ホームページ制作会社の依頼・相談・比較ならWeb幹事

お急ぎの方は電話で相談 (平日10時〜21時)

03-6457-3550

メールでのご相談は24h対応!!

無料でHP制作の相談をする

まずは制作会社に見積もりを依頼

お見積もりを依頼

お急ぎの場合はお電話でもご対応!

03-6457-3550

ホームページ管理費の内訳と相場を徹底解説!【2019年最新版】

「ホームページに関する知識がないので管理をお願いしたい」
「とにかくホームページに割いている時間がない。面倒だから運用は外注したい」

このようなご要望をお持ちの方は多いと思います。

ただ、ホームページの管理費の相場はどれくらいなのかご存知でしょうか?
管理費は月々発生するコスト。
一見安く見えても2年・3年と積み上がってくれば、相応の金額になります。

にも関わらず、ホームページ制作依頼時には制作金額ばかり目がいって、管理費には注目している人が少ないのが現状です。

そこで本記事ではホームページ の管理費・運用費について徹底解説。
具体的な内訳から相場まで、しっかりご紹介します。ぜひ参考にしてください。

自社のホームページの管理費が高いのでは?と思ったら あなたのホームページの管理費の適正価格、ご存知ですか?
Web幹事にご相談いただければ、簡単に要件をお伺いした上で費用の目安をお伝えします!
【無料】気になる方は、こちらから「相場の情報を知りたい」とご連絡ください。
お問い合わせいただいた方には「相場ガイドブック」も無料でプレゼントしています!

目次
  1. 1. ホームページ の管理費・運用費の内訳
    1. 1-1. サーバー費用
    2. 1-2. ドメイン費用
    3. 1-3. SSL費用
    4. 1-4. コンテンツ更新費
    5. 1-5. 監視・障害対応費用
    6. 1-6. CMSなどの更新・メンテナンス費用
    7. 1-7. アクセス解析・レポート費用
    8. 1-8. SEOなどのコンサルティング費用
  2. 2. ホームページの管理費の相場
    1. 2-1. 【5千円以下】自社で管理する際の相場
    2. 2-2. 【5千円〜2万円】一般的な管理費の相場
    3. 2-3. 【2万円〜5万円】しっかりとした管理が期待できる相場
    4. 2-4. 【5万円以上】集客のために攻めの運用を行う相場
  3. 3. ホームページを管理する場合の注意点
    1. 3-1. ホームページ制作依頼時に管理・運用のことも決めておこう
    2. 3-2. どの作業が必要なのかしっかり確認しよう
    3. 3-3. サーバーとドメインはできるだけ自分で持とう
    4. 3-4. 月額固定費でなく、都度見積もりを行うことも可能
    5. 3-5. CMSで何ができるかを理解しておこう
  4. 4. ホームページの管理費 まとめ
    1. 4-1. 相場にあったホームページ管理会社を紹介して欲しい方へ

ホームページ の管理費・運用費の内訳

ホームページの管理費といっても、その内訳には様々な費用が含まれています。

ホームページの管理費の内訳

管理費と言われているものには大きく分けて3種類あります。

  1. 最低限必要な「維持費」
  2. ホームページ更新のための「管理費」
  3. 集客のための「運用費」

※便宜的に名称をつけているため、業界的に上記のような決まりがあるわけではありません。

制作会社によって、どこまで対応するかバラバラなのが管理費の分かりにくさの原因です。
まずは1つ1つの費用を具体的に見ていきましょう。

サーバー費用

ホームページを立ち上げるのに必要不可欠なのが「サーバー」です。
近年は格安のレンタルサーバーが普及しているため、相場もかなり低価格になってきています。

サーバーは月々の支払いが必要なものが多く、長期で契約すれば安くなるなど様々な料金プランが存在します。ホームページの目的に応じた支払いプランを選びましょう。

本格的なホームページでない限り、「さくらのレンタルサーバ」や「エックスサーバー」が低価格でおすすめ。年間で数千円〜数万円に抑えることが可能です。

ドメイン費用

ドメインとは、ネット上における「表札」のようなもので、サーバーと同じくホームページには必要不可欠です。

例えば、Web幹事のドメインは「web-kanji.com」。
ホームページの URL として利用されています。

ドメインには「.com」「.co.jp」など、様々な種類があります。
各々で金額が異なりますが、基本的には年間契約で料金を支払います。

かつては「.co.jpが信頼感があって人気」などがありましたが、基本的に違いはありません。
ドメインにこだわらない場合は価格の安いドメインを取得しても大丈夫です。
ざっくりですが年間数百円〜数千円が相場になります。

