメントサービス
  4. 4. 【要点まとめ】Shopifyで使える決済サービス比較・設定方法
    1. 4-1. Shopifyの導入を検討されている方へ

Shopify Payment とは

Shopify Payment

画像出典:Shopify Payment

Shopify Paymentとは、Shopifyが提供する決済サービスです。利用することで、Shopifyストアにおいて以下のクレジットカード決済と、Apple Pay・Google Pay決済に対応できます。クレジットカードは国内発行・海外発行いずれにも対応しています。

・Visa
・Mastercard
・JCB
・American Express

クレジットカード決済の対応だけならShopify Payment以外の外部サービスでも可能です。しかし、次に紹介するようなメリットから、Shopify Paymentの利用をおすすめします。

Shopify Paymentのメリット

Shopify Paymentのメリット

審査不要、設定後すぐに利用開始できる

詳しい設定方法は後述しますが、Shopify Paymentは、Shopify管理画面で必要なストア情報を入力するだけで利用開始できます。

通常、ECサイトで決済サービスを利用開始するには、審査に時間を要します。しかしShopify Paymentであれば、設定完了後すぐにクレジットカード決済に対応できることが強みです。

管理画面から決済情報をリアルタイムで確認できる

Shopify Paymentは、Shopifyの管理画面で、支払い額をリアルタイムに確認できます。また、保留中の支払い額と次の支払い日も確認でき、保留中の支払いが銀行口座に振り込まれたときにメールで通知されるよう設定することも可能です。

決済手数料以外の追加料金がかからない

クレジットカード決済以外の決済方法に対応する場合は、外部の決済サービスを利用する形になります。この場合も、Shopify Paymentを併用していれば、追加料金がかからずお得です。

Shopifyでは、Shopify Paymentを利用せず外部の決済サービスを利用する場合、決済ごとに0.5%~2.0%の追加料金が発生します。

Shopify Paymentよりもカード決済の手数料が安い外部サービスを利用したとしても、この追加料金を踏まえるとShopify Paymentのほうが安くなります。このため、クレジットカード決済に関してはShopify Paymentを利用するのがお得です。

Shopify Paymentの注意点

他のクレジットカード決済サービスを利用している場合

便利なShopify Paymentですが注意点もあります。Shopify Paymentをクレジットカード決済について、利用前に外部の決済サービスを利用していた場合、Shopify Paymentの設定を行うと、クレジットカード決済に関しては外部の決済サービスの利用が停止されるので注意してください。

Shopify Paymentの手数料

Shopify Paymentでは、初期費用や月額固定費はかからず、決済手数料のみ発生します。決済手数料は、プランによって異なり、下表のようになっています。

 

ベーシック

スタンダード

プレミアム

各プランの月額利用料金

29米ドル

79米ドル

299米ドル

日本のオンラインクレジットカード手数料

3.40%

3.30%

3.25%

海外/AMEXのオンラインクレジットカード手数料

3.90%

3.85%

3.80%

JCBのオンラインクレジットカード手数料

4.15%

4.10%

4.05%

Shopify Paymentを有効化せず

他の決済サービスを利用する場合の追加料金

2.00%

1.00%

0.50%

上位プランほど決済手数料が安くなるため、各プランの月額利用料金・月ごとの受注数・決済手数料を比較することで、どのプランを利用するのがお得かの判断材料になります。

Shopify Payment の設定方法

Shopify Paymentを利用する際の設定方法を、実際の管理画面も交えつつ紹介します。利用中であることを、「Shopify Paymentの有効化」とも表します。

ストア通貨の設定を確認

ストア通貨の設定を確認

Shopify Paymentの設定を行なう前に、ストア通貨の設定を確認しておきましょう。ストア通貨は、管理画面の「設定>一般設定」(画像赤枠)で確認できます。

ストア通貨の設定を確認2

ストア通貨(画像赤枠)が、ストアで使用する通貨になっているか確認します。ストア通貨は、最初の販売を行なった後は原則変更できなくなるので注意しましょう。

Shopify Paymentを有効化する

Shopifyペイメントを有効化する

Shopify Paymentの設定は、管理画面の「設定>決済」(画像赤枠)から行ないます。なお、決済設定を変更できるのはアカウントオーナーのみです。

Shopifyペイメントを有効化する2

ストアの設定状況により表示される案内が多少異なりますが、上の画像の「Shopify Paymentを有効にする」を押してください。ストア情報と銀行情報の入力を求められるので、案内に従い入力を進めましょう。

なお、Shopify Payment利用前に他のクレジットカード決済サービスを利用していた場合、Shopify Paymentを有効化することで、他のクレジットカード決済サービスの利用が停止されます。前述の通り、他のクレジットカード決済サービスとの併用はできないので注意してください。

