Webサイトの要件定義|進め方・RFPとの関係・要件定義書の項目を解説!

要件定義はWebサイト制作の重要な工程だと聞くが、実際なにをすればいいのか?制作を外注する場合でも自社で要件定義するのか?よくわからない。

そんなWeb担当者の方に向け、進め方から要求定義 / RFPとの関係、要件定義書に必要な項目まで、Webサイトの要件定義をわかりやすく解説していきます。

なお、Webサイト制作会社の探し方・選び方がわからない!という方はWeb幹事にお気軽にご相談ください。貴社の目的・予算にあった最適な会社を厳選してご紹介します。相談料・会社紹介料などは無料です。

【無料】Webサイト制作会社を紹介してもらう

目次
  1. 1. Webサイトの要件定義とは
    1. 1-1. 要件定義の重要性 / Webサイト制作での位置付け
    2. 1-2. 要件定義と要求定義 / RFPの関係
    3. 1-3. Webサイトの要件定義はだれが担当する?
  2. 2. Webサイトの要件定義 / 要求定義の進め方
    1. 2-1. Webサイト制作の目的 / 目標(KGI / KPI)設定
    2. 2-2. マーケティング戦略 / 要件の洗い出し
    3. 2-3. 社内コンセンサス
    4. 2-4. Webサイトの要件定義書 / RFP作成
  3. 3. Webサイトの要件定義書に必要な10項目
    1. 3-1. Webサイト制作の目的 / 背景
    2. 3-2. プロジェクトの概要
    3. 3-3. スケジュール / 予算
    4. 3-4. Webサイト構成 / デザイン要件
    5. 3-5. システム要件(機能要件 / 非機能要件)
    6. 3-6. 技術要件
    7. 3-7. システム環境要件(サーバ / ネットワーク)
    8. 3-8. セキュリティ要件
    9. 3-9. リリース管理
    10. 3-10. Webサイトの運用 / 保守
  4. 4. 要件定義で失敗しないWeb制作会社を選ぶには
  5. 5. 要件定義に役立つRFPのサンプル / テンプレート
  6. 6. 【まとめ】Webサイトの要件定義 / 要件定義書の項目を紹介しました

Webサイトの要件定義とは

要件とは「重要な用件」「必要な条件」のこと。つまり、Webサイトの要件定義とは、制作するWebサイトに求められる重要な用件、必要な条件を定義すること。いいかえれば、Webサイトの仕様を決定する重要な制作工程を「要件定義」といいます。

要件定義の重要性 / Webサイト制作での位置付け

要件定義は、Webサイト制作作業に取り掛かる前段階で実施される、非常に重要な制作工程です。なぜWebサイト制作で要件定義が重要なのか?法人のWebサイト制作の場合、複数の制作工程とそれぞれの工程に携わる多くの人々が存在するからです。一般的なWebサイトの制作工程 / ステップは以下の通り。

  • 企画 / 要求定義
  • 要件定義
  • サイトデザイン / 機能設計
  • コーディング / 機能実装
  • テスト
  • Webサイト公開 / 運用・保守

各制作工程を見てもお分かりのように、デザイン / 機能設計 / コーディングといった制作工程の「指標」となるのが要件定義。方向性の定まっていないブレた指標では、その後の制作工程が迷走してしまうのは当然です。

Webサイトを作ってしまってから「こういう意図ではなかった」という失敗をしないためにも、要件定義をしっかり固めておくことが重要なのです。

要件定義と要求定義 / RFPの関係

それでは、要件定義の前段階にあるWebサイトの制作工程「要求定義」とはなんでしょうか?要求定義とは、制作するWebサイトに「要求される条件」を定義する制作工程のこと。要求定義で定めた内容を文書化したものが「要求定義書」あるいは「RFP(提案依頼書)」です。

要求定義は、制作を企画する側が「どのような要求を満たしたWebサイトを作りたいのか」を定義する工程。それを踏まえ、制作する側が「予算面を考慮しながら、要求されるWebサイトを技術的に実現するための条件」を定義する工程が要件定義という関係にあります。

Webサイトの要件定義はだれが担当する?

