WordPressの企業向けテーマ。コーポレートサイト制作に活用したいテーマ8選と選び方のポイント

デザインが古くなったコーポレートサイトのリニューアルを考えている企業は多いと思います。
しかし、現実にはいつまでたってもリニューアルを実現できない状況も多々あります。
モヤモヤとした気持ちを抱え自社のサイトを眺めるビジネスパーソンも多いのでは。

サイトのリニューアルをなかなか実現できない理由には、例えば

  • 「制作会社にリニューアルの見積もりを依頼したが、予想以上に費用が必要で断念した」
  • 「Webを担当する人間がいないので、リニューアルしても管理・維持できないと思う」
  • 「上司の要求水準が高く、なんとなくリニューアルを先延ばしにしてしまっている」

といった悩みがあるのではないでしょうか。こうした問題を解決するために、WordPressの導入を検討している企業も多いはず。

WordPressはカスタマイズ性の高いデザインテーマが豊富に用意されていますので、それらを上手に活用すれば低コストで高品質なサイト構築が実現できるからです。

本記事では、WordPressの導入を検討しているWeb担当者向けに、オススメのテーマと、その選び方のポイントをご紹介。また実際にWordPressを使ってコーポレイトサイト制作している企業の成功事例もご紹介します。

※WordPressを使ったホームページ制作を依頼したい方はこちらからご相談ください。

【無料】プロにホームページ制作会社を紹介してもらう

目次
  1. 1. 【有料・無料】コーポレートサイト向きWordPressテーマ8選
    1. 1-1. コーポレートサイト制作に活用したい有償のWordPressテーマ4選
    2. 1-2. コーポレート制作に活用したい無償のWordPressテーマ4選
  2. 2. コーポレートページに適したテーマを選ぶポイントとは?
    1. 2-1. 商用利用可能なテーマかどうか?
    2. 2-2. 日本語対応されているテーマかどうか?
    3. 2-3. セキュリティ要件の担保がされているテーマかどうか?
    4. 2-4. サポートがしっかりしているテーマかどうか?
    5. 2-5. カスタマイズが容易に行えるテーマかどうか?
  3. 3. WordPressのテーマのコーポレートサイト活用事例10選
    1. 3-1. 株式会社カカクコム
    2. 3-2. 株式会社LIFULL
    3. 3-3. 博報堂
    4. 3-4. クックパッド株式会社
    5. 3-5. 株式会社ZOZO
    6. 3-6. 楽天株式会社
    7. 3-7. ラクスル株式会社
    8. 3-8. チームラボ
    9. 3-9. 東京藝術大学
    10. 3-10. 浦和レッドダイアモンズ
  4. 4. 【コラム】WordPressでコーポレートサイト制作を進める際に気をつけるポイント
  5. 5. WordPressを活用した企業サイト制作 まとめ
    1. 5-1. ホームページのデザインをプロに任せたい方へ

【有料・無料】コーポレートサイト向きWordPressテーマ8選

コーポレートサイト制作に活用したい有償のWordPressテーマ4選

Lightning Pro|初心者にも扱いやすい国産テーマ

Lightning Pro

https://lightning.nagoya/ja/

Lightning Proは、初心者にも扱いやすい国産のWordPressテーマです。
カスタマイズ性も高く、デザインスキンのプログラムをインストールすることで、デザインのバリエーションを増やすこともできます。

Pro版専用の「法律事務所」「介護訪問サービス」「アトリエ系建築事務所」等、業種別のデモサイトのコンテンツデータをインストールすれば、テキストや写真の入れ替えだけでサイトが完成。

Webサイト作成が急務であるけれども、制作時間にコストを割けない場合にも最適なテーマ。
無料版もあるので、試験運用してみて使い勝手が良かったらPro版に移行するのも良いでしょう。

価格
Lightning Pro 7,700円

TCD|国内シェアトップクラスのWordPress国産テーマのトップブランド

TCD

https://design-plus1.com/tcd-w/

TCDは国内シェアトップクラス、累計10万ユーザーを超えるWordPressテーマトップブランド。
独自の機能が豊富に搭載されており、低コストでハイクオリティなサイトデザインを構築できるので非常に人気の高い国産WordPressテーマです。

