LPと検索キーワードの関係性。キーワード調査、LP効果を最大化する方法を徹底解説

  • 「LP制作にあたり、キーワードとの関係性を知りたい」
  • 「検索キーワードの調査をしたいが、何をどのような手順でやるのか知りたい」
  • 「リスティングの品質スコアって何?」
  • 「LPで集客、売上を作りたい」

本記事はこのようなお悩みを持つ方のための記事です。

【この記事のポイント】

  • LPと検索キーワードの関係がわかる
  • 検索キーワード調査の方法や効果がわかる
  • LP制作時、制作後に使用すべきオススメツールがわかる

ランディングページ制作と検索キーワードの関係性、リサーチの重要性を理解し、運用効果最大化のヒントをぜひ手に入れてください。

※ランディングページ制作に強い開発会社をお探しの方はこちら!

ランディングページ制作(LP)に強い制作会社まとめ

目次
  1. 1. LP制作時に検索キーワード調査をする効果とは?
    1. 1-1. 1. ユーザーの興味やニーズが分かり的確なコンテンツを提供できる
    2. 1-2. 2. リスティング広告の品質・評価が高まる
    3. 1-3. 3. 自然検索流入も狙うことができる
  2. 2. LP制作時に活用するキーワードを見つける5ステップ
    1. 2-1. 1. ターゲット読者を明確にする
    2. 2-2. 2. 検索キーワードのタイプを決める
    3. 2-3. 3. 関連キーワードを調べる
    4. 2-4. 4. 検索キーワードのボリュームを調べる
    5. 2-5. 5. 競合LPを調査する
  3. 3. LPのキーワード選びにおすすめのツール+α
    1. 3-1. Googleキーワードプランナー(キーワード調査)
    2. 3-2. Googleトレンド(キーワード調査)
    3. 3-3. Googleアナリティクス(LP公開後の改善)
  4. 4. まとめ+LP制作を依頼する際にスムーズな業者選定を行うポイント

LP制作時に検索キーワード調査をする効果とは?

LP制作時に検索キーワード調査をすることで、下記の3つの効果が期待できます。

  1. ユーザーの興味やニーズが分かり、的確なコンテンツを提供できる
  2. リスティング広告の品質、評価が高まる
  3. 自然検索流入を最大化することができる

1. ユーザーの興味やニーズが分かり的確なコンテンツを提供できる

1つ目の効果は「的確なコンテンツ提供」ができるようになること。
その理由は「検索キーワード」とは、ユーザーのニーズそのものだからです。

検索キーワードを調査することは、ユーザーのニーズを調査することにほかなりません。さらに想像力を働かせることで、その人物像がありありと見えてくることもあるでしょう。

結果として的確なコンテンツを提供できればLPのコンバージョンに繫がる可能性が高まるのです。

2. リスティング広告の品質・評価が高まる

2つ目の効果は「リスティング広告の品質、評価が高まること」です。

LP制作時にキーワード調査をしっかりと行うことで、LPのキーワードに対する関連性が上がり、リスティング広告の「品質スコア」の改善につながります。

「品質スコア」とは、キーワードに対するGoogleやYahoo!からの10段階の評価のこと。(なお、Yahoo!リスティング広告では「品質インデックス」と呼びます)広告の評価は、検索するユーザーにとって「良い広告」であるかどうかで決まります。
つまり、検索するユーザーが求める情報との関連性が高く、有益であればあるほど、品質スコアは上がります。

品質スコアが上がれば、低い入札単価でも掲載順位が高くなりクリック数が増加する可能性があり、広告効果の最大化が見込めます。

3. 自然検索流入も狙うことができる

3つ目の効果は「自然検索流入の最大化」です。
多くの場合LPへのアクセスは広告やSNS経由、オウンドメディアからのリンク経由等になります。

しかし、しっかりと検索キーワードを調査し、適切なコンテンツと構造で作られたLPでは、自然検索流入も期待できます。SEO対策と呼ばれるものです。

ユーザーのニーズを満たす内容であれば、検索結果でも上位表示される可能性があるからです。
自然検索流入は、あくまで副次的効果ではあります。

しかし、筆者が作成したLPでも、効果の高いLPほど、自然検索流入が多い傾向がありました。
そして、CVにも至っているとGoogleアナリティクスでのアクセス解析の結果から分かっています。

LP制作時に活用するキーワードを見つける5ステップ

ここから、LP制作時に活用するキーワードを見つける5ステップをお伝えします。

1. ターゲット読者を明確にする

1つ目は「ターゲット読者を明確にすること」です。
すべてのマーケティング・セールス活動は顧客から始まります。
したがって最初にやるべきことが「ターゲット読者を明確にすること」なのです。

ターゲットが決まらなければ、彼らがどのような悩みや期待を持ってLPを読み始めるか想像すらつきません。
結果、読者と訴求のずれが生じ、CVに至らない可能性が高まります。

