ホームページ制作会社の依頼・相談・比較ならWeb幹事

お急ぎの方は電話で相談 (平日10時〜21時)

03-6457-3550

メールでのご相談は24h対応!!

無料でHP制作の相談をする

まずは制作会社に見積もりを依頼

お見積もりを依頼

お急ぎの場合はお電話でもご対応!

03-6457-3550

WordPressとは

WordPressとは多数ある CMS のうちのひとつで、世界No.1のシェアを誇る。ライセンスは無償だが公式サポートはない。代わりに開発者・利用者のコミュニティが盛んで、入手できる情報量も豊富。

目次
  1. 1. WordPressとは
  2. 2. WordPressで制作会社とのよくあるやり取り
  3. 3. WordPress導入のメリット
    1. 3-1. ライセンスが無償
    2. 3-2. 汎用性の高い管理画面
    3. 3-3. テンプレートが豊富
    4. 3-4. プラグインの種類が豊富
    5. 3-5. 開発者・利用者のコミュニティが活発
    6. 3-6. SEO対策に優れている
  4. 4. WordPressのデメリット
    1. 4-1. WordPressを利用するための学習コスト
    2. 4-2. 脆弱性へのシステムアップデート対応が必須
  5. 5. WordPressを導入する/しないの判断基準
    1. 5-1. WordPressは更新してこそ威力を発揮する
    2. 5-2. こんな場合はWordPressに向いてます
  6. 6. WordPressを利用したHP制作を発注するときに気を付けるべきポイント
    1. 6-1. カスタマイズする部分としない部分を明確に
    2. 6-2. 運用の契約/更新の契約を前もって決める
    3. 6-3. WordPressの得意な制作会社に相談する

WordPressとは

WordPress-logotype-standard

WordPressは多数ある CMS のうちのひとつです。

有名企業含めて広く利用されており、 CMS としては世界No.1のシェアを誇ります。

ライセンス費用は無償ですが公式のサポートはありません。代わりに開発者・利用者のコミュニティが盛んであり、入手できる情報量も多いことが特徴です。

導入の敷居の低さと拡張性の高さ、使いやすさ、デザインなどの点からのバランスの良さが評価されています。

WordPressで制作会社とのよくあるやり取り

発注者 ホームページを作るならWordPressが良いというのを聞いたのですが...。

制作会社 はい、採用事例はとても多いですし弊社でもWordPressでの制作実績は多くあります。

発注者 WordPress以外にも選択肢はあるのでしょうか?

制作会社 WordPress以外で有名なところですと、Movable Typeですかね...。

発注者 どう違うのでしょうか?

制作会社 セキュリティや製品に対するサポートへの要望が強いお客様はMovable Typeを選ばれることが多いようです。

発注者 (そう言われるとMovable Type良さそう)...そうなんですね。

制作会社 とはいえWordPressの特徴としては開発者・利用者のコミュニティの活発さで、セキュリティやサポートに関しても心配し過ぎる必要はないと思います。

発注者 (...ということは結局どっちが良いのだろう) ...。

制作会社 拡張性が高いので、 CMS の標準的機能に収まらないご要件が多くあるのであれば、WordPressで制作したほうが良いかもしれません。

発注者 ( CMS ってなんだ...?) なる...ほど…。

WordPress導入のメリット

ライセンスが無償

WordPressはライセンス無償のオープンソース(プログラムが世の中に公開されている)の形で提供されているため、無料で利用することができます。

汎用性の高い管理画面

CMS の持つ機能として重要な、ホームページのコンテンツ(ページ、テキスト、画像等)を管理するための画面がWordPressにも備わっています。

utill_WordPress_管理画面

Wordで文章を書くのと同じような感覚で、直感的に操作することが可能です。

utill_WordPress_コンテンツ編集画面

テンプレートが豊富

無償/有償の「テーマ」と呼ばれるテンプレートを利用し、デザインを簡単に差し替えることが可能です。

プラグインの種類が豊富

標準の機能を拡張するための「プラグイン」と呼ばれるものが多く提供されています。

ホームページをゼロから制作するとなった場合、工数と予算は膨大になりえます。WordPressであれば標準で用意されている機能とプラグインの組み合わせだけで要件が実現できる場合もあり、ホームページ制作の工数と予算を抑えることが可能です。

