ランディングページ制作(LP)の料金と相場を徹底解説!【相場早見表・事例あり】

ランディングページ を作りたいと思っても、その料金相場は分かりにくく

発注者

2社に見積もりをとったら倍近くの値段の差が。。。違いがわからないし、どっちに頼んだらいいか判断がつかない。。。

というWeb担当者の方の声をよく耳にします。


実際、業界的には格安を訴求する制作会社が自社の料金表を公開していることが多く、実際の相場とギャップが生まれているのも事実です。


そこで本記事では、 ランディングページ (LP)を制作する際の料金・相場を徹底整理

目的別に相場感をまとめました。


また料金・相場の情報と一緒に


  • LPを制作する上で重要なポイント
  • LP制作会社選びの注意点
  • 制作会社の料金事例


などもお伝えします。ぜひご一読ください。

目次

  1. 1. ランディングページ制作(LP)の料金・相場の概要
    1. 1-1. 10万円以下の相場
    2. 1-2. 10〜30万円の相場
    3. 1-3. 30〜60万円の相場
    4. 1-4. 60万円以上の相場
  2. 2. LP制作会社の料金・費用の事例
    1. 2-1. フリーランスの料金表
    2. 2-2. 小・中規模の制作会社の料金表
    3. 2-3. 大手制作会社の料金表
  3. 3. ランディングページ制作(LP)の料金・相場の理解に重要なポイント
    1. 3-1. ランディングページ制作(LP)の流れ・工程
    2. 3-2. ランディングページ制作の料金・費用で注意したいポイント
  4. 4. ランディングページ制作(LP)の相場・料金 まとめ
    1. 4-1. 相場にあったLP制作会社を紹介して欲しい方へ

ランディングページ 制作(LP)の料金・相場の概要

ランディングページ は主にリスティング広告などに用いられる「集客」のためのサイトです。

集客という売上に直結する目的のため、企業サイトよりもしっかりと相場を理解しておく必要があります。


以下の表にて、価格帯別に「目的」「発注先」「制作期間」などをまとめました。


相場

10万円以下

10~30万円

30〜60万円

60万円以上

目的

とにかく格安なLPが必要

多少デザインにこだわったLPを作りたい

構成やコンテンツにもこだわって、しっかりLPを作りたい

LPをつかったWEBマーケティングを本格的に取り組みたい

依頼側の作業範囲

戦略設計
原稿
公開後の修正

戦略設計
原稿
公開後の修正

公開後の修正

なし

発注先

フリーランス

フリーランス
中小規模の制作会社

中小規模の制作会社

中小規模の制作会社
大手制作会社

制作期間

1週間〜1ヶ月

2週間〜1.5ヶ月

1ヶ月〜2ヶ月

1.5ヶ月〜3ヶ月

LP改善のサポート

なし

なし

一部あり

あり


ここに記載しているように、数万円〜数十万円が全体の相場です。

ランディングページ は主に集客を目的としているため、企業サイトほどの相場の幅はありません。

目的が集客のため、企業サイトと違いクオリティに妥協しにくいというのも ランディングページ の特徴です。


そのため

  • どの工程を自分達で行うか?
  • 戦略部分や設計部分をどこまで作り込むか?