TCDブランドには、コーポレートサイトのほか、ECサイト・ブログ・ギャラリー・アフェリエイトなど様々なジャンルに向けたテーマがラインナップされています。

コーポレートサイト向けのテーマ「FAKE」では、トップページに背景動画を挿入することも可能。
オリジナル作成のサイトにも引け劣らない最新のトレンドを意識したWebサイトを作成できます。

価格
FAKE 22,800円
他のテーマ 7,980円〜39,800円

Habakiri|シンプルな操作設定が魅力的な国産テーマ

Habakiri

https://habakiri.2inc.org/

Habakiriは、モバイルファースト設計で開発された国産のWordPressテーマです。
またスピーディーに編集・更新ができる作業環境となっているのも大きな特徴です。
そのほかにも

  • ページ表示高速化対応
  • カスタマイズが簡単なテーマカスタマイザーを搭載
  • 固定ページテンプレートを7種類用意
  • 3種類のアイコンフォント(Genericons・Glyphicons・Font Awesome)を使用可能

といった主な特徴があります。デザインスキンやアドオン(テーマに後から追加できる拡張機能のこと)を使用しカスタマイズ性を高めることも可能。

Webを管理する側にとっても使いやすいテーマで、ユーザーの反応を見ながら、こまめにアップデートを図るといったことも簡単に行えるので初心者におすすめです。

価格
Habakiri テーマ自体は無料
Habakiri用デザインスキン(3種類) 4,320円

ハミングバード|豊富なアニメーション表現が魅力的な国産テーマ

ハミングバード

https://open-cage.com/hummingbird/

ハミングバードは「誰が使っても簡単に美しいブログサイトを!」をコンセプトに開発されたWordPressテーマ。

最大の特徴は、アニメーション機能。専門知識無しに簡単に動きのあるサイトを構築できます。
また、スマートフォンでの使用を最優先に考慮したモバイルファースト設計を採用。その他にも

  • 商品やサービスのランディングページを作成する機能
  • プラグインを追加せずにSNSシェアボタンを表示する機能
  • スライドショーを簡単に設置できる機能

といった特徴があります。テーマカラーやテーマデザインも、いくつかのパターンから選択可能。コーポレートサイトにオウンドメディア的な要素も盛り込んでいきたい場合などにオススメです。

価格
HUMMING BIRD 7,980円

コーポレート制作に活用したい無償のWordPressテーマ4選

WordPressには無償で利用できるテーマも豊富に存在します。
ある程度の知識があれば、ほとんどデザイン費用をかけないで、高品質なサイトも制作できます。

BusinessPress|GPLライセンスで無償利用可能な国産テーマ

BusinessPress

https://demo.businesspress.jp/businesspress/

Business PressはGPLライセンスで無償利用可能なビジネスサイト向けのWordPressテーマ。
GPLライセンスは、ソースコードの改変や再配布なども認められている制約のないオープンソースライセンスのこと。

シンプルで美しいテーマなので、どんなコーポレートサイトにも合うデザイン。そのほかにも

  • 美しいタイポグラフィー(文字組の美しさ)を重視
  • WordPress5.0から採用された新しいテキストエディター「Gutenbergエディター」に対応
  • 豊富なカスタム要素が標準で搭載

といった特徴があります。

BizVektor|GPLライセンスで無償利用可能なSNS連携に強いテーマ

BizVektor

https://bizvektor.com/

BizVeKektorは、利用に制約がないGPLライセンスで無償利用が可能なWordPressテーマ。
カスタマイズ性が非常に高く、SNS連携にも強いのが特徴です。

管理画面の「外観」から「テーマオプション」を選択すると、「デザイン」「 SEO・GA」「スライドショー」「SNS連携」といった詳細なカスタマイズが行えます。

SNS連携では、FacebookやTwitterなどのSNSアカウントと簡単に連携できるのも便利です。

Xeory Extension|コンテンツマーケティングに強いテーマ

Xeory Extension

https://xeory.jp/template/xeory-extension/

Xeory Extensionは1カラム型サイトにコンテンツマーケティングブログ機能を搭載したテーマ。

コンテンツマーケティング・Webサイト制作で評判の高い「バズ部」を運営している株式会社ルーシーが開発したテーマなので、オウンドメディア的な要素を兼ねあわせたコーポーレイトサイトを作成したい場合には特にオススメです。

