SEO対策の費用と相場を徹底解説!【相場早見表・事例あり】

SEO対策を外注する費用の目安は、コンサルを依頼する場合は月額10〜50万円、サイト設計からお願いする場合は10万円〜100万円以上、記事制作は1本5万円前後です。

SEO対策の費用はサイトによって大きく異なるため、何をどうSEO対策したいのかを考える必要があります。本記事ではSEO対策の費用・料金の情報と一緒に、下記のポイントもお伝えします。

  • 実際のSEO対策会社の料金事例
  • SEO対策の費用の相場を理解するためのポイント

※SEO対策を専門家に依頼したいが、選び方が分からない!という方はWeb幹事にご相談ください。要件をヒアリングして、最適なSEO対策会社をご紹介します。

【無料】SEO対策に強い会社を紹介してもらう

目次
  1. 1. SEO対策を個人・自分で行う場合の費用・相場
    1. 1-1. SEO対策の費用対効果
  2. 2. 【目的別】SEO対策の費用・料金相場の概要
    1. 2-1. SEO対策の費用は月額固定費用型と成功報酬型に分かれる
    2. 2-2. 成功報酬型のSEO対策
    3. 2-3. 月額固定費用型のSEO対策
  3. 3. 【タイプ別・内容別に徹底解説】SEO対策費用・料金相場
    1. 3-1. SEOコンサルティング(総合的コンサルティング)
    2. 3-2. SEOサイト設計コンサルティング
    3. 3-3. コンテンツSEO
    4. 3-4. 内部SEO対策
    5. 3-5. 外部SEO対策
  4. 4. SEO対策会社の料金・費用の事例
    1. 4-1. 月額固定費用型SEO対策会社事例
    2. 4-2. 一括支払い型SEO対策会社事例
    3. 4-3. 成功報酬型SEO対策会社事例
  5. 5. SEO対策会社の選び方に失敗しないために
    1. 5-1. 【そもそもどの会社と?】付き合ってはいけない業者の見抜き方
    2. 5-2. 【依頼の順番】初期費用を抑えつつ、力量を確かめるコツ
  6. 6. SEO対策会社の費用・料金相場まとめ
    1. 6-1. 相場にあった制作会社を紹介して欲しい方へ

SEO対策を個人・自分で行う場合の費用・相場

◎Web幹事のSEO対策の月額費用

  費用・料金 内容
記事制作費用

100万円

新規記事の制作費用(50,000円×20本)
エンジニアの人件費 50万円

Webサイトのバグがないかの監視・修正

新しい情報に更新するメンテナンス費

広報担当 40万円

被リンクなどのやり取りなど外部SEO対策

アルバイトの人件費

10万円

内部リンク、画像の追加や修正など内部対策

有料の分析ツール

5万円

ヒートマップなど有料の分析ツール

SEOコンサルティング

3万円

SEOコンサルに支払うアドバイザー料金

当サイト・Web幹事の場合は月に20本ほど新しい記事をリリースしていました。それだけで費用は40本×5万円で100万円です。その他、Webサイトのバグがないか、新しい情報に更新するエンジニアに給料も支払っているため、全部合わせると200万円以上かかっています

ただし、単純に自社のホームページを指名検索で1位にしたいのか(Web幹事で検索した場合、このサイトが最上位に来るか)、記事を作って特定のキーワードで上位表示させたいのか(ホームページ制作など)によっても異なります。筆者の前職は月に記事を50本前後つくっていたので、もっと費用がかかっていました。

逆に個人のホームページやブログなどであれば、かかる費用は自身の人件費。会社の給料に当てはめると月額20万円〜50万円ほどでしょうか。本気でSEO対策をやるなら片手間ではなく、全リソースを集中し、本気で取り組む必要があります。また、ノウハウも知っておかないと無駄な労力だけ発生してしまうので、SEO対策の知識も必要です。

関連記事SEO対策の学習におすすめの本8冊を目的別に紹介【2022年度保存版】

SEO対策の費用対効果

SEO対策の費用対効果が高い事例

SEO対策に投資するか気になるのは費用対効果だと思います。SEO対策は成功すれば費用対効果の高いマーケティング施策です。上の画像は、当サイトWeb幹事の姉妹サイトである「システム幹事」のデータ。検索エンジンからの流入(オーガニックトラフィック)と検索エンジンでの順位(オーガニックキーワード)の1年間の推移を表しています。