Shopifyペイメントを有効化する3

なお、「支払いを表示する」(画像赤枠)から、Shopify Paymentによる支払いの詳細を一覧表示できます。

Shopifyで使えるオススメの決済サービス・方法

最後にShopify Payment以外の決済サービスも検討したい方に6つの決済サービスを紹介します。

 

特徴

対応ブランド

対応決済方法

決済手数料

振込手数料

PayPal

22通貨に対応

海外向け販売に強い

Visa

MasterCard

American Express

JCB

銀聯など

クレジットカード

国際ブランド付デビットカード

銀行口座

3.6%+40円

(国内標準レート:月額取引量で変動)

0円(出金額5万円未満は250円/件)

AmazonPay

新規顧客獲得に

効果的

Visa

MasterCard

American Express

JCB

クレジットカード

4%

※デジタルコンテンツは4.5%

無料

携帯キャリア決済

クレジットカードを持っていないユーザーの利便性向上

NTT DOCOMO

au

Softbank

キャリア決済

6.4%

※デジタルコンテンツは15%

不明

GMOイプシロン

幅広い決済方法にリーズナブルに対応

Visa

MasterCard

American Express

JCB

クレジットカード決済

コンビニ決済

代引き決済

GMO後払い

キャリア決済

PayPal決済

クレジットカード決済 3.2%~

コンビニ決済 130円~/回

代引き決済 360円~/回

GMO後払い 4.0%+180円/回

キャリア決済 6.0%+月額1,100円(税込)

PayPal決済 3.6%+40円/回+月額550円(税込)

月額最低手数料あり

コンビニ決済・代引き決済 1,650円(税込)

KOMOJU

プリペイド型電子決済を利用できる

Visa

MasterCard

American Express

JCB

Diners

コンビニ決済

銀行振込

Pay-easy

スマホ決済

キャリア決済

プリペイド型電子決済

クレジットカード決済 3.6%~

コンビニ決済など 2.75%

スマホ決済 4%

キャリア決済 6.6%

プリペイド型電子決済 12%

216円(入金額3万円未満のときの日本国内への振込手数料・海外送金は2,500円)

SBペイメントサービス

楽天ペイなど

スマホ決済への対応あり

Visa

MasterCard

American Express

JCB

Diners

クレジットカード決済

コンビニ決済

Pay-easy決済

スマホ決済

キャリア決済

Alipay国際決済

都度見積もり

都度見積もり

それぞれの詳細については後述します。いずれも、Shopifyの管理画面「設定>決済」から設定を行ないます。また、別途、各決済サービスの会社とも契約が必要です。

ECサイトでは、希望する決済方法がないと離脱につながりやすいとされます。ユーザーに合わせた決済方法を用意することで、売上向上が期待できます。

Shopify Paymentで対応できるクレジットカード決済はECサイトに欠かせない決済方法のひとつですが、自社の顧客層に合わせて、ほかの決済方法の導入も検討してみましょう。

1. PayPal(ペイパル)

PayPal

画像出典:PayPal公式サイト

PayPalは、世界的にスタンダードなオンライン決済方法です。ユーザーがPayPalアカウントにログインするだけで、登録した支払い方法で決済ができます。支払い方法は、クレジットカードと口座振替が選べます。

こんなECサイトにおすすめ

・海外向けの販売に力を入れたいECサイト

メリット

・22通貨に対応、海外でスタンダードな決済方法
・ECストアでクレジットカード情報を扱う必要がない
・Shopifyストアでは初期状態から利用できる

Shopifyでは、ストア開設後の初期状態からPayPalを利用できます。最初の売上が発生すると、ストアにメールが送信され、そこからアカウントを開設できます。すでにアカウントを持っている場合は、既存アカウントで連携が可能です。

注意点

・日本のユーザーにとってのニーズは低い
・出金額5万円未満の場合は振込手数料がかかる

2. Amazon Pay

Amazon Pay

Amazon Payは、Amazon以外のECサイトでもAmazonアカウントでログイン・決済ができるという決済サービス。カート画面での離脱率が高い場合は、Amazon Pay導入が解決策となる可能性があります。

通常、導入に費用がかかりますが、Shopifyでは初期費用・月額費用無料で導入できます。

こんなECサイトにおすすめ

新規顧客獲得施策としておすすめです。Amazonアカウントを持つユーザーにとって、ECサイトごとに会員登録や決済情報の登録を行なわないで済む利便性があります。

メリット

・Amazonアカウントでログイン・決済ができる
・カート離脱防止に効果的
・Shopifyストアなら導入費用がかからない

注意点

・利用できるのは日本に拠点を置く法人で、amazon.co.jpにアカウント登録が必要

3. 携帯キャリア決済

キャリア決済

DOCOMO Digital社が運営している決済サービス。docomo、au、SoftBankのキャリア決済を一括導入できます。ユーザーがクレジットカードを持っていなくても利用でき、月々の携帯料金とまとめて支払えるのので、ユーザーにとって利用のハードルが低い支払い方法です。

