XMLサイトマップ(sitemap.xml)作成&送信方法マニュアル【専門知識不要】

  • 「XMLサイトマップってエンジニアしか作れない?」
  • 「初心者でもXMLサイトマップを作る方法はないか?」
  • 「XMLサイトマップを自動的に作ってくれるツールはないか?」

難しそうに思えるXMLサイトマップ(sitemap.xml)ですが、実は専門知識がなく作成できます。

本記事では、XMLサイトマップの

  • 作成方法
  • 設置方法
  • 送信方法

3つのポイントを解説します。

XMLサイトマップの設置方法では少し複雑な部分がありますが、その部分だけエンジニアに聞けば大丈夫なので、安心してください。

目次
  1. 1. XMLサイトマップ(sitemap.xml)とは?
    1. 1-1. XMLサイトマップの役割
    2. 1-2. XMLサイトマップが必要になるケース
  2. 2. XMLサイトマップ(sitemap.xml)の作成方法
    1. 2-1. 自動作成ツールを使う場合
    2. 2-2. WordPressを利用している場合
  3. 3. XMLサイトマップ作成に関する3つの注意点
    1. 3-1. URLの表記揺れに注意(正規化しているURLを登録する)
    2. 3-2. ページがnoindexになっていないかチェック
    3. 3-3. サイトが大規模の場合はファイルを分ける
  4. 4. XMLサイトマップをアップロードする
    1. 4-1. FTPソフト(File Zilla)をダウンロード
    2. 4-2. XMLサイトマップをサーバーにアップロード
  5. 5. XMLサイトマップの送信方法
    1. 5-1. sitemapを取得できませんでしたと出た場合
  6. 6. 【まとめ】XMLサイトマップ(sitemap.xml)の作り方
    1. 6-1. SEO対策をプロに依頼したい方へ

XMLサイトマップ(sitemap.xml)とは?

作成方法の前に、XMLサイトマップの役割と必要なサイトを解説します。

SEO対策に効果的なXMLサイトマップですが、不要なケースも存在します。
余計な時間を割かないように、正しい知識を身につけましょう。

XMLサイトマップの役割

XML

XMLサイトマップは、サイト内の構造やコンテンツ(画像や動画も含む)を検索エンジンに「早く」「的確に」理解してもらうためのファイルです。

検索エンジンのクローラー(巡回ロボット)が一つ一つのページを見てサイトを理解するには時間がかります。そこでサイト内の構造やコンテンツを一つのファイルにまとめることでクローラーのサイト理解を助けます。

サイトマップ

サイトマップには、上のようにユーザーにサイト構造を理解してもらうための「HTMLサイトマップ」もありますが、XMLサイトマップは検索エンジンに向けたもの。
ユーザーが見ることはなく、SEO効果を期待して作成するものです。

XML_1

また、上のようにページが適切にリンクされていないサイトでも、XMLサイトマップを作成することでクローラーに気づかれるよう促すことができます。

XMLサイトマップの作成と同時にサイトの整理を優先! 適切にリンクされていないページがある状態は、ユーザーがそのページにたどり着けない可能性が高く、ユーザビリティを損ねます。XMLサイトマップを作成することも大切ですが、同時にユーザーの利便性が上がるようにサイト構造を改善しましょう。ユーザビリティが悪いとSEOにも悪影響。サイトマップの作成と同時進行でサイトの整理を行ってください。

XMLサイトマップが必要になるケース

XMLサイトマップが必要な4つのサイト

XMLサイトマップは間接的なSEO効果を期待するものですが、絶対に必要なものではありません。
GoogleもSearch Consoleヘルプで公式にXMLサイトマップが必要なサイトを明記しています。

①500ページ以上ある
→サイズが大きく構造やコンテンツの理解に時間がかかるため

②サイト内リンクができていない
→ページが相互に参照されていないとクローラーが見落とす可能性があるため

③外部からの被リンクが少ない
→クローラーはページとページのリンクを巡るため、外部リンクが少ないと検出されにくい

④多くの画像や動画がある
→リッチメディアコンテンツ(画像や動画)はテキストに比べて的確に情報を検出しにくいため

  • コンテンツ量が少ない
  • サイト内リンクができていない
  • 外部からの被リンクが少ない

このようなサイトであれば、XMLサイトマップを作成してもSEO効果が薄まってしまいます。
先にコンテンツを充実させた方がSEO対策に効果的なので、以下を優先した方がいいでしょう。