ご覧の通り、作成したコンテンツの検索キーワードの順位が上がるにつれて(下のグラフ)、サイトへの流入数が右肩上がりで増えていることがわかります(上のグラフ)。

SEO対策に成功して狙ったキーワードが上位表示できれば、コンテンツ作成における人件費だけで集客ができる事例です(適切なキーワードを選ぶ力も必要です)。

ネット広告やSNSとの比較表

SEO対策に費用対効果はリスティング広告やディスプレイ広告(SNS広告)と比較するとわかりやすいです。SEO対策においては、継続的な費用が発生しない点もメリット。TwitterやInstagramなどのSNSと比べても、長期的に見たときの費用対効果は高いといえるでしょう。

項目

SEO対策

ネット広告

SNS

即効性


検索エンジンに
表示されるまでに
立ち上げから
半年ほど必要


開始日から掲載可能


フォロワー獲得や
アカウントの成長には
最短でも
数か月は必要

費用


初期投資をして
コンテンツができれば
メンテナンス費用と
維持費のみ


広告を回し続ける限り

広告費と人件費が発生


アカウント立ち上げと更新のための
人件費のみ必要

労力


一度作ってしまえば
メンテナンスのみ


広告を回し続ける限り
運用作業が発生する


継続的な投稿が必要

はじめに労力をかける必要はありますが、後述するGoogleアップデートなどで大きな変動がない限り、構築したサイトは資産になって動き続けてくれるのです。

【目的別】SEO対策の費用・料金相場の概要

SEO対策の費用は月額固定費用型と成功報酬型に分かれる

SEO対策の費用は月額固定費用型と成功報酬型に分かれる※画像引用

画像引用:株式会社アドインテ

SEO対策を代行する会社は世の中にたくさんあります。そしてその料金体系も各社様々。SEO対策を外注する際、大きく「月額固定費用型」と「成功報酬型」の2種類に分かれます。

月額固定型は成果に関わらず、作業代として月〇〇万円と払うシステム。サブスクのようなものです。多いのは月額固定型ですが、聞き慣れないのは成果報酬型でしょう。

成功報酬型のSEO対策

成果報酬型SEOコスト例

成果報酬型SEOは、事前に取り決めをした目標が達成された場合に費用が発生するシステムです。

多くの場合、依頼したキーワードが10位以内にランクインした日数から費用を算出します
10位以内を獲得した場合の料金は固定ではなく、順位によって金額が異なるのが一般的。

例えば、6位〜10位までの費用より1位〜5位は高いという価格グレードの設定が挙げられます。1位に特に高い料金を設定しているケースもあるなど、SEO業者によって料金発生時のコスト体系は異なります。

  • 成果報酬の他に初期費用が必要なケースも多い
  • 最低契約期間があり継続的な費用発生がある

成功報酬型SEOのメリット・デメリット

成功報酬型SEO※画像引用

画像引用:スリーカウント株式会社

成功報酬型のメリットは成果が出なければ費用を払わなくていいことです。逆に、成果が出た場合は月額固定型よりも多くの費用を払う可能性があり、SEO対策の予算が計算しにくいことがデメリットです。成果報酬型で考えている方は依頼前に下記の記事をご覧ください。

関連記事成果報酬型SEOのメリット・デメリット。格安SEO業者のリスクと注意点

月額固定費用型のSEO対策

月型固定型のSEO※画像引用

画像引用:SEO PACK

月額固定型のSEO対策は、Google検索の順位が上がる上がらないに関わらず固定で費用を払うシステムです。メリットとしてはSEO対策の予算が計算しやすいこと、デメリットは成果が出なくても費用を払わなければいけないことです。当サイトWeb幹事から紹介させていただくSEO対策の会社は月額費用型が基本になります。

必ずしも成果報酬型が悪いわけではありませんが、SEOで成果が出るには数ヶ月から1年以上は時間がかかります。その間に費用が発生しないの健全ではないと考えているので、月額固定型をおすすめしています。

【無料】SEO対策に強い会社を紹介してもらう

【タイプ別・内容別に徹底解説】SEO対策費用・料金相場

SEO対策内容 タイプ 費用・料金 目的 対策概要
SEOコンサルティング
(総合的コンサル)
月額固定費用型

10〜50万円/月
(大規模サイトの場合

100万円を超えることも)