  • お問い合わせメール機能
  • SEO対策
  • 人気記事の一覧表示

上記のような機能はプラグインで提供されています。

開発者・利用者のコミュニティが活発

WordPressはオープンソースかつライセンス費用が無償ということもあり、世界中の国々で使われています。

開発者・利用者のコミュニティが盛んで、インターネット上の検索で入手できる情報量が多いことが特徴です。

SEO対策に優れている

Googleの検索結果の上位に表示させるための施策を総じてSEO対策と呼びます。

WordPressは CMS の中でもSEOの内部施策を得意としています。プラグインの形でもSEO対策に優れたものが提供されており、インストールするだけで多くの機能を利用できるようになります。

WordPressのデメリット

WordPressを利用するための学習コスト

WordPressの管理画面の使い方を覚える学習コストは必須になります。

もしWordPressでの制作実績がある制作会社であれば、下記の3点の有無を確認し、学習コストがどの程度掛かるかを把握しておきましょう。

  • 操作マニュアル
  • 操作を実際に試すためのデモサイト
  • 操作方法に対するサポート

脆弱性へのシステムアップデート対応が必須

WordPressを利用したホームページはセキュリティ面の欠陥を突いた攻撃を受けやすいです。

WordPressのプログラムソースが公開されていることや利用者が多いからです。

但し同時に、開発者や利用者のコミュニティが常にセキュリティ面の欠陥に対する対応策を考え、システムアップデートに関する手段や情報を提供してくれます。

WordPressを導入する/しないの判断基準

WordPressは更新してこそ威力を発揮する

WordPressはホームページのコンテンツ(ページ、テキスト、画像等)を管理するためのシステムです。

管理画面上の操作を通じて、ホームページ上のコンテンツ更新作業のコストを抑えることができるのがメリットのひとつです。

こんな場合はWordPressに向いてます

  更新作業が月に1回あるかないか、更新対象も数ページ程度であればWordPressを利用してホームページ制作を行うメリットは少ないです。

  • 週1回以上の頻度で更新作業を行う
  • 1ヶ月で10ページ以上を対象として更新作業を行う

上記レベルを想定しているのであれば、WordPressを採用するメリットは大きいです。

また、デザインや機能の改善を継続的に行なっていく予定が具体的にあるのであれば、拡張性の高いWordPressを CMS として採用するメリットは大きいです。

WordPressを利用したHP制作を発注するときに気を付けるべきポイント

カスタマイズする部分としない部分を明確に

  • WordPressの標準機能で対応する部分
  • WordPressのプラグインインストールで対応する部分
  • カスタマイズして対応する部分

要件に対してどういった形で対応するか、上記のポイントを制作会社側と相談しましょう。

標準機能やプラグインで対応する部分が多い場合

制作会社側としては見積もり金額は抑えやすいです。代わりに発注者側としては、要件に対して妥協を求められる箇所が発生します。

カスタマイズして対応する部分を多くした場合

見積もり金額は大きくなります。代わりに発注者側としては、要件の細かい部分まで対応してもらえることになります。

発注者側としては、ホームページのデザインや機能への要件のうち妥協できる部分/妥協できない部分を考えながら制作会社と相談することが大切です。

運用の契約/更新の契約を前もって決める

WordPressであれば、Webの専門知識のない自社担当者でもホームページの運用を行える部分が増えます。

そのため「運用」の範囲が曖昧になりがちです。

  • コンテンツの更新
  • デザインの変更
  • プラグインの追加
  • 管理ユーザーの追加

どこまでが制作会社側の担当で、どこまでが発注者側の担当なのかを明確にしておきましょう。

また、カスタマイズした部分が多い場合、WordPress自体がアップデートされたときの対応内容や発生する費用を制作会社側と明確に決めておきましょう。

WordPressのアップデートに伴い、カスタマイズした部分の修正作業が発生する可能性が高いからです。

WordPressの得意な制作会社に相談する

WordPressのメリット・デメリットとWordPressを利用してホームページ制作を発注する場合の注意ポイントをご紹介しました。

要件次第ではWordPressを使わない、他の CMS を利用するという決断もありえると思います。あくまでもホームページを作成するためのひとつの選択肢です。

WordPressの導入を相談できる制作会社をお探しの場合は、こちらをご覧ください。
WordPress対応可能のホームページ制作会社一覧 | HP制作会社の比較なら | Web幹事 WordPress対応可能のホームページ制作会社一覧 | HP制作会社の比較なら | Web幹事 WordPress対応可能のホームページ制作会社一覧です。Web幹事は、日本最大級のホームページ制作依頼・相談サービス。地域や目的、業界など様々な切り口であなたにぴったりの...