つまり、Webサイトの企画側が「要求定義」を担当し、制作側が主に「要件定義」を担当します。たとえば、Webサイトを内製するのであれば、企画担当が作成した要求定義書をもとに、社内ITチームが要件定義を進行。企画 / 制作担当、双方で内容をすりあわせながら要件定義書を作成する流れです。

一方、Webサイト制作を外注する場合は、要求定義の内容をRFPにまとめ、候補となる制作会社に見積 / 提案を依頼する形。最終的に選定された制作会社と打ち合わせを重ねながら、要件定義を進めていく流れです。

【無料】Webサイト制作会社を紹介してもらう

Webサイトの要件定義 / 要求定義の進め方

Webサイトの要件定義 / 要求定義は、5W1Hを念頭に置きながら進めるのがおすすめ。思考が整理されて必要な要素を抽出しやすくなります。

Why(なぜ)

Webサイト制作の目的 / 目標や背景

When(いつ)

制作期間、Webサイトの公開予定日

Where(どこで)

社内IT部門 / 外部Web制作会社

Who(だれが)

責任担当者、チームメンバー

What(なにを)

Webサイトのデザイン / 機能など

How(どのように)

Webサイトの作り方、動作環境、セキュリティなど

Webサイト制作の目的 / 目標(KGI / KPI)設定

Webサイト制作の目的、および目標を設定します。商品をオンライン販売するならECサイト、ブランドの認知を高めたいならブランディングサイトなど、目的に応じて必要なWebサイトや設定すべき目標は異なるからです。具体的な数値で目標を設定するのもポイント。売上高や問い合わせ数など、最終的なKGIに向けて複数のKPIを設定しましょう。

この時点で、制作するWebサイトのペルソナを設定しておくのも重要です。ペルソナとは、顧客となるターゲットを代表する「具体的な人物像」のこと。ペルソナが明確なら、目的 / 目標を達成するため、Webサイトをどのような人物に対して最適化すればいいのか理解できます。

Webサイトリニューアル時の要件定義

要件定義は、Webサイトをリニューアルする際も重要な制作工程です。新規制作する場合と流れが大きく異なるわけではありませんが、Webサイトリニューアル時には「現状分析」「課題の抽出」を忘れてはなりません。

アクセス数やコンバージョン数の推移など、定量的な数値で分析することもポイント。場合によっては、制作時に設定したペルソナを見直す必要もあるかもしれません。

マーケティング戦略 / 要件の洗い出し

制作するWebサイトが、マーケティング戦略のなかでどのような役割を果たすべきなのか整理します。たとえば、ECサイトなら集客した顧客に商品を購入してもらうことが役割。オウンドメディアなら、オーガニック検索経由で訪問したユーザーの興味を高め、商材への問い合わせにつなげるのが役割です。

次に、どのようなルートで集客するのか、コンバージョンへつなげるにはどのようなコンテンツ / 機能が必要か、戦略にしたがってWebサイトの要件を洗い出します。ペルソナが、どう考えてどう行動するのか?カスタマージャーニーマップを作成すると要件を整理しやすくなるでしょう。

※カスタマージャーニーマップとは、ペルソナが自社を認知してから商品の購入、優良顧客化までのシナリオを図式化したもの

社内コンセンサス

Webサイトの要件が固まった時点で、社内コンセンサスを得ておきます。部門の垣根を超え、直接的 / 間接的に全社に関わるWebサイトの場合、社内コンセンサスを得ておくことは非常に重要なポイントです。

たとえば、オウンドメディアの場合、想定するペルソナにとって有益なコンテンツを継続的に作成 / 発信していかなければなりません。各部門の合意を取り付け、協力してもらえる雰囲気が醸成されている必要があります。もちろん、決裁権を持つ経営層からコンセンサスを得ておくことも必須です。

Webサイトの要件定義書 / RFP作成

社内コンセンサスを得られた時点で、定義したWebサイトの要件を成果物にまとめます。Webサイト制作を外注するなら作成する成果物はRFPとなり、最終的な制作会社を選定するため、複数の候補先へ見積書 / 提案書の提出を依頼します。