サイト企画から
コンテンツ作成までの

全てを見てもらう

調査・分析・企画
コンテンツの作成指示
ライティング指示・指導
SEOサイト設計
コンサルティング
一括支払い型 10万円〜100万円以上 SEO効果を狙ったサイト
をスムーズに
立ち上げたい
調査・分析・企画
コンテンツSEO

一括支払い型

月額固定費用型

記事本数×記事単価
(@数千円〜10万円)
記事の作成による
アクセスアップ
コンテンツ(記事)
の作成
内部SEO対策 一括支払い 10万円〜20万円 手っ取り早く順位
を上げたい
(リスクなし)
タグや内部リンク
システム面の調査・修正
外部SEO対策

月額費用固定型
成功報酬型

1〜15万円/月
(月額固定費用型)


1〜100万円以上/月
(成功報酬型)

手っ取り早く順位
を上げたい
(リスクあり)
被リンクによる
SEO対策

SEO対策内容は分類すると、下記の5つに大別されます。

  1. SEOコンサルティング(総合的コンサルティング)
  2. SEOサイト設計コンサルティング
  3. コンテンツSEO
  4. 内部SEO対策
  5. 外部SEO対策

また費用・料金体系は、下記の3つのタイプがあります。

  1. 月額固定費用型
  2. 一括支払い型
  3. 成功報酬型

上の表は料金体系別に相場を大まかにまとめたものです。ここからは、SEO対策費用と相場をタイプ別・SEO対策内容別に詳しくご紹介していきます。

SEOコンサルティング(総合的コンサルティング)

SEO対策の費用

費用の相場:10〜50万円/月(大規模サイトの場合100万円を超えることも)

SEOで成果を上げるための総合的なコンサルティング支援です。
簡単にまとめると、下記の3つの業務です。

  • 調査・分析・企画
  • 上記に基づいたコンテンツ作成支援
  • ライティング指示・指導

具体的には以下のような作業内容です。

調査・分析・企画

  • キーワード調査
  • 競合調査
  • 自社サイト分析(アクセス・コンテンツなど)
  • コンテンツ企画
  • トップページ/カテゴリの構成

コンテンツ作成支援

ライティング(執筆)支援

  • 各コンテンツのライティング添削・指導
  • SEOライティング指導(タグの使い方など)

SEOで効果を上げるためには、上記のようなこと全てが必要です。
「調査・分析・企画」でサイト全体の方向性を決め、「コンテンツ作成」において具体的で明確な指示出し、コンテンツの「ライティング支援」で記事の品質を上げる必要があるのです。

このタイプのSEO業者に依頼する際に最も注意すべきことは、どこまでが作業対象となっているのかを確認するという点です。
作業内容が不明確なまま契約すると期待値がずれ、成果が出ない可能性が高いからです。

ですが比較的安価に仕事を請け負ってくれる個人事業主に依頼する場合に限らず、法人への外注であっても作業内容が不明確な会社は存在しますのでご注意を。

SEOサイト設計コンサルティング

費用の相場:10万円〜100万円以上

SEOサイト設計コンサルティングは、これから新しくサイトを設計する際に行う「調査・分析・企画」のこと。
先ほど「月額固定費用型」のSEOコンサルティングで紹介した「調査・分析・企画」の部分の業務を切り出して一括で支払うタイプの依頼の方法です。

調査・分析・企画

  • キーワード調査
  • 競合調査
  • 自社サイト分析(アクセス・コンテンツなど)
  • コンテンツ企画
  • トップページ/カテゴリの構成

上記の作業は、実際にホームページを制作する制作会社が対応しているケースもあります。

このタイプは一括支払い型のため、目指すゴールが明確になり作業内容は分かりやすいです。
数百〜数千ページに及ぶ大規模なサイトを作る場合には、コンサルティング費用が100万円以上になることもあります。

コンテンツ設計の中身については以下の記事で確認してください。

関連記事上位表示されるコンテンツ設計とは?検索意図に応える方法を解説

コンテンツSEO

SEO対策の費用(コンテンツ作成)

費用の相場:記事本数×記事単価(@数千円〜10万円)

コンテンツSEOは「記事の作成によるアクセスアップ」を目的にコンテンツ(記事)を成果物とする発注方法です。一括で数十本月〜100本近くを発注する「一括支払い型」と毎月数本を依頼する「月額固定費用型」があります。