SSL費用

SSLとは、インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みのこと。
ハッカーなど第三者による改ざんやデータの盗み見を防ぐためのものです。

導入されていないホームページも存在しますが、これからホームページを運用していくのであれば必須の存在
検索エンジンのGoogleもSSL化を強く推奨しています。
SSLを導入していないとGoogle Chromeで閲覧した際に、アドレスバーに「保護されていない通信」と表示されてしまうので注意が必要です。

「エックスサーバー」などレンタルサーバーによっては無料で提供しているものもあります。
サーバーに申し込む前に「無料SSL」が付いているか確認するようにしましょう。

コンテンツ更新費

ホームページの公開後に、原稿の修正や画像差し替えを制作会社に依頼する費用です。
自分で修正できるだけの知識があれば必要ありませんが、知識や時間がない場合、ホームページ制作会社に依頼することになります。

  • テキスト修正1箇所につき〇〇円
  • 画像修正1箇所につき〇〇円

という料金体系のプランもあれば

  • 修正作業〇〇時間まで△△円

と時間単位で課金されるプランもあります。

制作会社によって「どこまで対応してもらえるか」がブレやすいため注意が必要です。

監視・障害対応費用

  • 突然ホームページが表示されなくなった
  • 身に覚えのないコンテンツがアップされている

などの障害(アクシデント)が起こらないように監視システムを導入してもらい、万が一障害が起こった場合、緊急対応をしてもらうための費用です。

例えると、何かあった際の「保険料」というイメージでしょうか。
こちらも制作会社によって作業内容が異なるため確認しておくと良いでしょう

CMS などの更新・メンテナンス費用

WordPress などの CMS を導入している場合、 CMS のバージョンアップに合わせてメンテナンスを行う必要があります。

ごく稀に WordPress にセキュリティの問題などが見つかったりする場合があります。
その場合はすぐにバージョンアップする必要があります。

そういった更新作業などがこの費用にあたります。

アクセス解析・レポート費用

  • 今月は何人ホームページに訪問がありました。
  • 訪問者は「〇〇」というキーワードをGoogleで検索してHPに来ています。
  • △△のページがよく見られています。

など、ホームページのパフォーマンスに関するレポートを提出してもらう費用です。
ホームページの目的が集客ではない場合は、不要かと思います。

またホームページのパフォーマンスは自分でも簡単に調べることができるので、費用がもったいない場合は自社で行うようにしましょう。

SEOなどのコンサルティング費用

SEO対策や コンテンツマーケティング など、本格的に集客を行いたい場合の費用です。
ホームページ制作会社がそのまま集客を支援することあれば、Webマーケティング専門の会社に依頼する場合もあります。

また目的によって金額は様々です。
本格的な支援を依頼する場合は月額数十万円の費用がかかることもあります。

ここまで、管理費にかかる作業の内訳をご紹介してきました。
注意が必要なのは「全てのホームページに全ての作業が必要というわけではない。」ということ。
自社のホームページの目的に合わせて、運用プランを設計するのが重要です。

自社のホームページの管理費が高いのでは?と思ったら あなたのホームページの管理費の適正価格、ご存知ですか?
Web幹事にご相談いただければ、簡単に要件をお伺いした上で費用の目安をお伝えします!
【無料】気になる方は、こちらから「相場の情報を知りたい」とご連絡ください。
お問い合わせいただいた方には「相場ガイドブック」も無料でプレゼントしています!

ホームページの管理費の相場

ここでは、ホームページの管理費を4つの価格帯に分け、それぞれの特徴をご紹介します。
一般的な管理費の相場は下記の通りです。
※金額をクリックしていただくと、それぞれの金額の箇所へジャンプします。

