リスティング広告運用代行の費用・相場を解説!代理店の選び方やおすすめも紹介【事例あり】

予算・費用

狙えるターゲット

狙えるキーワード

15万円〜30万円

顕在層

企業やサービスが認知されている

すでに行動の意思がある

指名KW「Web幹事」などの名前

行動KW:『渋谷 レストラン 予約』

              『 新宿 イタリアン 営業中』

31万円〜50万円

準顕在層

企業やサービスが認知されていない

興味・関心はある

興味KW:『渋谷 イタリアン 値段』

               『原宿 ランチ 口コミ』

               『新宿 ミシュラン』

51万円以上

潜在層

企業やサービスが認知されていない

興味・関心すらない潜在層

関連KW『渋谷 デート』

              『渋谷 商談』

              『渋谷 接待』

※予算・費用は月額料金です。

リスティング広告運用代行の費用は、狙うキーワードや目的によって予算が変わってきます。最低金額の目安は15万円前後。例えば「メルカリ」など、会社名やブランド名、サービス名など、その会社を表す指名キーワードや、「渋谷 レストラン 予約」など、すでに行動の意思があるキーワードは15万円〜30万円。理由は、成果が出やすく、指名系は競合他社が少なく、入札単価やクリック料金も低いからです。狙うキーワードの難易度や競合性が強くなるほど、料金は上がっていきます。

次の章から費用の内訳や、どんな作業をしてもらえるのかなどを解説していきます。

※リスティング広告運用代行を検討されている方はWeb幹事にご連絡ください。予算と目的に合ったリスティング広告運用会社を無料で紹介いたします。

【無料】おすすめのリスティング広告会社を紹介してもらう

目次
  1. 1. リスティング広告運用代行とは?
    1. 1-1. 作業内容①広告配信までの準備
    2. 1-2. 作業内容②広告運用
    3. 1-3. 運用代行を依頼するメリット
  2. 2. リスティング広告運用代行の費用・料金の内訳
    1. 2-1. 初期費用
    2. 2-2. 広告費
    3. 2-3. 運用代行費用
    4. 2-4. ※最低手数料
    5. 2-5. ※最低契約期間
  3. 3. リスティング広告運用代行会社の費用の事例
    1. 3-1. 東京のリスティング広告運用代行会社
    2. 3-2. 大阪のリスティング広告運用代行会社
  4. 4. リスティング広告の運用代行会社の選び方
    1. 4-1. 代理店の「得意分野」は何か
    2. 4-2. 担当者の提案内容に熱意があるか
    3. 4-3. 契約期間の制限はどうなっているか
    4. 4-4. 広告アカウントを開示してくれるか
    5. 4-5. 担当者1人あたり何社受け持っているか
  5. 5. おすすめのリスティング広告運用代行会社
    1. 5-1. アナグラム株式会社【東京都】
    2. 5-2. 株式会社グラッドキューブ【大阪府】
  6. 6. リスティング広告運用代行の費用・料金まとめ
    1. 6-1. おすすめのリスティング広告運用会社を紹介して欲しい方へ

リスティング広告運用代行とは?

リスティング広告の運用代行を依頼した場合、主に「広告配信までの準備」と「広告運用」の2つの作業を代行してもらえます。

作業内容①広告配信までの準備

  • アカウント作成
  • アドワーズのアカウント開設とキャンペーン設定
  • キーワードの選定
  • 広告グループの作成
  • 広告文の作成
  • キーワードの設定

広告配信までに上記のような作業があります。分かりにい用語も多いです。

アカウント

リスティング広告のアカウント

アカウントは利用者の情報のこと。1企業につき1アカウント作り、下記の情報を登録します。

・ログインメールアドレス
・パスワード
・支払い情報

キャンペーン

リスティング広告のキャンペーン

キャンペーンは、予算・地域・配信先などを設定するもので、下記のような情報を登録します。

・日予算
・配信のスケジュール
・広告を配信する地域・曜日・時間帯など
・除外キーワード

広告文

リスティング広告文

広告文とは、検索結果に表示される見出しや説明文、URLなどです。クリックされるかどうかの鍵を握る部分なので、プロの知見がほしいところです。

関連記事リスティング広告の広告文の作り方完全ガイド!文字数や注意点を初心者向けに解説!