  • コンテンツ量を充実させる
  • 被リンクしてもらえる優良コンテンツを作る
  • サイト構造を整える

もちろんXMLサイトマップの作成は簡単なので、同時進行でも構いません。

良いサイトを作るためにはサイト構造の整理が必要 良いサイトを作るためには、まず検索エンジンやユーザーの利便性が良い構造かどうかを判断する必要があります。XMLサイトマップの作成前に、サイトそのものの構成図としてサイトマップを作りたい方は以下の記事を参考にしてください。
サイトマップ(構成図)をエクセルで簡単に作成する方法【テンプレート付き】

XMLサイトマップ(sitemap.xml)の作成方法

ここからXMLサイトマップの作り方を詳しく説明します。手動でコードを書くこともできますが、エンジニアの知識がないと困難。そこで今回は自動作成ツールを使った方法を紹介します。

自動作成ツールを使う場合

『sitemap.xml Editor』【無料】

sitemap.xml Editor

おすすめの自動作成ツールは『sitemap.xml Editor』。
取得できるURLは最大1,000までと制限がありますが、無料でしかも数分で作成してくれます。1,000ページを超えるURLのサイトは次に紹介する有料の自動作成ツールをご利用ください。

STEP1:URLを入力

sitemap.xml Editor_1

sitemap.xml Editor』に行き、XMLサイトマップを作りたいサイトのURLを入力します。

STEP2:オプションを選択

sitemap.xml Editor_2

①最終更新日
URLのコンテンツが最後に更新された日を自動で取得します。
クローラーは更新があったURLを優先的に巡回するので「する」を選択しましょう。

②サイトの更新頻度
検索エンジンにサイトの更新頻度を指定します。必ず指定された頻度に合わせて巡回してくれるわけではないので、「記述しない」のままで構いません。

③優先度
自動でサイト内のページの優先度を設定してくれます。「する」を選択しましょう。

④除外ディレクトリ
サイトマップから除外したいURLを指定します。
1,000URLまでしか取得できないので、除外したいURLがあれば指定します。

⑤同一タイトルURLの除外
サイト内にある同じタイトル同じ内容のページを除外してくれます。「する」を選択しましょう。

sitemap.xml Editor_3

オプションを選択し終わったら「サイトマップ作成」を押すだけ。数分で完成します。

STEP3:作成したサイトマップをダウンロード

sitemap.xml Editor_4

XMLサイトマップが完成したら上の画面になるので、ファイルをダウンロードをクリックしてください。

sitemap.xml Editor_5

上のような複雑なコードが作成されていればOKです。

【有料】Xml-Sitemaps.com

Xml-Sitemaps.com

1,000ページを越えている上に、XMLサイトマップ作成をお願いするエンジニアもいない場合におすすすめは『Xml-Sitemaps.com』。

すべて英語ですが、URLを入力するだけで作成できるので難しくありません。
有料版は150万ページまで作成可能で月々3.49USドル(※2020年1月時点)。
500ページまで無料で試せるトライアルもありますので、一度利用してみてください。

WordPressを利用している場合

Google XML Sitemaps

WordPressを利用している場合、XMLサイトマップを作るにはプラグインを使います。

最もメジャーなプラグインがGoogle XML Sitemaps

記事を更新したときも自動でサイトマップを更新し、検索エンジンに自動的送信もしてくれる便利なツールです。

これから使い方を説明しますが、驚くほど簡単なので試してみてください。

WordPressで新しいプラグインを使うときはバックアップを取ろう WordPressで新しいプラグインを使うと不具合が発生することがあります。万が一の場合もすぐ復元できるように、インストール前にバックアップを取りましょう。バックアップの方法をご存知ない方は、以下の記事を参照してください。
【初心者も安心】WordPressのバックアップを取る方法とおすすめプラグイン3選