ということがポイントになります。


ランディングページ の作業工程のイメージがつかない方は

ランディングページ制作(LP)の流れから先にお読みください。


また ランディングページ の場合、相場を理解する際に「運用・改善」という考え方が非常に重要になります。

ランディングページ A/Bテスト などを通じて常に細かく修正を行う必要があるからです。

改善の観点についても触れていきます。


10万円以下の相場

目的:とにかく安くでLPを用意したい

発注先:フリーランスもしくは個人で活動している制作会社

制作期間:1週間〜1ヶ月

改善サポート:なし


もっとも安いこの相場は

・デザインにはこだわらない、とにかく安くで発注したい

・戦略の設計や競合調査は自社内で対応可能。デザインとコーディングだけお願いしたい

といった、予算をかけないLP制作を目的とする場合です。


10万円以下 相場の特徴

  • 戦略設定やLPの原稿は依頼側が用意
  • LP公開後の改善サポートはほとんどない
  • テンプレートのデザインを活用

など制約が多いことがしばしばです。


デザインとコーディング以外の作業、例えば戦略設定やライティング、LP公開後のサポートは依頼側が行う必要があると考えておいた方が良いでしょう。


10〜30万円の相場

目的:多少デザインにこだわりたい・構成案もお願いしたい

発注先:フリーランスもしくは中小規模の制作会社

制作期間:2週間〜1.5ヶ月

改善サポート:なし


10〜30万円の相場は

  • ターゲットに合わせてしっかりデザインを施したい
  • コンテンツの順番・全体の構成もお願いしたい(ライティングは別)

といった、10万円以下の相場からデザインのクオリティをあげた価格帯です。


筆者の経験上、LP制作の相場として一番多い価格帯です。


10〜30万円 相場の特徴

  • 戦略設定やLPの原稿は依頼側が用意
  • LP公開後の、修正を柔軟に受け付けてもらえない場合がある
  • デザインはオリジナル


10万円以下の相場に比べて、LPのターゲットに合わせたデザインのカスタマイズが可能です。

一方で原稿や公開後のサポートは依頼側が行うことがほとんどです。


注意!!

30万円以下の価格帯は、競合調査やLP公開後のサポートなどがない場合が多いです。

この工程はLP制作において非常に重要な工程です。

徹底的にLPで集客の成果を求める方はあまりオススメしません。

(※自社にすでにノウハウがある方は例外です)



30〜60万円の相場

目的:構成やコンテンツにこだわってしっかりLPを作りたい

発注先:中小規模の制作会社

制作期間:1ヶ月〜2ヶ月

改善サポート:一部あり


30〜60万円の相場は

  • 業界調査や競合調査からお願いしたい
  • ターゲットに合わせてキャッチコピーや原稿を作り込みたい

といった、本格的にLPを作りたい方向けの価格帯です。


30〜60万円 相場の特徴

  • 戦略設定やLPの原稿も制作会社が準備
  • LP公開後の修正も、一部可能な場合もある
  • デザインはオリジナル


これまでの価格帯に比べると顧客調査や競合調査など、「設計部分」に力を入れられるのが特徴です。

そのため、コンバージョン(成果)にこだわったLP制作に注力可能。

ただし、LP公開後の改善サポートが受けられるかどうかは制作会社によります。



60万円以上の相場

目的:LPをつかったWEBマーケティングを本格的に取り組みたい

発注先:中小規模の制作会社もしくは大手制作会社

制作期間:1.5ヶ月〜3ヶ月

改善サポート:一部あり


60万円以上の相場は

  • LP公開後のコンサルティングもお願いしたい
  • 徹底的にコンバージョンにこだわりたい
  • ノウハウ豊富な制作会社に依頼したい

といった、本格的にLPを活用したWebマーケティング全体の支援を依頼したい方向けの価格帯です。


60以上万円 相場の特徴

・戦略設定やLPの原稿も制作会社が準備

・LPO(LPの改善サポート)も見据えた制作が可能


この価格帯は制作そのものの料金よりも、戦略や改善などの「コンサルティング」部分の料金が大きくなります。

そのため、業界で制作実績やノウハウが非常に豊富な制作会社に依頼が可能です。

改善の工程においてもサポートが充実しているケースが多いです。



LP制作会社の料金・費用の事例

ここまでご説明した相場を考慮しながら、実際の制作会社の料金を見てみましょう。


フリーランスの料金表

PLuS Works

プラスワークス


・制作料金

ライトプラン:50,000円〜

通常プラン:100,000円

 