相場

5千円以下

5千円〜2万円

2万円〜5万円

5万円以上

対応内容

サーバー
ドメイン
SSL

サーバー
ドメイン
SSL
コンテンツ更新
障害対応

サーバー
ドメイン
SSL
コンテンツ更新
障害対応
CMS メンテ
レポーティング

サーバー
ドメイン
SSL
コンテンツ更新
障害対応
CMS メンテ
レポーティング
コンサルティング

発注先

自社で管理

中小規模の制作会社

中小規模の制作会社
大手制作会社

大手制作会社

【5千円以下】自社で管理する際の相場

  • サーバー・ドメインなどの最低限の維持費
  • 基本的には自社で管理

この相場ではサーバー・ドメイン・SSLなどの最低限の維持のみが含まれます。
そのため、コンテンツの修正は自社で行うか、その都度制作会社に依頼する必要があります。

この相場は、自社でホームページを管理する場合がほとんどですが、一部の制作会社が格安で運用プランを提供していることがあります。

その際、制作会社が保有するサーバーでホームページを管理することがあるのですが、これには注意が必要です。
詳細は後述する、サーバーとドメインはできるだけ自分で持とうでご紹介しております。

【5千円〜2万円】一般的な管理費の相場

  • 最低限の維持費に、コンテンツ修正が追加される
  • 月に数時間程度の作業代行費が含まれている
  • 会社によっては障害対応も行ってくれる

この価格帯が一般的なホームページの管理費としては最も多い価格帯かと思います。
月に数時間もしくは数回程度のコンテンツ修正を行ってもらえます。

ホームページの更新頻度が月数回程度の場合は、この相場のコンテンツ更新費用で対応可能。
ただし、大幅なデザイン変更や新規のページの追加の場合は別途料金が発生する可能性が高いです。事前に制作会社に確認しておくと良いでしょう。

【2万円〜5万円】しっかりとした管理が期待できる相場

  • CMS のメンテナンスや月次のレポートなどの作業が含まれる
  • 大手の制作会社に管理を依頼する場合

一般的な管理費の作業内容に加えて、月次のパフォーマンスのレポートや充実したサポートが受けられる価格帯です。

この価格帯は、制作会社によって作業内容が大きく異なります。
管理を依頼する前に必ず、どのような作業内容が含まれているかを確認しましょう。

※この相場では、レポートや簡単な集客のアドバイスが受けられるプランが存在しますが、本格的な集客のコンサルティングは受けられないと考えた方が良いでしょう。

【5万円以上】集客のために攻めの運用を行う相場

といった本格的な集客を行うための運用費が含まれる価格帯です。
ただし、5万円程度ではあくまで「アドバイス」程度。
本格的に集客支援を依頼する場合、月間20~30万円はかかると考えた方が良いでしょう。

この価格帯は制作会社1社に依頼するよりも、「最低限の維持は制作会社に」「集客部分はWebマーケティングの会社に」と依頼先を分けている会社も多いです。

制作会社が制作から集客支援まで一貫してサポートしている場合もあります。
集客やWebマーケティングに知見のある制作会社かどうかを依頼前に見極めておくことが非常に重要です。


ここまで、ホームページの管理費の相場をご紹介してきました。
これまでの価格帯とその内容に明らかに合っていない運用費をお支払いの場合は、Web幹事にご相談ください。実際にWeb制作を経験したプロが、あなたの要件をヒアリングし最適な管理会社をご紹介します。

自社のホームページの管理費が高いのでは?と思ったら あなたのホームページの管理費の適正価格、ご存知ですか?
Web幹事にご相談いただければ、簡単に要件をお伺いした上で費用の目安をお伝えします!
【無料】気になる方は、こちらから「相場の情報を知りたい」とご連絡ください。
お問い合わせいただいた方には「相場ガイドブック」も無料でプレゼントしています!

ホームページを管理する場合の注意点

制作会社に言われるままに、管理をお願いすると思わぬ落とし穴があることも。

  • 管理の契約を終了するとホームページが表示されなくなる!?
  • 実はもっと安く管理の依頼ができた!?

など、「知っていれば、この制作会社に依頼しなかったのに・・・」というケースもあります。
具体的な注意点をご紹介していきます。

ホームページ制作依頼時に管理・運用のことも決めておこう

制作会社は、自社で制作していないホームページの管理を嫌う傾向にあります。
不具合が起こっても自社で制作していないため、対応にコストがかかるからです。

そのため、制作と管理はセットで考えていく方が良いでしょう。

ホームページの制作が完了。いざ公開!
という時に管理費の話を始めてしまうと、後の祭り。
制作会社と条件が合わない場合、他の会社を再度検討することになりコストが高くなります。