作業内容②広告運用

  • 日々の入札(日当たり予算)の調整
  • キーワード当たり単価の調整
  • 広告文のA/Bテスト
  • キーワードの設定
  • 除外キーワードの設定
  • レポーティング(月1回)

準備ができたら広告を配信し、管理、改善していく「広告運用」を代行してもらいます。効果を測定しつつ、改善をしていきます。

関連記事プロが教えるリスティング広告のキーワードの選び方【初心者向け】
関連記事リスティング広告のレポートにおすすめしたいツール比較5選

注意 後半の「リスティング広告の運用代行会社の選び方」で詳しく解説しますが、代行会社によっては広告アカウントを発注者に開示してくれない場合があります。どのキーワードにどのくらいお金をかけているかなど、詳細な運用の中身が見えにくくなるので注意が必要です。

運用代行を依頼するメリット

初心者では成果を出すのが難しい

リスティング広告の運用代行をプロに依頼するメリットは、成果が出やすいことです。紹介した作業内容を見て分かるとおり、リスティング広告は設定すべき項目が様々です。どの項目を調整すれば成果につながるか見つけにくく、初心者がリスティング広告で成果を出すのは難しいです。

自社でやりたい気持ちはわかりますが、プロに依頼しつつ、ノウハウを学んでから自社で運用するのがおすすめです。

リスティング広告運用代行の費用・料金の内訳

リスティング広告運用代行の費用

冒頭でざっくりと説明したリスティング広告運用代行の費用の内訳を解説します。運用代行を依頼した場合、リスティング広告にかかる費用は主に3種類の合算で決まります。

  1. 初期費用
  2. 広告費
  3. 運用代行費用

初期費用

リスティング広告運用代行会社(代理店)の中には「初期費用」を取ることがあります。その理由はリスティング広告を始める際には先ほど説明した「広告配信までの準備」が必要だからです。

  • アカウント作成
  • アドワーズのアカウント開設とキャンペーン設定
  • キーワードの選定
  • 広告グループの作成
  • 広告文の作成
  • キーワードの設定

初期費用が無料の会社も多く、上記は「広告運用代行費用」の中に含まれるケースが多いです。すでに自社でリスティング広告の準備が済んでいる場合は費用の交渉が可能かもしれません。

広告費

広告費は運用代行会社(代理店)ではなく、GoogleやYahoo!など、リスティング広告の配信先に払う費用です。広告費は次の計算式で決まります。

広告費 = 平均クリック単価 × クリック数

平均クリック単価は、広告が1回クリックされるごとにかかる料金のことで、業種や競合性などによって数十円から数千円まで変動します。クリック数は実際に広告がクリックされた数で、平均クリック単価との掛け算で広告費が決まります。

運用代行費用

運用代行費用は運用代行会社(代理店)に支払う手数料のこと。最も多いのは「広告費の20%」を支払うという料金体系。

リスティングの運用手数料

広告費100万円でリスティング広告を行う場合には、運用代行費用20万円を運用代行会社(代理店)に支払うことになります。(広告費100万円)+(運用費20万円)=(合計120万円)

運用代行費の作業は、先ほど説明した初期費用での作業の他に、下記の作業が発生します。

  • 日々の入札(日当たり予算)の調整
  • キーワード当たり単価の調整
  • 広告文のA/Bテスト
  • キーワードの設定
  • 除外キーワードの設定
  • レポーティング(月1回)

※最低手数料

リスティング広告の料金体系2

広告運用代行費用には最低手数料がある場合があります。

・広告費が25万円未満の場合:月50,000円の運用代行費用が発生する
・広告費が25万円以上の場合:最低手数料は発生せず、広告費の20%

例1:広告費5万円の場合、
(広告費5万円)+(運用代行費5万円【最低手数料】)=(合計10万円)

広告費の金額によっては、20%ではなく最低手数料〇〇円がかかる場合があります。理由は広告運用をスタートするのに「広告予算にかかわらず、一定の工数が発生するから」

また、予算が少額の場合、広告のテストの回数・結果が少なくなるため広告の最適解(最も効果があがる広告)を見つけるのが難しいです。そのため、どの広告会社も「推奨の予算」として「最低でもこれぐらいの予算を見ておいた方がいいですよ」という記載があるのです。