主な特徴に

  • SNS・アナリティクス・meta情報が管理画面から設定可能
  • CTA(引き合いを獲得する施策のこと)を管理画面から設定可能
  • LP(ランディングページ)の作成を管理画面から設定可能
  • 5パターンのカラーバリエーション・3パターンのカラムレイアウト

といったものがあります。

Attitude|士業やクリニックなどの専門サイトに人気のテーマ

Attitude

https://www.themehorse.com/themes/attitude/

Attitudeは、士業やクリニックなどの専門サイトに人気のテーマです。

海外のテーマですが、設定方法も簡単なので、一度使い方を覚えてしまえばカスタマイズも簡単。
誠実で落ち着いた雰囲気なので、顧客からの信用が重視される業種に向いたテーマの一つです。

有償のプロ版ではフォントファミリーやカラーオプション機能が追加され、さらに自由なカスタマイズが可能になっています。

コーポレートページに適したテーマを選ぶポイントとは?

商用利用可能なテーマかどうか?

開発者ページで事前に利用規約等を確認し、商用利用可能なテーマかどうかチェックしましょう。

用利用が可能でも著作権などのクレジット表記や開発元サイトへのリンクが必要な場合があり、デザインに最初から表記されていることも。

大抵は目立たないような表示ですが、サイトイメージを崩す場合もあるので注意しましょう。

日本語対応されているテーマかどうか?

テーマが日本語対応しているかどうかも重要なポイントです。
欧文フォントでは格好良いサイトでも、和文フォントに置き換えると文字の配列が崩れる場合も。

また、英語が苦手な人にとっては編集やカスタマイズも一苦労。
WordPressの採用を検討している時点で、複数人による管理を想定するケースが多いと思います。

国産テーマも豊富なのがWordPressを導入するメリットの一つなので、迷った場合は誰でも理解できる日本語対応のテーマを選んでおくほうが無難です。

セキュリティ要件の担保がされているテーマかどうか?

おしゃれなデザインでもセキュリティ面で不安があれば、企業サイトに採用してはいけません。
テーマによってはアップデートが止まっていたり、サポートが終了しているものもあります。

また、テーマ開発者も玉石混交で、セキュリティ面に不安要素があるテーマも存在するので注意。
セキュリティ面を最優先に意識するなら、導入している企業が多いテーマを選ぶとより安心です。

サポートがしっかりしているテーマかどうか?

無料のテーマにも有料テーマと同等のカスタマイズができるものが存在します。

しかし、無料テーマは、基本的に十分なサポートは期待できません。
初心者はカスタマーサポートがある有料テーマを選ぶほうが良いでしょう。

サイトを運営・管理する中で「サイトが表示されなくなった」「ログインできなくなった」など、早急に対処しないと致命傷となる不具合が発生することも十分に有り得ます。
ある程度の規模を持った企業ではトラブルシューティングも想定してテーマ選びをしましょう。

カスタマイズが容易に行えるテーマかどうか?

「カスタマイズ性の高さ」というのは、WordPressテーマを選ぶ上で非常に重要なポイントです。

最先端のデザイントレンドを取り入れたかっこいいテーマであっても、カスタマイズ性が低いとイメージ通りのサイト構築は難しくなります。

逆にシンプルなテーマであっても、カスタマイズ性が高いとテキスト・画像・動画・プラグイン・アイコン・テーマカラーなどを工夫して、オリジナリティのあるサイトを制作できます。

画像など「ビジュアル」中心のテーマは、画像が変わるだけで、かなりイメージが異なります。
テーマインストール後、ダッシュボード「テーマ」のテーマ一覧から該当テーマを探しましょう。

そのテーマに「有効化」と「ライブプレビュー」というボタンがあります。
「ライブプレビュー」は、プレビュー画面上で編集できる機能。

いくつか画像を用意した上で、自社サイトのクリエイティブを挿入した場合のビジュアルイメージを事前に確認してみましょう。

特に海外のテーマは、日本の商品やモデルの写真を入れると、違和感が出る場合もあるので注意。
また、テーマ開発元サイトではデモサイトや実際の導入事例を参照できるので参考にしましょう。

WordPressのテーマのコーポレートサイト活用事例10選

WordPressを導入している企業も数多くあるので、ここでは代表的な活用事例10選を紹介します。オリジナルのテーマを使っていたり、一部のクリエイティブに注力して、独自性を高めているサイトも含まれていますが、既存のテーマを使ったサイトでも実現できるアイデアがたくさん。