ターゲット読者を明確にする方法の一例を下記に記載します。

  1. ターゲット像(年齢・性別・職業等)をはっきりさせる
  2. ターゲットの顕在ニーズ・潜在ニーズを想像する
  3. ターゲットがLPを読むことによるメリットを考える

一番大事なターゲット読者の明確化をまず行いましょう。

2. 検索キーワードのタイプを決める

2つ目は「検索キーワードのタイプ決定」です。
検索キーワードには以下の3つのタイプがあります。

  1. 取引型(トランザクショナル、do型)
  2. 情報収集型(インフォメーショナル、know型)
  3. 案内型(ナビゲーショナル、go型)

「取引型」には、何かアクションしたいというユーザーの意図が含まれています。
具体的には、下記のようなもの。

  • 商品を「購入したい」
  • ソフトウェアを「ダウンロードしたい」
  • 資料「請求したい」
  • 会員「登録したい」

何かしら、アクションさせることを目的とするLPにおいては、最も狙うべき検索キーワードタイプであるといえます。

「情報収集型」は、何かを知りたい・疑問や悩みを解決するための情報を収集したいという意図が含まれます。ユーザーの目的はあくまで「知る」のため、アクションには繋げづらいです。

「案内型」は、特定のサイトやウェブページを見つけたいという意図が含まれています。
例えば「Amazon」「YouTube」など。特定の商品名やサイト名がユーザーの頭の中にあります。

この中で成果(CV)に結びつきやすいのは、取引型、または案内型になります。
LP制作時には、特殊な事情を除いてはこの2つの型のキーワードを狙うようになるかと思います。

3. 関連キーワードを調べる

3つ目は「関連キーワード調査」です。
関連キーワード調査によって、メインキーワード以外のキーワードが見つかり、またユーザーのニーズや市場が分かるようにもなります。

たとえば「食事の宅配」の関連キーワード調査をしてみると「減塩食 宅配」や「高齢者 宅配弁当」などが出てきます。
同キーワードにはそこそこの月間検索ボリュームがあり、ニーズ・市場があることがわかります。

検索エンジンでメインキーワードを検索することでも情報を得られますが、便利なツールを使うと良いでしょう。(後ほどツールをご紹介します)

4. 検索キーワードのボリュームを調べる

4つ目は「検索キーワードのボリューム調査」。
この目的は、需要の大きさ・つまり市場の大きさを知ることです。

どんなに良いLPを作っても、そこにニーズが存在しない、または存在していても本当にごくわずかのニーズしかない場合、商品をたくさん販売できないかもしれません。

こちらも便利なWebツールがたくさんあります。のちほどツールもご紹介しますので、ぜひそちらを活用して、検索キーワードのボリュームは必ず調べてください。

また、筆者のオススメとしては検索エンジンでキーワードを打ち込んだ時に、競合などのリスティング広告が出るかどうかも確認することです。
すでに広告が出ている場合、そこに市場があることがわかります。

収益化の見込みがあるからこそ企業は広告を出しているのです。
逆に、広告が出ていない場合、ブルーオーシャンという可能性もありますが、収益化が見込めず(CVしない)広告出稿をしていない可能性の方が高いと考えられます。

5. 競合LPを調査する

最後は「競合LPの調査」。一般的な競合調査の目的は、大まかに下記の通りです。

  • 自社商品・サービスのマーケットにおける現在のポジションの把握
  • 競合の差別化ポイントの発見・対策
  • 競合が存在するのか、競合は多いのか少ないのかを知る
  • 競合LPのデザインの把握

競合調査を行わなかった場合、いくら素晴らしいデザインで魅力的な訴求であったとしても、競合がより強い訴求やより安価での商品提供をしていた場合、販促に苦しむ結果になります。

狙うべきキーワードが決まったら、LPで成果を出すため、競合調査も必ず行いましょう。

LPのキーワード選びにおすすめのツール+α

ここではLPのキーワード選び、またはLP公開の改善に使用すべきオススメツールをご紹介します。

Googleキーワードプランナー(キーワード調査)

Googleキーワードプランナー

参照:キーワードプランナー

1つ目は「Googleキーワードプランナー」。
キーワードプランナーは、キーワード調査やキーワードの選定をサポートしてくれるGoogleの公式ツールです。
他にもキーワードの検索ボリュームを知ることができるツールはたくさんありますが、まずはこちらがオススメです。

キーワードプランナーは、Google独自のデータにもとづき、新しいキーワードや検索ボリュームだけではなく、過去の傾向データも提供してくれます。
さらに、関連キーワードも取得したり、キーワードに対する競合性なども知ることができ、非常に役立つツールです。

一つ補足いたしますと、Google広告を使用していない場合、利用できる範囲が制限されるという点にご留意いただきたいです。
キーワードプランナーは2016年ごろに下記の仕様変更がありました。