※最低契約期間

リスティング広告運用代行を依頼する場合「最低契約期間」があることを知っておいてください。
リスティング広告運用代行会社との「最低契約期間」は1ヶ月〜6ヶ月となっており、代行会社各社の違いが表れます。最低契約期間で多いのは「3ヶ月」。

リスティング広告は、検証と改善を繰り返す必要があり、一定の成果を出すのに時間がかかるからです。1ヶ月だけで継続を判断されても厳しいので、「最低契約期間」を設ける代理店が多いです。

「まず1ヶ月試してみてください」という会社もあれば、「効果検証をして効果を上げるために最低6ヶ月(半年)は契約させてください」という会社もあります。

リスティング広告運用代行会社の費用の事例

続いては、東京/大阪のスティング広告運用代行会社の料金を紹介します。

東京のリスティング広告運用代行会社

株式会社 キーワードマーケティング

キーワードマーケティング

株式会社 キーワードマーケティングは、東京都中央区に本社を、佐賀県佐賀市にオフィスを構えるリスティング広告の運用代行会社です。

株式会社 キーワードマーケティングの料金

初期費用:10万円
運用費用:月額広告費の20%

認定歴(2022年9月24日現在)
  • Google Premier Partner 認定
  • Yahoo! マーケティングソリューションシルバーパートナー
  • Meta ビジネスパートナー

大阪のリスティング広告運用代行会社

株式会社グラッドキューブ

株式会社Dream Lab

株式会社グラッドキューブは、大阪府大阪市を拠点に、リスティング広告運用をはじめとしたWebマーケティング支援やホームページ制作・運用を提供している会社です。

株式会社グラッドキューブの料金

初期費用:なし
運用代行費用:月額利用広告費の20%
最低手数料:記載なし
最低契約期間:1カ月

認定歴

Google Premier Partner 認定
Yahoo! マーケティングソリューション認定パートナー
Meta Business Partners
Twitter広告正規代理店
薬機法医療法 遵守広告代理店

株式会社イーナ

株式会社イーナ

株式会社イーナは、大阪市中央区に本社を、東京目黒区に支社を構え、自社でショッピングサイトを運営しながらリスティング広告の運用代行を行なっている会社です。

株式会社イーナの料金

初期費用:無料
運用代行費用:広告費の20%
最低手数料:記載なし
最低契約期間:3ヶ月

受賞歴(2022年8月23日現在)

Google Premier Partner 認定
Yahoo!JAPANマーケティングソリューション 正規代理店 星2つ獲得
Google Premier Partner Awards 2021 ファイナリスト 選出

リスティング広告の運用代行会社の選び方

リスティング広告代理店選びのポイント

費用を理解したところで、リスティング広告の運用代行会社の選び方を5つ紹介します。

代理店の「得意分野」は何か

「リスティング広告の代理店」と一口に言っても、代理店によって得意分野に違いがあります。得意分野を確認して、自社の目的に合った代理店に依頼することが大切です。

たとえば「月々の費用が30万円以下の低価格の案件が得意」「数百万円以上の規模が大きい案件が得意」など得意な価格帯に違いがあります

また得意な業界にも違いがあり、特に化粧品や医薬部外品、健康食品などの商材の場合は薬機法など法律を意識する必要があるため、業界に詳しい代理店に依頼するのが良いでしょう。

ただし条件をあまりに多く設けると、条件に合った制作会社が見つからないこともあります。その場合は、「○○業界の実績はそれほど豊富でなくてもいいが、月額20万円程度から依頼できる代理店がいい」など、少し条件を緩めて探すと良いです

担当者の提案内容に熱意があるか

担当者の提案

代理店の中には、「お客様から預かったお金をただ消化するためだけに広告を運用している」という会社も少なくないのが現状です。依頼する側としては、ただ予算を消化するのではなく、かけた費用以上の売り上げを出すために広告を運用してほしいところ。

きちんと成果を上げてくれるかを見極める1つの方法は、見積もりを出してもらう時の提案内容に熱意があるかを見ること。具体的には以下のようなポイントを見ると良いです。

・自社の事業内容、抱える課題を熱心に理解しようとしてくれるか
・広告予算をどう使って、どう成果を上げるかの戦略まで丁寧に説明してくれるか
・専門用語を多用せず、説明が分かりやすいか