ライトプランはテンプレートデザインに原稿を当てはめていく形の制作プラン。

通常プランはWord10ページ分の分量が想定されています。


PLuS Worksの料金表を見る



Shin Design

シンデザイン


・制作料金

ランディングページ 制作:80,000円〜

ページの長さにより変動しますが、最安8万円から制作を行なっています。


Shin Designの料金表を見る



小・中規模の制作会社の料金表

株式会社Ryuki Design

株式会社Ryuki Design


・制作料金

ライトプラン:51,800円

スタンダードプラン:117,800円

ハイクオリティプラン:179,800円


ページの長さや使用する有料画像素材によって、プランが変動します。

デザインの修正は2回までと制限付き。

※上記料金はスマホ対応も含めた価格です。パソコンのレイアウトのみの対応で良い場合はさらに安くなります。


株式会社Ryuki Designの料金表を見る



株式会社ZERO

株式会社ZERO


・制作料金:290,000円

顧客分析や競合分析もしっかり含まれたLP制作です。

ただし、スマホ対応は含まれておらず、コピーライティングや改善サポートも別途料金になります。


株式会社ZEROの料金表を見る



株式会社ポストスケイプ

株式会社ポストスケイプ


・制作料金

受託制作プラン:450,000円

制作期間:1ヶ月〜1.5ヶ月


戦略設計・全体構成の作成・ライティング・デザイン・コーディングと全て含まれているプランです。

ただし、スマホ対応は含まれておらず、改善サポートも別途料金になります。


株式会社ポストスケイプの料金表を見る



大手制作会社の料金表

株式会社LIG

株式会社LIG


平均制作期間:1ヶ月〜2ヶ月

平均発注金額:100万円〜300万円


LIGの場合は通常のデザインやコーディング、ライティングなどに加えて、「企画」が大部分を占めていると考えられます。

通常のリスティング広告用のLPというよりは、SNSなどで拡散させるための「バズ施策」としてのLP制作の要素が大きいように思います。


株式会社LIGの制作料金を見る



ランディングページ 制作(LP)の料金・相場の理解に重要なポイント

ここまで ランディングページ の相場や制作会社の事例を紹介してきました。

本記事冒頭でもお伝えしたように、 ランディングページ 制作の流れを知っておくことは料金や相場の理解において非常に重要です。


1つずつご紹介していきます。


ランディングページ 制作(LP)の流れ・工程

ランディングページ制作(LP)の流れ

戦略設計・競合調査

作業内容

  • ターゲットやLPのゴールを設計する
  • 競合LPの訴求内容やコンテンツを把握する
  • 広告出稿を行うキーワードをピックアップする


LP制作の前の「戦略」を練るフェーズです。この工程が最も重要です。

当然、この工程まで制作会社に依頼すると制作金額は高くなります。


過去の事例や改善策のノウハウが重要になる部分でもあるため、この工程を中心にLP制作を発注したい場合は「制作実績が豊富」な制作会社をオススメします。


構成案作成・ライティング

作業内容

  • LPの訴求の仕方・コンテンツの順番を決める
  • LPに掲載する原稿やキャッチコピーを作成する


決定した戦略に基づいて実際のLPにキャッチコピーや原稿として落とし込む工程です。

この工程では

  1. 依頼側が全て原稿を準備する
  2. 依頼側が準備した原稿を、制作会社と共にブラッシュアップしていく
  3. 制作会社が準備する

の3パターンに分かれます。


デザインに強みを持つ制作会社は依頼側が原稿を準備することが多く、LPに特化し実績豊富な制作会社は原稿作成から関与してくれることが多いです。


LPの原稿は、売り出す商品の「深い理解」と商品をしっかりと売り込む「ノウハウ」両方が求められます。

LPの成果に大きく関わる部分のため、不安な方は制作会社に任せると良いでしょう。


デザイン

作業内容

  • 実際の原稿やキャッチコピーを元にデザインを行う


コンテンツが決まったらデザインを行なっていきます。
ターゲットに合わせたデザインのトンマナ・ボタンの色・フォントなどを設計し、デザインを進めていきます。