ぜひ参考にしてみてください。

株式会社カカクコム

株式会社カカクコム

https://corporate.kakaku.com/

株式会社カカクコムのコーポレートサイト。
最先端のデザインを採用せずともユーザーから信頼される企業サイトを作れることがわかります。

業種によってはスタンダードなデザインの方が、商品やサービスとマッチすることも多いです。

こうした定番のデザインテーマは数多く提供されていますので、デモサイトや活用事例などを参考にして自社の雰囲気にあったものをセレクトしてみましょう。

株式会社LIFULL

LIFULL

https://lifull.com/

住宅・不動産ポータルサイト「LIFULL HOME'S」などの企画・運営を行う株式会社LIFULLのコーポレートサイト。

シンプルなテーマでも、トップ画面にプラグイン等でスライドショーを挿入するだけで、ぐっとビジュアルに訴えかけるデザイン。

テーマ自体は有料テンプレートや、無料テーマでコストを抑え、スライドショーや動画をプロのデザイナーやプログラマーに作成を依頼するといった方法も。

どこに高品質なコンテンツを用いアピールするかは、Webディレクションでも重要なポイント。
こちらの事例を参考にしてみてください。

博報堂

博報堂

https://www.hakuhodo.co.jp/

博報堂のコーポレートサイトです。
ミニマルデザインで非常にシンプルなサイトですが、テキストのアニメーション表現が秀逸です。

様々なクリエイティブを作成する広告代理店だからこそ、特定イメージに寄らない表現を採用。
文字の動きが目を引くので、キャッチコピーがより印象に残ります。

クックパッド株式会社

クックパッド株式会社

https://info.cookpad.com/

クックパッド株式会社のコーポレートサイトです。

クックパッド本体のサービスはWordPressではありませんが、企業情報や採用情報などを掲載しているこちらはWordPressを使用。
Webサービス系の企業は、サービス本体の維持管理だけでもかなりのコストがかかっています。

コーポレートサイトは思い切って、WordPressのテーマをカスタマイズする方式で、サイト構築してしまうと費用も管理コストも抑えることができるでしょう。

株式会社ZOZO

株式会社 ZOZO

https://corp.zozo.com/

株式会社ZOZOのコーポレートサイトです。

ユーザーに女性が多い企業は、スマートフォンからのアクセスが多い傾向にあるので、モバイルファーストなサイト設計が重要になってきます。

PCから見るとシンプルですが、スマホでは非常に見やすいサイトですね。

現在はレシポンシブルデザイン採用のテーマがほとんどですが、微妙に使い勝手が違います。
上記の条件に当てはまる企業はモバイルファースト設計を重視するテーマを選ぶと良いでしょう。

楽天株式会社

楽天株式会社

https://corp.rakuten.co.jp/

楽天株式会社のコーポレートサイト。

非常にシンプルなデザインを採用していますが、トップページでは動画がメインコンテンツ。
近年はトップ画面や背景画面などに動画を流すコーポレートサイトも増えてきています。

サイト自体はシンプルなWordPressテーマを採用し、動画に一点集中してWebコンテンツの質を高めていく方法としても同サイトは参考になりますね。

ラクスル株式会社

ラクスル株式会社

https://corp.raksul.com/

ラクスル株式会社のコーポレートサイトです。

トップページは全面スライドショーの写真となっています。
WordPressのテーマの中には、このようなビジュアル重視のサイト構築も可能なものが沢山。

プロのフォトグラファーに依頼して、良い画像素材を制作できれば、既存のテーマでも十分にインパクトのある企業サイトが構築できるので、こちらのサイトを参考にしてみてください。

チームラボ

チームラボ

https://www.team-lab.com/

チームラボのコーポレートサイト。

Webサイトのデザインよりも、自社の制作物を前面に押し出したいケースでは、シンプルなテーマを採用するのも一つの選択肢。

ミニマルデザインは、フォトグラファーやデザイナーなどのアート系のフリーランサーがポートフォリオで好んで採用しています。

無料テーマを使っても十分に実現可能なデザイン事例なので、参考にしてみてください。

東京藝術大学

東京藝術大学

https://www.geidai.ac.jp/

東京藝術大学のサイトです。

近年は、大学のサイトでもWordPressが採用されている事例が増えてきました。
教育事業では、各種の連絡や告知などWebサイトが学校運営の重要な要素となっています。