Google XML Sitemapsの使い方

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsをインストールするときは最初に、プラグインを追加→Google XML Sitemapsで検索し、インストール後に有効化します。

Google XML Sitemaps_1

続いてダッシュボードの「設定」→「 XML Sitemap」をクリックしてください。

Google XML Sitemaps_2

下にスクロールすると、いくつかのチェック項目があります。基本的にはそのままで構いません。
上のようにデフォルトの状態から項目を変更したい場合はチェックマークを変えてください。

Google XML Sitemaps_3

「投稿の優先順位」はコメント数になっています。コメント機能を実施していない場合やコメント数を優先したくない場合は、一番上の「優先順位を自動的に計算しない」をチェックしましょう。

Google XML Sitemaps_4

チェック項目を選んだら一番下にある「設定を更新」を押します。これだけで自動的にXMLサイトマップを作成してくれます。

All in One SEO Packもサイトマップ作成が可能 WordPress利用者の中には『All in One SEO Pack』のプラグインを使用している方が多いと思います。同プラグインでも「機能管理」→「XMLサイトマップ」を選ぶだけで自動的に作成してくれます。Google XML Sitemapsと大差はないので、『All in One SEO Pack』を使用している方は利用してください。

XMLサイトマップ作成に関する3つの注意点

XMLサイトマップ作成の注意点

URLの表記揺れに注意(正規化しているURLを登録する)

XMLサイトマップの作成時に注意したいことは「URLを正確に入力する」。WordPressのように自動的にURLを取得してくれるものは問題ありませんが、手動で入力する場合は

  • wwwの有無
  • index.htmlの有無
  • 「http」と「https」

これらの表記揺れに注意しましょう。
URLを正規化している場合は、1文字でも間違っていると正しいサイトマップが作成できません。
完全修飾 URL(完全に一致した正しいURL) を入力しましょう。

ページがnoindexになっていないかチェック

サイトの中にnoindexにしているページがある場合は注意です。

低品質のページや重複コンテンツなど、検索結果に表示されないように意図してnoindexにしているページがある場合、XMLサイトマップに登録して送信すると、「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」とエラーメッセージが出てしまいます。

XMLサイトマップを作成する前に、noindexのページがないかチェックし、あれば作成時に取得を除外するようにしましょう。

サイトが大規模の場合はファイルを分ける

XMLサイトマップの最大サイズは、次のように規定されています。

  • 50,000URLまで
  • 圧縮されていない状態で50MB まで

上記を超える場合は、『サイトマップ インデックス ファイル』を使用して、このファイルだけをGoogleに送信しましょう。
その他のXMLサイトマップ作成の注意点に関しては『Search Consoleの一般的なサイトマップに関するガイドライン』を参考にしてください。

XMLサイトマップをアップロードする

自動作成ツールや手動でXMLサイトマップを作ったら、次にサイトマップを「http://xxx.com/sitemap.xml」のようにサーバーにアップロードします(WordPressの場合は不要)

クローラーがWebサイトを巡回したときに

  • どこにサイトマップのURLがあるのか知らせる
  • URLにアクセスしたときにサイトマップを取得できるようにする

この2点を行うためです。サーバーにアップロードするにはFTPソフトを使う必要があります。

FTPソフトとは、サーバーにXMLサイトマップなどのファイルを送るソフト。
まだ使ったことがない方は「自分には無理そう」と思いがちですが、無料でダウンロードできる上に使い方も簡単です。

ここではMacもWindowsも両方、無料で使える『File Zilla』の使い方を説明します。

WordPressのプラグインは、自動的にサイトマップをサーバーに設置してくれるので、次の章の「XMLサイトマップの送信方法」に進んでください。

FTPソフト(File Zilla)をダウンロード

File Zilla

File Zilla』の画面左の「Download FileZilla Client」の方をクリックしてください。

File Zilla_1

Mac、Windowsなど自分のOSを選びダウンロードしましょう。

File Zilla_2

上の画面に移動するので一番左の「File Zilla」をダウンロードしてください。

File Zilla_3

利用規約です。英語なので無視して右下の「Agree」をクリックします。

File Zilla_ロゴ

上の画面が現れますので、ロゴをダブルクリックしたらFile Zillaのダウンロード完了です。

この後、File Zillaでサーバーの設定を行います。各サーバーごとに設定方法は違いますので、以下の公式ガイドを参考にしてください。

XMLサイトマップをサーバーにアップロード

XMLサイトマップをサーバーにアップロード

FTPソフトを設定したあとは以下の手順を進めます。

File Zillaを開いて一番上の「ファイルマネージャーをクリックすると上の画面が現れます。
左側にある「自分のサイト」の中から設定したサーバーをクリックしてください。