3つ目の説明がわかりやすいか、という点も重要なポイントです。

リスティング広告には専門用語が多く、専門用語を並べて「それっぽく」話をするのは意外と簡単ですが、中身のない話を専門用語でけむに巻いているだけという場合も多々あります。本当に熱意があって優秀な担当者は、お客様もしっかり理解できるレベルで丁寧に説明してくれます。

契約期間の制限はどうなっているか

先述のように、リスティング広告運用代行を依頼する場合、多くの場合「最低契約期間」があります。最低契約期間が設けられている理由は、効果を検証する期間が必要だから。

どのキーワードで広告を出すと効果が出るか?どんな広告文にすると効果が出るか?などは実際に広告配信をしてみないと分かりません。そのため、リスティング広告の代理店は効果の高い広告を出すための検証期間として「最低契約期間」を設けているのです。

この最低契約期間をどの程度に設定しているかが代理店によって異なります。「まず1ヶ月試してみてください」というところもあれば「効果を上げるために最低6ヶ月は契約させてください」という会社もあります。いつでも解約できると思ったら、半年は契約解除できないと言われた!などの思い違いの無いように確認しましょう。

広告アカウントを開示してくれるか

広告アカウント画像

リスティング広告を運用する時、上画像のような広告運用のアカウントを作ります。この広告アカウントを、代理店によっては発注者に開示してくれないことがあり、開示されない場合のデメリットとして以下の2つがあります。

1.運用の中身が見えにくい
2.ノウハウを残しにくい

まず、どのキーワードに広告を出していて、各キーワードにどのくらいお金をかけているか?など、運用の中身が見えにくくなります

またどう運用されているかが見えにくいため、将来的に自社で広告運用したいと思ってもノウハウを残しにくいというデメリットもあります。そのため、できればアカウントを開示してくれる代理店を選ぶことをおすすめします。

担当者1人あたり何社受け持っているか

担当者1人が受け持つ広告主の社数は、自社の広告運用にどの程度手間をかけてくれるかを判断するポイントになります。

目安ですが、しっかり成果を上げてほしいと思うなら、担当者1人あたり5社くらいが限界です。
それ以上になると、以下のように対応が雑になるリスクがあります。

・毎月代理店から提出されるレポートが、数値の報告のみで改善の提案はない
・電話やメールで質問してもレスポンスが遅かったり、返信の内容が丁寧でない

代理店のサイトには載っていないことが多い部分なので、問い合わせたり、見積もりを依頼するときに聞いて確認すると良いでしょう。もし聞いた時の答えがうやむやだった場合は要注意です。

おすすめのリスティング広告運用代行会社

アナグラム株式会社【東京都】

アナグラム株式会社_東京都のおすすめリスティング広告会社

アナグラム株式会社のおすすめポイント ・特定の業種や媒体に縛られない実績と知見
・営業・運用まで1名が担当する一気通貫の体制
・リスティング広告に関する書籍を多数出版

アナグラム株式会社は、運用型広告の代行サービスを始めとするマーケティング支援を行っている東京都渋谷区の会社です。

同社は人材や教育、EC、toB/toCなど様々な業種・業界のリスティング広告に携わっており、Facebook広告などリスティング広告以外の運用実績も豊富に保有。
特定の業種や媒体に縛られない実績と知見があり、運用型広告や関連領域に関するブログ記事を定期的に更新しています。

また、同社は一気通貫の体制を整えており、営業から運用まで同じ担当者がサポート。
発注者の声をスピーディに反映させることができるため、意思決定から施策展開までの迅速化につながります。

さらに同社は在籍スタッフによる書籍執筆の実績が豊富なことも特徴の1つ。
「いちばんやさしいリスティング広告の教本」や「リスティング広告 成功の法則」などリスティング広告に関する書籍の出版に多数携わっています。

アナグラム株式会社の概要・実績・料金

URL https://anagrams.jp/
TEL 03-6412-7449
会社所在地 〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目4-4 フィールド北参道1・2F
設立年 2010年4月28日
実績ページ https://anagrams.jp/services/listing/
実績詳細 東京都渋谷区の開発業「ドコモ・ヘルスケア株式会社」
東京都新宿区の学習指導塾「株式会社螢雪会」
東京都港区の情報通信業「株式会社ユーザベース」
東京都港区の開発業「株式会社ヤプリ」
東京都品川区の開発業「セーフィー株式会社」
価格感

■リスティング広告運用代行費
月額費用:利用広告費の20%

初期費用:記載なし(要問合せ)

■運用型広告コンサルティング
月額費用:30万円~

最低契約期間

記載なし(要問合せ)

関連記事東京都のおすすめリスティング広告代理店をプロが厳選!