また、複数人がサイトを管理して、情報を提供していくという観点からもWordPressを活用する意義は大きいと言えるでしょう。
学校のサイトは若い世代に訴求していく必要があるので、Webサイトのデザインは非常に重要。

古いサイトのままになっている学校のWeb担当者は、定期的にリニューアルができるようにするためにもWordPressへの移行も視野に入れてみましょう。

浦和レッドダイアモンズ

浦和レッドダイアモンズ

http://www.urawa-reds.co.jp/

浦和レッドダイアモンズのサイト。

スポーツチームのWebデザインで一番重要なのは、チームカラーです。
WordPressテーマの中には、テーマカラーを自由に変更できるものも数多く提供されています。

チームカラーを貴重にしたデザインテーマが準備できれば、すでにデザイナーに作ってもらっているロゴやバナー画像など活用するだけで、ファンが共感するサイトを作ることも簡単にできます。

【コラム】WordPressでコーポレートサイト制作を進める際に気をつけるポイント

コーポレートサイトは企業の顔であり、十分な検討の上でサイト構築していく必要があります。
例えば、盛り込むべき基本要素には以下のようなものがあります。

  • 商品・サービスのコンセプトを説明したり、商品情報を伝える
  • 顧客の問い合わせ窓口になる
  • 企業理念共感してもらい、優秀な人材獲得に結びつける
  • 利用規約・個人情報の取り扱いなど法的な事柄を記載する

業種によって基本項目が少し異なってくると思いますが、どんなページが必要になるかは、同業他社のサイトを複数比較してみるのが、一番参考になると思います。

中には、ライバル企業サイトが、既存のWordPressテーマをカスタマイズするだけでは、表現できないデザインや機能を採用しているケースもあるかもしれません。

こうした状況では、プロの制作会社の力を借りることも大切。
ライバル企業への対抗のためWeb戦略として、社内プレゼンで上司を説得するのも可能でしょう。

また、全体をプロの制作会社に依頼する余裕がない場合は、動画クリエイティブやプラグインなど、一部のパーツを外注するだけでもサイトの品質を向上できます。

Web制作会社に依頼するメリットは、作って終わりではなくセキュリティ面も含めて長期的な運営をもとに要件を固めて伴走してくれる点にもあります。
自社で制作体制が整っていない場合は、外注も視野に入れて検討してみることが大切です。

WordPressを活用した企業サイト制作 まとめ

リニューアルの費用が高いという悩みは、既存WordPressテーマの活用で解決します。
有料テーマの価格帯を見ても、1からWebサイトを作り直す費用に比べてかなりリーズナブルと感じたのではないでしょうか。

また、複数人で管理しやすいWordPressを導入することで作業の効率化も図れます。

新商品紹介ページは商品部、ニュースページは広報部など分担した運営・管理を考えましょう。
誰か一人に負担が集まってしまうような事態を回避する作業環境も十分に作れると思います。

まずはWordPressを導入してみて、後からテーマを変更することも比較的簡単。
資金が少ない状況では無料テーマを活用し、十分な資金が確保できてから有料のテーマやプロの制作会社に依頼したオリジナルテーマへ移行するといったことも可能です。

WordPressに強いホームページ制作会社を探す場合は、下記の記事も参考にしてください!
関連:
WordPressに強い優良ホームページ制作会社をプロが厳選!

ホームページのデザインをプロに任せたい方へ

ホームページ制作会社なかなか探す時間がないという方は、ぜひWeb幹事にご相談ください。
Web幹事は、あなたに最適な制作会社を「人力で」マッチングするサービス。
実際にWeb制作・運用を経験したプロのコンサルタントが対応するため、業者選びの手間なく、質の高いマッチングを受けることが可能です!

コンサルタントのご紹介 Web幹事 コンサルタント 岩田真 岩田 Web制作会社を設立し、
3年間で上場企業を含む50社以上制作に携わらせていただきました。

様々なお客様のWeb制作を実際に行ってきましたので、
初心者の方でも安心してご相談ください!

あなたの目的や予算にに合わせて最適な会社をご紹介させていただきます。
ご相談はもちろん無料。また紹介された会社に必ず発注する必要はありません。

【無料】ホームページ制作会社を紹介してもらう