Google広告をしていないユーザーは、

  • 平均検索数の表示がアバウトな表記に(10万〜100万など)
  • 平均月間検索ボリュームの推移グラフが廃止

Google広告を使っている場合、非常に多くの有益な情報を手に入れられますが、使用していない場合は、他のツールなども併用するとよいかもしれません。

Googleトレンド(キーワード調査)

Googleトレンド

参照:Googleトレンド

2つ目は「Googleトレンド」。こちらのツールも誰でも無料で利用でき、また登録等は不要です。
Googleのデータをもとに、特定のキーワードや人気急上昇キーワード等の検索回数推移をグラフで見ることができます。

LP制作に関係する特徴をまとめると下記の通り。

  • スコア化された検索回数の推移グラフと、特定の国・地域での注目度を、最大5つのキーワードまで同時比較できる
  • 該当のキーワードを検索するユーザーが、同じく検索している他の人気・注目キーワードを調査できる
  • 特定のキーワードやトピックに関するトレンド情報をメールで受け取ることもできる

キーワードの検索ボリュームが、推移グラフになっており、そのキーワードに対しての世の中のニーズが増加傾向にあるのか、減少傾向にあるのかを知ることができます。

もし増加傾向にあるのならば、市場は拡大しており、また競合が参入してくる可能性も高いということでもあります。

もし減少傾向であれば、参入自体を検討する必要があるかもしれません。

Googleトレンドは、無料で簡単に短時間でトレンドを知ることができるので、LPを制作する前段階で念の為確認をしておくことをオススメします。

Googleアナリティクス(LP公開後の改善)

Googleアナリティクス

参照:Googleアナリティクス

3つ目は「Googleアナリティクス」です。
Googleアナリティクスは聞いたことがある方がほとんどかと思いますが、Googleが提供しているWeb解析ツールです。
解析対象となるページの特性情報や流入導線などがわかる非常に有用なツールとなっています。
無料で、実装にも難しい操作は不要です。

LPは制作したら終わりではなく、むしろそこからがスタートともいえます。
どのくらいの人に見られているのか? どのくらい読み込まれているのか? など顧客の情報から改善をしていかねばなりません。
そのようなユーザーに関する詳細なデータを知ることができるのがGoogleアナリティクスです。

LPの改善で必要なユーザーデータは商品やサービスによって異なりますが、下記のデータを参照すると効果的です。

  • 入経路(ランディングページへの流入経路)
  • 2ページ目遷移(ユーザーが次の遷移したページのデータ)
  • 年齢/性別(ユーザー属性の検証)
  • 時間帯/曜日(ページに訪れる時間帯や曜日)

他にもさまざまなデータ解析ができます。ぜひ活用ください。

まとめ+LP制作を依頼する際にスムーズな業者選定を行うポイント

本記事では、LPと検索キーワードの関係性・調査の重要性について、以下のポイントを提供してきました。

  • LPと検索キーワードの関係がわかる
  • 検索キーワード調査の方法や効果がわかる
  • LP制作時、制作後に使用すべきオススメツールがわかる

最後に、私たち「Web幹事」から、LP制作で失敗しないために、LP制作会社選びのポイントをお伝えします。

結論、LP制作会社選びにおける重要なポイントは以下の2つです。

  • Webマーケティングのノウハウや実績が充実しているか
  • LP公開後の改善作業(LPO)も支援してくれるか

とくに初心者の方は、この2点を押さえて開発会社を選ぶことが重要となります。
また、よく聞く「Web制作の失敗例」は下記のようなものです。

こんな失敗例多いです。 ・LPを作ったが良いが、誰も集まらず全くものが売れない。
・LP公開後に改善を行いたいが、対応していないと言われてしまった。
これらは、先ほどのポイントをおさえずに制作会社を選んでしまっていることが原因です

制作会社の実力をしっかり見極めて、LP制作を依頼することが重要です。
しかし「知識がそこまでないので、業者の良し悪しを自分で判断できるか心配」という方も多いかと思います。

当サイト「Web幹事」では、Web制作のプロであるコンサルタントがあなたに最適なLP制作会社をご紹介。実際にLP制作経験のある者が、あなたの予算や目的をしっかりヒアリングし、最適な制作会社を選定します。

コンサルタントのご紹介 Web幹事 コンサルタント 岩田真 岩田 Web制作会社を設立し、
3年間で上場企業を含む50社以上制作に携わらせていただきました。

様々なお客様のWeb制作を実際に行ってきましたので、
初心者の方でも安心してご相談ください!

またWeb幹事では「まずは制作の相場の情報を教えてほしい」などのご相談にも対応しております。
「集客のノウハウがある会社を教えて欲しい!」という方もお任せください。

紹介された制作会社に必ず発注する必要もありません。お気軽にご相談ください。
相談料・紹介料は完全無料。1営業日以内に返信いたします。

【無料】ランディングページの実績豊富な制作会社を紹介してもらう