XMLサイトマップをサーバーにアップロード_1

上の画面に変わるので、作成したXMLサイトマップを右側にドラッグします。
このとき、/sitemap.xml でアクセスできる場所に置きましょう。

ここは専門知識が必要なため、不明な場合はWebサイトの制作会社に聞いてください。

これでサーバーへのアップロードは完了です。

XMLサイトマップの送信方法

せっかくサイトマップを作成してもGoogleに伝えないと意味がありません。

XMLサイトマップを送信するには、robots.txtを用いる方法もありますが、エンジニアでないと難解なので、誰でもできるGoogle Search Consoleを使う方法を紹介します。

Google Search Consoleの登録がまだの方は下の記事を参考に登録を行ってから以下の手順を進めてください。

【入門版】Google Search Consoleの登録・設定方法&使い方【スタートアップガイド】

XMLサイトマップの送信方法

Search Consoleでサイトマップを送信するには、画面左「インデックス」の「サイトマップ」をクリックし、作成したサイトマップのURLを入力して送信するだけ。

XMLサイトマップの送信方法_1

「サイトマップを送信しました」とメッセージが表示されたら成功です。
徐々に検索エンジンのクローラーがサイトを巡回してくれます。

sitemapを取得できませんでしたと出た場合

sitemapを取得できませんでしたと出た場合

上のようにサイトマップのステータスが「取得できませんでした」となった場合、まずはURLが間違っていないかチェックしてください。

sitemapを取得できませんでしたと出た場合_1

また、無料の『XMLサイトマップ確認ツール』を使うのもオススメ。XMLサイトマップのURLを入力するだけで下のようにエラーが検出できます。

sitemapを取得できませんでしたと出た場合_2

【まとめ】XMLサイトマップ(sitemap.xml)の作り方

以上、XMLサイトマップの作成方法を解説しました。

エンジニアの領域に思えるサイトマップも、自動作成ツールを使うだけで専門知識なく、誰でも作れます。

以下の3つに注意しつつ、XMLサイトマップを作ってサーチコンソールで送信してください。

  • 正規化しているURLを登録する
  • ページがnoindexになっていないかチェック
  • サイトが大規模の場合はファイルを分ける

ただし、サイトマップ作成と同時に意識すべきは「サイトそのものを整理する」こと。
乱雑なサイトマップを提出しても、SEO効果は期待できません。

  • 検索エンジンが巡回しやすいサイト構造
  • ユーザーが知りたい情報にたどり着きやすいサイト

この2つを意識しつつXMLサイトマップを作成しましょう。

XMLサイトマップはSEO対策である内部対策の一つ。他にもサイト内の構造を整理すべき項目はいくつもあります。以下の記事を参考に、サイト内の交通整備を行ってください。

関連記事SEOの内部対策ガイドと15のチェックリスト

SEO対策をプロに依頼したい方へ

SEO対策をしたいけど、時間もなく、何から始めればいいか不安という方はWeb幹事にご相談ください。Web幹事は、あなたにあった最適なSEO対策会社や業界に特化している業者ををご紹介するサービスです。

SEO対策の経験者が丁寧に要件をヒアリングし、Web幹事の「データベース」から最適なSEO対策会社をご提案します。

コンサルタントのご紹介 Web幹事 コンサルタント 岩田真 岩田 Web制作会社を設立し、
3年間で上場企業を含む50社以上制作に携わらせていただきました。

様々なお客様のWeb制作を実際に行ってきましたので、
初心者の方でも安心してご相談ください!

相談料は「完全無料」。まずは相場の情報を知りたい方は下記の記事をご参考ください。

SEO対策に強い会社を紹介してもらう