株式会社グラッドキューブ【大阪府】

株式会社グラッドキューブ

株式会社グラッドキューブのおすすめポイント ・主要媒体の認定パートナー
・制作から集客まで一気通貫で対応可能
・少額から始められるプランあり

株式会社グラッドキューブは、リスティング広告運用代行やホームページ制作などWeb集客に関する事業を手掛けている大阪府大阪市の会社です。

同社はデジタルマーケティング支援事業においてリスティング広告の運用代行サービスを提供。
GoogleやYahoo!、Twitter、Facebookの認定パートナーとして選ばれており、GoogleやYahoo!などから数々の賞を受賞しています。

また、同社は広告運用だけでなく、ホームページ制作やアクセス解析、SNS広告などにも対応
発注者は制作から集客まで一気通貫で依頼でき、自社開発のアプリ「SiTest」を活用したLPのテストやコンサルティングも受けられます。

さらに同社は中小企業や個人事業主向けの少額プランも用意。
広告費が25万円以下なら初期費用50,000円、手数料35,000円(月額)から広告運用をスタートできます。

株式会社グラッドキューブ の概要・実績・料金

URL https://www.glad-cube.com/
TEL 0120-96-3740
会社所在地

【大阪本社】

〒541-0048
大阪府大阪市中央区瓦町2-4-7 新瓦町ビル 8F

【東京支社】

〒107-0062
東京都港区南青山1-15-18 リーラ乃木坂ビル 4F

【名古屋支社】

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅3-20-20 名駅錦ビル6F
【福岡支社】

〒812-0011
福岡県福岡市博多区博多駅前3-7-35 博多ハイテックビル505

設立年 記載なし
実績詳細 ※下記は全て広告運用代行の事例
東京都港区の「株式会社マネーフォワード」
滋賀県大津市のセミナー業「有限会社ネオパワー」
価格感

■広告費50万円以下

・ライトプラン 月額3.5万円〜

・スタンダードプラン 月額4.5万円〜

・プレミアムプラン 月額20万円〜

■広告費50万円以上

・代行費用 広告費の20%

関連記事大阪府のおすすめリスティング広告会社をプロが厳選!

リスティング広告運用代行の費用・料金まとめ

予算・費用

狙えるターゲット

狙えるキーワード

15万円〜30万円

顕在層

企業やサービスが認知されている

すでに行動の意思がある

指名KW「Web幹事」などの名前

行動KW:『渋谷 レストラン 予約』

              『 新宿 イタリアン 営業中』

31万円〜50万円

準顕在層

企業やサービスが認知されていない

興味・関心はある

興味KW:『渋谷 イタリアン 値段』

               『原宿 ランチ 口コミ』

               『新宿 ミシュラン』

51万円以上

潜在層

企業やサービスが認知されていない

興味・関心すらない潜在層

関連KW『渋谷 デート』

              『渋谷 商談』

              『渋谷 接待』

※予算・費用は月額料金です。

今回、リスティング広告運用代行の費用について徹底調査・解説をしてきました。

リスティング広告運用代行の費用

広告運用代行費用の相場は「20%」という会社がほとんど。そして、費用として注意してみるべきポイントは下記の3つです。

  1. 最低手数料
  2. 最低契約期間
  3. 初期費用

おすすめのリスティング広告運用会社を紹介して欲しい方へ

Web幹事では、各相場にあった制作会社をご紹介できます。ホームページ制作とリスティング広告をセットで対応してくれる会社もご紹介可能です。リスティング広告運用の目的や要件を専門のコンサルタントが丁寧にヒアリング。最適な業者をご提案させていただきます。料金はもちろん無料!

  • リスティング広告運用の相場についてもっと詳しく聞いてみたい
  • マーケティングの方針について考えて欲しい

などのご要望にももちろんお答えします。
メディア運営経験者が担当するため、安心してご相談いただけます。

価格は無料。ホームページ制作・リスティング広告の相談・依頼ならWeb幹事にご相談ください。

【無料】おすすめのリスティング広告会社を紹介してもらう