ほぼ全ての制作会社が対応してくれる工程です。


コーディング・実装

作業内容

  • デザイン案を元にコーディング(開発)を行う


こちらも、ほぼ全ての制作会社が対応してくれる工程です。

LP制作は、特殊な動きのあるものでない限り、そこまで大きな工数のかかるものではありません。

早ければ3〜5日で仕上げてくれる制作会社もあります。


運用・改善

作業内容

  • 実際に広告出稿を行い、効果を測定する
  • 効果測定から改善案を抽出・LPの改善を行う(LPO)
  • 以降、効果測定→改善の繰り返し( A/Bテスト


LP納品後の対応になるため忘れられがちですが、戦略設計の次に重要なのが運用・改善工程です。

初期制作段階のものがイキナリ爆発的な成果をあげることは珍しく、地道な改善が必要です。


ボタンの色の変更・フォームの追加削除といった軽微な修正から、レイアウトの根本的な見直しなども含まれます。



ランディングページ 制作の料金・費用で注意したいポイント

改善サポート

本記事で何度も触れてますが、改善サポート(LPO)を受け付けてもらえるかは非常に重要です。

初期費用は安かったが、改善サポートが高いので他の制作会社に乗り換える、ということもしばしば。


当然、最初にLPを制作会社した会社が改善も行う方が効率が良いので、必ずセットで確認するようにしましょう。


ブラウザ・OS対応

レスポンシブ対応(スマホ対応)に加えて、Internet Explorerなどのブラウザ対応も別途料金がかかることがあるので注意が必要です。


バナー制作

広告用のLPを制作する場合は、LPの他にバナー制作も必須になります。

ほとんど全ての制作会社が対応してくれますが、別料金となる可能性が高いです。

事前に確認しましょう。


リスティング広告

バナー制作と同じく、LPはリスティング広告を中心に広告運用を行うのが基本です。

・制作会社がそのまま広告運用を行なってくれるのか

・運用会社が別になる場合はどこなのか

を確認する必要があります。



納品形式

忘れられがちなのが、この納品形式です。

完成したLPをどのような形で受け渡しするのかは、制作会社によって異なります


ファイル形式で納品された場合は、自社でサーバーにファイルをアップロードする必要があります。

サーバーへのアップロードは別料金となる場合もあるので確認が必要です。


ランディングページ 制作(LP)の相場・料金 まとめ

ランディングページ は、全体の制作工程の中で

  • どの工程を自分達で行うか?
  • 戦略部分や設計部分をどこまで作り込むか?

によって価格が左右されます。


あなたが依頼者として取れる時間や自身の知識・ノウハウに応じて制作会社に依頼することをオススメします。

相場

10万円以下

10~30万円

30〜60万円

60万円以上

目的

とにかく格安なLPが必要

多少デザインにこだわったLPを作りたい

構成やコンテンツにもこだわって、しっかりLPを作りたい

LPをつかったWEBマーケティングを本格的に取り組みたい

依頼側の作業範囲

戦略設計
原稿
公開後の修正

戦略設計
原稿
公開後の修正

公開後の修正

なし

発注先

フリーランス

フリーランス
中小規模の制作会社

中小規模の制作会社

中小規模の制作会社
大手制作会社

制作期間

1週間〜1ヶ月

2週間〜1.5ヶ月

1ヶ月〜2ヶ月

1.5ヶ月〜3ヶ月

LP改善のサポート

なし

なし

一部あり

あり


その他の種類のサイトの相場はこちらでご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

ホームページ制作の相場・料金【相場早見表・料金表つき】


相場にあったLP制作会社を紹介して欲しい方へ

Web幹事では、各相場にあった制作会社をご紹介できます。

ランディングページ の目的や要件を専門のコンサルタントが丁寧にヒアリング。

最適な制作会社をご提案させていただきます。


などのご要望にももちろんお答えします。

ランディングページ 制作経験者が担当するため、安心してご相談いただけます。


相談〜制作会社の紹介まで「全て」無料。LP制作の相談・依頼ならWeb幹事にご相談ください。


今すぐWeb幹事に相談する


失敗しないホームページ制作会社選びは、Web幹事にお任せ!