こちらは先ほどご紹介した「月額固定費用型」のSEOコンサルティングで紹介した下記の作業が含まれていない場合がほとんどなので注意が必要です。

コンテンツ作成支援

  • キーワード選定
  • 競合調査
  • 記事構成作成

ライティング支援

作業

内容

料金の目安

構成作成

タイトルや見出しなど

記事の企画や構成案を考える

5,000円〜10,000円

執筆(ライティング)

構成案に基づいて

原稿を作成する

5,000円〜ピンキリ

編集

ライターが書いた原稿を

読みやすく修正する

5,000円〜10,000円

イラスト作成

オリジナルの図を作る

500円〜5,000円/枚

入稿

CMSでの入力

1,500円〜3,000円

監修

専門家に記事をチェックしてもらう

10,000円〜

撮影

プロのカメラマンに写真撮影を依頼

30,000円〜50,000円

記事作成を依頼する場合の費用の目安は、1記事50,000円前後が相場です。記事を専門家に監修してもらう場合はプラスで10,000円、写真撮影をプロカメラマンに依頼する場合はプラス50,000円前後かかります。取材が発生する場合は、ライターの交通費などもプラスされます。

記事作成の費用の幅が大きくなるいちばんの要因はライターによる執筆(ライティング)。1文字0.5円など、文字単価で設定する代行会社が多く、記事の文字数やライターのレベルによって単価が異なるため、一概に1記事〇〇円かかるとは言い切れません。1記事50,000円前後は、あくまで目安と考えてください。

「調査・分析・企画」ができていることは前提とし、記事のみが納品されます
記事の内容によっては、専門性が高い場合やSEOに習熟したライターになればなるほど1本あたりの単価が上がります。
(インタビュー記事や医療・健康領域・士業などの専門家監修記事になると1本数万円〜10万円になります)

「コンテンツSEO」にはクラウドソーシングを活用して安価にコンテンツ作成をすることもできますがあまりオススメしません。なぜなら、コンテンツ(記事)の質が低いと成果に繋がらないことが多いからです。

さらに、そもそもコンテンツ作成の指示が適切でない場合や、正しいタグの使い方ができていない場合は、良いコンテンツであったとしても成果が上がりません。
心配な場合はコンサルティングもお願いすると良いでしょう。

コンテンツSEOに関しては以下の記事で中身を確認してください。

関連記事コンテンツSEOで検索上位を狙う手法・メリットを詳しく解説【初心者向け】

コンテンツマーケティングの相場はこちら! コンテンツSEOを中心とした「コンテンツマーケティング」の相場について詳しく知りたい方は、こちらを参考にしてください!
コンテンツマーケティングの費用と相場を徹底解説!【相場早見表・事例あり】

内部SEO対策

SEO対策の費用(内部対策)

費用の相場:10万円〜20万円

内部SEO対策とは、サイト内の構造の見直しなどを行うSEO対策です。サイト内の設計がしっかりしていないと、コンテンツが良質でも本来の価値を発揮できません。

逆にコンテンツの追加をせずに、内部SEO対策を行っただけで検索からのアクセス数が伸びたという話はよく聞きます。基本的なことはできているつもりでも、意外と正しい対策ができていないことが多いようで、成果も上がりやすく需要も高いです。

内部対策の具体的な対策内容は、下記のようなものです。

  1. サイトマップ送信
  2. サイト構造最適化
  3. パンくずリストの設置
  4. 重複ページ解消
  5. 内部リンク改善
  6. 見出しタグの最適化
  7. 画像の利用の最適化

上記の対策内容についてもう少し具体的に知りたい方は、下記の記事を参考にしていただけるといいでしょう。
関連記事SEOの内部対策ガイドと15のチェックリスト

外部SEO対策

被リンクの画像

費用の相場:1〜15万円/月(月額固定費用型)、1〜100万円以上/月(成功報酬型)

最後にご紹介するのは外部SEO対策です。上の画像の被リンクとは、外部サイト(異なるドメインのサイト)から自サイトに向けたリンクのこと。

この被リンクは、ホームページの人気度を示す指標であり、Googleがサイトを評価するために用いる最も重要な要素となります。被リンクについてGoogleは下記のように言っています。

Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。

引用:Google が掲げる 10 の事実

しかし、被リンクを購入することはGoogleも禁止しておりおすすめできる方法ではありません。

外部対策は、成功報酬型も場合もあります。こちらはクライアントが指定するキーワードに対して外部SEO対策を行い、一定の基準の順位(10位以内や5位以内)にランクインした段階で日毎に成功報酬を支払うタイプのSEO対策です。

成功報酬型のSEO対策

上記の図のようなイメージで、基準をクリアすると課金になります。

これはいわゆる被リンクによるSEO対策で、数年前までは一般的なSEO対策でした。しかし、2018年12月現在ではこの形のSEO対策プランを見かけることはほとんどなくなっています。

その理由は先ほどもお伝えした通り、被リンクを買うことが禁止されているからです。

被リンクの詳しい意味や正しい増やし方などについては、以下の記事をご覧ください。
関連記事:被リンクとは?SEOへの効果、増やす方法まで初心者向けに解説

SEO対策会社の料金・費用の事例

これまでにご紹介した3つのタイプのSEO対策ごとに、実際の費用・料金プランも含めた会社の事例を紹介していきます。

月額固定費用型SEO対策会社事例

それでは月額固定費用型SEO対策会社の事例をご紹介します。

株式会社ウィルゲート

株式会社ウィルゲート

東京都港区にオフィスを構える、コンテンツマーケティング支援をしている会社です。コンテンツマーケティング支援として、SEO分析ツール「TACT SEO」、コンテンツ作成サービス「エディトル」、SEOコンサルティング、の3サービスを提供しています。

ウィルゲートのSEOコンサルティングは、7,000社以上(20226月時点)の支援実績に裏付けられたSEO研究データと、最新の検索結果トレンドに沿った対策が特徴です。

また、自社で独自開発したSEOツール「TACT SEOを用いて、SEOの課題をスピーディかつ効率的に分析可能。TACT SEOを活用し、自社でSEO対策ができるよう、インハウスSEO支援も行っています。

さらに、コンテンツ作成サービス「エディトル」によってSEOの企画・分析から実行まで一貫サポート。お客様だけのオンライン編集チームが構築できるので、社内にライター・編集者のリソースが不足している場合でも、高品質なコンテンツ作成が実現できます。

株式会社ウィルゲート

株式会社ウィルゲートのコンテンツマーケティング支援を詳しく見る

株式会社PLAN-B

株式会社PLAN-B

大阪、東京に本社を、沖縄にオフィスを構えるデジタルマーケティングの会社。2018年9月現在で従業員約400名を抱える企業。SEO事業の他、インターネット広告事業、Webサイト構築事業などを行なっています。

株式会社PLAN-Bの料金

株式会社PLAN-Bの料金

SEOの戦略設計の部分からコンサルティングに入ってもらうプランで、月額費用は50万円〜となっています。

さらにコンサルティング以外に、コンテンツ(記事)制作も依頼する場合は下記のように別途費用がかかります。

株式会社PLAN-Bの料金2

記事の専門性・難易度・種類によって費用が1本あたり2万円〜10万円かかります。
株式会社PLAN-Bの料金プランを詳しく見る

一括支払い型SEO対策会社事例

次に一括支払い型SEO対策会社の事例をご紹介します。

株式会社バリューエージェント

株式会社バリューエージェント

大阪に本社を構えるSEO対策を軸とし、リスティング広告、サイト改善を行いながら効果を最大化するWEBマーケティング会社。
ホームページ制作から運用まで一気通貫しているところが特徴です。

株式会社バリューエージェントの料金

株式会社バリューエージェントの料金

上図のように同社には様々なSEO対策プランがあります。

月額固定費用型SEO対策

  • 実績型コンテンツSEO対策(5.6万円〜+初期費用)
  • コラム型コンテンツSEO対策(12万円〜+初期費用)

月額固定費用でコンテンツ(記事)を作り、アクセス増を狙うプランです。

一括支払い型SEO対策

  • SEO設計(50万円〜)
  • 内部SEO対策(10万円〜)

一括支払い型でサイト制作時またはサイト制作後のコンサルティングを行うプランです。

株式会社バリューエージェントの料金プランを詳しく見る

成功報酬型SEO対策会社事例

成功報酬型SEO対策会社をご紹介します。

株式会社アドインテ(SEO Hopper)

株式会社アドインテ(SEO Hopper)