こんなECサイトにおすすめ

・クレジットカードを持たないユーザーが顧客に多い

メリット

・クレジットカードを持たないユーザーの利便性向上
・ECサイトにとって代金未回収リスクが低い

注意点

・決済手数料が高め

4.GMOイプシロン(コンビニ決済・後払い決済)

GMOイプシロン

画像出典:GMOイプシロン

インターネット関連事業を幅広く手掛けるGMOグループの、GMOイプシロン株式会社が運営する決済代行サービス。

Shopify Paymentと並行して、コンビニ決済、代引き決済、後払い決済(GMO後払い)、キャリア決済、ウォレット決済(PayPal)を導入できます。特に、後払い決済(GMO後払い)は、GMOイプシロンならではの決済サービス。

こんなECサイトにおすすめ

・ユーザーの決済ニーズにこまやかに対応したい
・クレジットカード以外の後払い決済を導入したい

メリット

・幅広い決済方法を一括で導入・管理できる
・GMO後払いを利用できる
・手数料がリーズナブル

注意点

・料金やオプションがこまかく設定されており、自社に合う利用の選択が重要

5. KOMOJU

KOMOJU

画像出典:KOMOJU

株式会社DEGICAが運営するオンライン決済代行サービス。クレジットカード決済の他、コンビニ決済、銀行振込、Pay-easy、スマホ決済、キャリア決済、プリペイド型電子決済など幅広い決済サービスをまとめて導入できます。

プリペイド型電子キャッシュは、WebMoney、BitCash、NET CASHが利用できます。

こんなECサイトにおすすめ

・スマホ決済やプリペイド型電子決済に対応したい

メリット

・幅広い決済方法を一括で導入・管理できる
・プリペイド型電子決済に対応できる

注意点

・決済方法によっては手数料が高め

6. SBペイメントサービス

SBペイメントサービス

画像出典:SBペイメントサービス

ソフトバンクの子会社であるSBペイメントサービス株式会社が運営する、オンライン決済代行サービス。クレジットカード決済のほか、楽天ペイ、PayPay(オンライン)、キャリア決済、Webコンビニ決済、Pay-easy(ペイジー)決済など幅広い決済サービスを導入できます。

こんなECサイトにおすすめ

・スマホ決済(オンライン)に対応したい
・AliPay国際決済に対応したい

メリット

・楽天ペイ、PayPayに対応できる
・セキュリティ対策が充実

注意点

・一律の料金表がなく都度見積もりとなる

※自社に合う決済方法を決めている方は以下の記事も参考にしてください。ECサイトを始めるときに最低限欲しい決済や、その他におすすめの決済も紹介しています。

関連記事:ECサイトの決済方法9つを比較!自社に合う選び方も解説

【要点まとめ】Shopifyで使える決済サービス比較・設定方法

Shopifyストアでクレジットカード決済に対応するには、Shopify Paymentの利用がおすすめです。クレジットカード決済およびApplePay・GooglePayに対応できます。

管理画面から設定を行えば利用開始でき、決済手数料以外の追加料金は発生しません。管理画面で支払いに関する情報を確認でき、支払い管理も効率化されます。

クレジットカード決済以外の決済方法に対応するには、Shopifyで利用可能な外部の決済サービスを、Shopify Paymentと並行して利用します。銀行振込やコンビニ決済、キャリア決済など、決済サービスによってさまざまな決済方法に対応できます。

自社のECサイトのユーザーの決済ニーズに応じて選びましょう。Shopify Paymentを利用していれば、これら外部の決済サービスを利用する場合も、決済サービスそのものの利用料金や手数料のみで、追加料金はかかりません。

各決済サービスにて契約後、Shopifyの管理画面から利用設定を行いましょう。

Shopifyの導入を検討されている方へ

Shopifyの導入を検討されている方は是非、Web幹事にご相談ください。
Web幹事はECサイトの見積り取得や業者選びを無料で代行するサービス。

貴社の要件を、専門のコンサルタントが丁寧にヒアリング。Shopifyに精通した制作会社をご紹介いたします。

コンサルタントのご紹介 Web幹事 コンサルタント 岩田真 岩田 Web制作会社を設立し、
3年間で上場企業を含む50社以上制作に携わらせていただきました。

様々なお客様のWeb制作を実際に行ってきましたので、
初心者の方でも安心してご相談ください!

相談料・紹介料は「完全無料」。お気軽にご相談ください!

【無料】Shopifyにおすすめの制作会社を紹介してもらう