ホームページ制作を依頼する際は、必ず管理費をセットで提案してもらうようにしましょう。

どの作業が必要なのかしっかり確認しよう

冒頭でご紹介した管理費の内訳のうち、どの作業が必要になるのか確認しておくことが重要です。

  • コンテンツの修正は自分でできる
  • 少しならGoogle Analytics(アクセス解析)も使える

という状態なら、管理費は最低限に抑えることができます。

ポイントは下記の2点です。

  1. 管理を依頼しようと思っている会社はどこまで対応してくれるのか
  2. 実際に対応を依頼しないといけない作業は何なのか

この2点を事前に確認した上で依頼するようにしましょう。
※ホームページを制作する時点で確認できていると理想的です。
ホームページが完成してからだと、会社を変更することができない可能性があるからです。

サーバーとドメインはできるだけ自分で持とう

サーバーとドメインの設定・運用は制作会社にお願いする場合でも、契約そのものは自社で行なった方が賢明

稀に制作会社が契約しているサーバーにホームページをアップして運用を行う、という管理形態をとる会社があります。
この場合、管理費の支払いをやめた瞬間にホームページが表示されなくなるということも。
結局ホームページを復旧させるために別の制作会社に依頼する必要があり、追加費用がかかってしまいます。

このような事態を避けるべきにも、サーバーやドメインの契約は自社でやっておく方がGoodです。

月額固定費でなく、都度見積もりを行うことも可能

制作会社によっては、毎月の月額固定ではなく「何かあった場合、その都度見積もる」形で運用を受けてくれる会社もあります。

  • ホームページの更新頻度が低い(月1回あるかないか)
  • そもそもホームページの重要度が高くない

という方は、この料金体系の方が管理費が安くなる可能性があります。
(ただし、この場合もサーバー・ドメイン・SSLの費用は掛かります)

月額の固定費をできるだけ避けたい場合は、制作会社に相談してみましょう。

CMS で何ができるかを理解しておこう

例えば、依頼したい管理の内容が下記のような場合、 CMS を導入することで解決できます。

  • 毎月の「お知らせ・ニュース」の更新をしたい
  • 新入社員の社員情報を更新したい
  • ホームページ内でブログを更新したい

社内ブログやお知らせなど、ホームページの一部だけ更新頻度が高い場合は、 CMS の導入をおすすめします。 WordPress などの CMS であれば、専門知識がなくてもコンテンツを追加・修正することが可能です。

事前に更新頻度が高いコンテンツを想定し、 CMS を導入しておくことで管理費が必要なくなる場合があります。

ホームページの管理費 まとめ

ホームページの管理費は忘れられがちなのですが、選び方を間違うと初期費用以上の損をしてしまう部分。相場を理解して、しっかり選ぶ必要があります。

管理費の価格帯は下記の通り。
※金額をクリックしていただくと、それぞれの金額の箇所へジャンプします。

相場

5千円以下

5千円〜2万円

2万円〜5万円

5万円以上

対応内容

サーバー
ドメイン
SSL

サーバー
ドメイン
SSL
コンテンツ更新
障害対応

サーバー
ドメイン
SSL
コンテンツ更新
障害対応
CMS メンテ
レポーティング

サーバー
ドメイン
SSL
コンテンツ更新
障害対応
CMS メンテ
レポーティング
コンサルティング

発注先

自社で管理

中小規模の制作会社

中小規模の制作会社
大手制作会社

大手制作会社

制作会社によっては、必要な管理の内容に応じてプランを考えてくれる会社もあります。
不安な場合はまずは制作会社に相談してみるとGoodです!

その他の制作料金の相場についてはこちらをご覧ください。
プロが教えるホームページ制作の費用と料金相場

相場にあったホームページ管理会社を紹介して欲しい方へ

知識がないので、本当に相場にあった制作会社を選べるか心配・・・という方はWeb幹事にご相談ください。

Web幹事は、あなたにあった最適なホームページ制作会社をご紹介するサービス。
実際にホームページの制作・管理を行ってきた専門のコンサルタントが丁寧にヒアリング。
無料で最適な制作会社をご紹介させていただきます。

  • 管理が高い気がするので相談したい
  • 制作会社の乗り換えを考えている
  • 集客を行いたいので、管理している会社を変えたい

などのご要望にももちろんお答えします。
「まずは自社のホームページ管理費の適正価格を知りたい」でも大丈夫です。
無料でご相談にのりますので、お気軽にご連絡ください。

【無料】ホームページの管理費の相場と自社サイトの管理費について相談する。