一方、Webサイトを内製するのであれば成果物は要求定義書となり、社内IT部門と協力しながら要件定義を進めていきます。

【無料】Webサイト制作会社を紹介してもらう

Webサイトの要件定義書に必要な10項目

それでは、要件定義工程の成果物「Webサイトの要件定義書」には、どのようなことを記載すればいいのか?要件定義書には決まった定型様式などはありません。上述した5W1Hを念頭におきながら、必要な要素を過不足なく網羅することが重要です。一例として、Webサイトの要件定義書に記載されることの多い、主な10項目を紹介しておきましょう。

  • Webサイト制作の目的 / 背景
  • プロジェクトの概要
  • スケジュール / 予算
  • Webサイト / システム構成
  • システム要件(機能要件 / 非機能要件)
  • 技術要件
  • システム環境要件(サーバ / ネットワーク)
  • セキュリティ要件
  • リリース管理
  • Webサイトの運用 / 保守

Webサイト制作の目的 / 背景

なぜWebサイトを制作 / リニューアルするのか?目的や背景となる課題を記載する要件定義項目です。たとえば、以下のような項目が挙げられます。

  • Webサイト制作 / リニューアルの目的
  • Webサイト制作 / リニューアルの理由(背景)
  • 根拠となる現状分析結果 / 解決すべき課題(リニューアルの場合)
  • 制作 / リニューアルの範囲(外注の場合)

プロジェクトの概要

Webサイト制作 / リニューアルプロジェクトを、どのように進めていくか?概要を記載する要件定義項目です。たとえば、プロジェクトに参加する企画側 / 制作側メンバーの人選を含む人員体制、定例会議のタイミング、メンバー間の情報共有方法など。

Webサイト制作 / リニューアルを外注する場合は、各工程で納品される成果物、サイト完成時の納品場所 / 方法なども明記されます。

スケジュール / 予算

プロジェクト開始からリリースまでのスケジュール、およびWebサイト制作 / リニューアルプロジェクトの予算を記載する要件定義項目です。デッドエンドとしての納品日を決めるだけでなく、各制作工程の大まかなスケジュールも明記する場合が一般的。納品日から逆算し、予算と制作体制とのバランスを見ながら、制作側がスケジュールを決定します。

Webサイト構成 / デザイン要件

制作 / リニューアルするWebサイトの構成 / 構造や、制作するWebページのデザイン要件を記載する要件定義項目です。具体的には、制作 / リニューアルに必要なWebページとその概要、カテゴリー分類、各ページのストラクチャー(階層構造)などがWebサイト構成。デザイン制作のベースとなる「各Webページのワイヤーフレーム」がデザイン要件です。

※ワイヤーフレームとは、Webページのデザイン / レイアウトを、簡単な線(ワイヤー)と枠(フレーム)で表現した設計図のこと

システム要件(機能要件 / 非機能要件)

制作 / リニューアルするWebサイトの機能要件 / 非機能要件を記載する要件定義項目です。機能要件とは、ブログ機能、検索機能、会員登録機能など、Webサイトに実装する機能のこと。非機能要件とは、パフォーマンスや可用性、拡張性など、Webサイトに求められる機能以外の要件のことです。

HTMLのみで構成された静的Webサイトの場合は不要ですが、近年では多数の機能を実装した動的Webサイトが主流。いまや、Webサイトの要件定義には、システム要件は必須の項目です。

技術要件

Webサイトの制作 / リニューアルで採用する開発言語、ソフトウェアなど、技術面に関する要件を記載する要件定義項目です。たとえば、データベースやミドルウェア、開発のベースになるフレームワークを含むソフトウェア、PHP / Pythonなどのプログラミング言語が該当します。

WordPressなどのオープンソースCMSを土台にWebサイト制作する際は、利用する予定のテーマ / プラグインなどを明記します。

システム環境要件(サーバ / ネットワーク)

Webサイトの動作環境 / 実行環境に関する要件を記載する要件定義項目です。定義した機能要件 / 非機能要件を実現するには、どのような実行環境を用意すべきなのかを明記します。