京都、東京、大阪、名古屋、高知、韓国にオフィスを構えるWebマーケティングの会社。他にメディア構築、スマートフォンアプリの開発、多様なサービスを展開しています。

SEO Hopperの料金

SEO Hopperの料金

出典:SEO Hopper
上図のようにキーワード毎に費用が変わります。日額の料金は対策難易度によって変わるので問い合わせが必要です。

株式会社アドインテ(SEO Hopper)の料金プランを詳しく見る


関連記事全国のおすすめSEO会社を徹底比較!依頼してはいけない会社の特徴も紹介

SEO対策会社の選び方に失敗しないために

最後に、SEO対策会社の作業内容と選び方に失敗しないためのポイントをお伝えします。誤った会社に依頼しないよう「付き合ってはいけない業者」「依頼する順番」のポイントを理解しましょう。SEO対策会社の選び方は以下の記事が詳しいので、あわせて参考にしてください。

関連記事プロに聞いたSEO対策会社の選び方4ポイント【失敗したくない方へ】

【そもそもどの会社と?】付き合ってはいけない業者の見抜き方

「すぐ上がる」「必ず上がる」と謳う会社は注意

SEO対策会社の宣伝文句で「すぐに効果が上がります!」「成果を保証します!」と謳っている場合は注意。なぜならSEO対策は成果が出るまで数ヶ月〜1年はかかる長距離走。Googleは毎日何億を超えるページを探索しており、いくら検索エンジンが高性能でも、ページをランキングするには時間を要します。

また、「これをやれば必ず上位表示される」という方法もGooglegは公表していません。良いSEO対策会社ほど事前に「検索順位が上がるかどうかは保証しません」と言ってくれるはずです。甘い営業トークの会社には注意してください。

被リンクで順位アップを狙う会社は要注意

SEO対策における重要施策の一つ「被リンク」ですが、Googleから評価される被リンクは「自然に獲得した」ものであり、コントロールすべき対策ではありません。

対策会社が「被リンクによる順位アップを狙う」と提案してきた場合は注意。自作自演のリンクを作成して被リンクする可能性があり、ガイドラインに反した「ルール違反」に当たります。ペナルティを受ける危険性が高いので要注意です。

契約書が曖昧な会社は注意

  • 料金は安いが契約期間が異常に長い
  • 契約期間が明確に設定されていない
  • 途中解約の定めがない

SEO対策会社の提案書や契約書が上のような状態であれば注意が必要です。SEO対策で十分な成果が出て自社で運用したい場合、成果が出なくて「コンサル会社を変える」「契約を打ち切る」といった際に揉めることになります。契約期間が明確になっているかは必ずチェックしましょう。

注意 営業マン自身が、実際にコンサルティング等を行わないケースが多いので、注意が必要です。
「営業担当とコンサルタントで言っていることが違う」ということも往々にしてあります。できれば契約時や契約前にコンサルタントとも顔を合わすのが理想です。
また、会社としての仕組み化はされていても作業内容はどうしても属人化しやすく質が安定しにくいという特徴もあります。会社としての実績があっても、担当の営業マン・コンサルタントの力の見極めが必要ですのでその点も注意して見ましょう。

【依頼の順番】初期費用を抑えつつ、力量を確かめるコツ

費用を抑えたい、自分でできることはインハウス化したい…そんな方も多いはず。SEO対策会社への依頼は一気に発注!ではなく、自社でまかなえない仕事からお試し的に発注する段階的な依頼がおすすめです。下記のうち自助努力でできる部分はないか検討してみましょう。

  • 調査(自社サイトの分析や競合サイトの調査)
  • キーワード選定(対策するキーワードの整理・分析)
  • サイト改善(SEO最適なホームページへの改善)
  • コンテンツ制作(記事やページの作成)

何が自分たちで可能なのかを見極めるには、事前にSEO対策に関する知識が必要です。以下の記事を参考に、理解を深めてください。

関連記事SEO対策とは?検索上位表示のための基本知識とノウハウを徹底解説

SEO対策会社の選び方

まずは冒頭にご紹介した一覧表を参考にして、どのタイプのSEO対策を行うか決めます。SEO対策内容を決めたらSEO対策会社がどこまでの作業を行なってくれるのか、しっかり確認しましょう。

SEO対策会社の選び方は以下の記事が詳しいので、あわせて参考にしてください。

SEO対策内容は下記のいずれかになるはずです。

SEO対策の作業内容

SEO対策は中長期的な施策となるため、すぐに分かりやすい結果が出にくいです。だからこそ、SEO会社が良かったのかどうかがなかなか判断しづらいものでもあります。

SEO対策会社選びで失敗しないためのポイントは、下記の通りです!

  • 同じ業界の実績・事例があること(医療などの業界の場合は特に)
  • SEO対策以外にもウェブマーケティング全般の知識見識があること
  • 実際に作成した記事の品質が高いこと
  • 契約前、または契約時に、実際に作業を行うコンサルタントとも会うこと

SEO対策会社の選び方が分からない場合は、当サイト「Web幹事」がオススメです!
実際にSEO対策を経験したプロのコンサルタントが、あなたにぴったりな業者をご紹介。
相談料・紹介料は完全無料です。お気軽にご相談ください。

【無料】SEO対策に強い会社を紹介してもらう

SEO対策会社の費用・料金相場まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、SEO対策の料金・費用について徹底調査・解説をしてきました。
まず、SEO対策の費用・料金の相場の全体像は下記のようなものでした。

SEO対策内容 タイプ 費用・料金 目的 対策概要
SEOコンサルティング
(総合的コンサルティング)
月額固定費用型

10〜50万円/月
(大規模サイトの場合100万円
を超えることも)

サイト企画から
コンテンツ作成までの

全てを見てもらう

調査・分析・企画
コンテンツの作成指示
ライティング指示・指導
SEOサイト設計
コンサルティング
一括支払い型 10万円〜100万円以上 SEO効果を狙ったサイト
をスムーズに立ち上げたい
調査・分析・企画
コンテンツSEO

一括支払い型

月額固定費用型

記事本数×記事単価
(@数千円〜10万円)
記事の作成による
アクセスアップ
コンテンツ(記事)
の作成
内部SEO対策 一括支払い 10万円〜20万円 手っ取り早く順位を上げたい
(リスクなし)
タグや内部リンク
システム面の調査・修正
外部SEO対策

月額費用固定型
成功報酬型

1〜15万円/月
(月額固定費用型)


1〜100万円以上/月
(成功報酬型)

手っ取り早く順位を上げたい
(リスクあり)
被リンクによる
SEO対策

SEO対策の費用・料金体系は大きく分けると、下記の3つのタイプに大別されます。

  • 月額固定費用型SEO対策
  • 一括支払い型SEO対策
  • 成功報酬型SEO対策

そして作業範囲として注意すべきポイントも3つ。

  • 調査・分析・企画
  • コンテンツの作成指示
  • ライティング指示・指導

本記事でご紹介したことを参考にして頂くことで業者と正しく対等なやり取りができ、結果として担当者として正しい発注ができることに繋がるはずです。

本記事で得た知識でスムーズにSEO対策会社と契約し、成果に結びつけて頂ければと思います。

SEOに関連したホームページの相場を知りたい方へ SEO対策を行う場合には、別途ホームページやオウンドメディアを用意する必要がある場合も。「オウンドメディア制作の相場」は以下の関連記事でご紹介しています。
オウンドメディア構築の費用と相場を徹底解説!【相場早見表・事例あり】

【目的別】ホームページ制作の料金相場まとめはこちら ・目的別ホームページ制作の費用相場
・ホームページ制作の重要ポイント
をプロが丁寧にわかりやすく解説。
相場とポイントをおさえることで失敗は減ります。ぜひ参考にしてみてください。 プロが教えるホームページ制作・作成費用の料金相場 | Web幹事 プロが教えるホームページ制作・作成費用の料金相場 | Web幹事 制作を行ってきたプロがホームページ制作の相場や料金を徹底調査・解説!企業サイトやECサイト等目的別に相場を解説、実際の制作会社の費用や料金表もご紹介します。Web制...

相場にあった制作会社を紹介して欲しい方へ

SEOに強い制作会社にサイトリニューアルを依頼したいが、たくさんあって選ぶのが面倒・よく分からない。という方はWeb幹事にご相談ください。

Web幹事は、あなたにあった最適な制作会社をご紹介するサービスです。
業界経験者が丁寧にリニューアルの要件をヒアリングし、Web幹事の「データベース」から最適な制作会社をご提案します。

相談料は「完全無料」。まずは相場の情報を知りたいなどの情報提供のみでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

【無料】SEO対策に強い会社を紹介してもらう