具体的には、Webサイトの動作に必要なサーバ / ネットワークのスペック、ドメインやSSL証明書など。一般的には、要件を満たすスペックを持つレンタルサーバを特定しますが、大規模 / 多機能なWebサイトであれば、AWSなどのクラウドサービスの仕様を明記する場合もあります。

セキュリティ要件

Webサイトのセキュリティを担保するための要件を記載する要件定義項目です。どのようなWebサイトを制作するかによって必要なセキュリティ強度は異なりますが、達成すべきセキュリティ目標を記載します。具体的には以下の通り。

  • アクセス制御
  • 物理的制御(セキュリティ製品など)
  • 運用セキュリティ

リリース管理

完成したWebサイトの公開(リリース)管理に関する要件を記載する要件定義項目です。主な項目は以下の通り。

  • リリース予定日
  • Webサイトの納品場所(サーバ等)
  • 検収 / 公開合否の担当者
  • リリース担当者
  • リリース手順

Webサイトの運用 / 保守

Webサイト公開後の運用 / 保守に関する要件を記載する要件定義項目です。一般的には、Webサイトの制作 / リニューアルを担当した制作会社がそのまま運用 / 保守を担当しますが、社内対応、代行会社(MSP)に任せる場合もあります。主な項目は以下の通り。

  • 運用 / 保守の手順
  • 担当部署 / 代行会社
  • 運用 / 保守責任者
  • エスカレーション(報告)のフロー
  • 連絡窓口
  • 運用 / 保守マニュアルの整備

要件定義で失敗しないWeb制作会社を選ぶには

重要性や定義すべき項目を含め、Webサイト制作 / リニューアルの要件定義はおおよそ把握できた。しかし、IT部門を持たない自社の場合、どのような制作会社を選べばいいのか?そんな疑問のあるWeb担当者の方も少なくないでしょう。ポイントは3つ。

  • 同じ条件で3社程度に相見積もりを依頼する
  • 提案力を比較する
  • コミュニケーション力を比較する

要件定義フェーズに限らず、Webサイト制作では「要求を実現させるための提案力」が必要。また、多くのスタッフが制作に携わるWebサイト制作には「認識のズレをなくすコミュニケーション力」も求められます。この2つをチェックするのに有効なのが、複数の制作会社への「提案を含む見積もり」依頼というわけです。

ただし、提案力 / コミュニケーション力を比較するには、相見積もりの前提となる「同じ条件で依頼する」ことが重要。つまり、Webサイト制作 / リニューアルでなによりも重要なのは、企画側による要求定義とそれを書面化した要求定義書 / RFPです。

要件定義に役立つRFPのサンプル / テンプレート

しかし、それほど難しく考えることはありません。Webサイト制作 / リニューアルの目的 / ペルソナを明確にし、ゴールを達成するために必要な条件をすべて洗い出すだけ。要求が明確であれば、要求定義書 / RFPの作成自体はそれほど難しくありません。

そうはいっても、これまでに要求定義書もRFPも作成したことがない。そんなWeb担当者の方に向け、要件定義に役立つRFPのサンプル / テンプレートを紹介しておきます。

要件定義に役立つRFPのサンプル / テンプレート

要求定義の進め方・RFPの書き方 / サンプルについては以下の記事もあわせてご覧ください。
関連記事:ホームページ制作のRFP(提案依頼書)の書き方完全マニュアル

【まとめ】Webサイトの要件定義 / 要件定義書の項目を紹介しました

要件定義はWebサイト制作の重要な工程だと聞くが、実際なにをすればいいのか?制作を外注する場合でも自社で要件定義するのか?よくわからない。そんなWeb担当者の方に向け、進め方から要求定義 / RFPとの関係、要件定義書に必要な項目まで、Webサイトの要件定義をわかりやすく解説してきました。

なお、Webサイト制作会社の探し方・選び方がわからない!という方はWeb幹事にお気軽にご相談ください。貴社の目的・予算にあった最適な会社を厳選してご紹介します。相談料・会社紹介料などは無料です。

【無料】Webサイト制作会社を紹介してもらう