【入門版】Googleアナリティクスの設定方法&使い方【スタートアップガイド】

Googleアナリティクス利用画面

GA(ジーエー)と呼ばれ、「サイトへの訪問者数」や「サイト内でのユーザー行動」が分析できるGoogleアナリティクス。

  • 何人のアクセスがあったのか?
  • どれくらいの時間サイトに滞在していたのか?
  • どんなキーワード・経路で検索して訪れたのか?

GoogleアナリティクスはWebサイトのユーザー行動を「見える化」してくれる無料ツールであり、冒険家にとっての地図のような必要不可欠な存在です。

この記事ではWebサイトの改善に役立つGoogleアナリティクスの設定方法から基本的な使い方、慣れてきたらやっておきたい設定まで網羅しています。

実際に筆者がGoogleアナリティクスを設定しながら書いていますので、本記事を読みながら設定をすれば30分もかかりません。ぜひ実践してみてください。

目次
  1. 1. Googleアナリティクスの設定方法
    1. 1-1. STEP1:Googleアカウントの作成
    2. 1-2. STEP2:Googleアナリティクスの登録
    3. 1-3. STEP3:トラッキングコードの設置
    4. 1-4. STEP4:データが取れているか確認
  2. 2. Googleアナリティクスの基本的な数字の見方
    1. 2-1. ユーザー
    2. 2-2. セッション
    3. 2-3. ページビュー数
    4. 2-4. 滞在時間
    5. 2-5. 離脱率
  3. 3. Googleアナリティクスの基本的な使い方
    1. 3-1. サイト全体のアクセス数を確認する
    2. 3-2. 特定の期間でアクセスデータを比較する
    3. 3-3. ページ別のアクセス数を調べる
    4. 3-4. サイトへの流入元(チャネル)を確認する
    5. 3-5. サイトを利用しているデバイス(PC/スマホ)を確認する
  4. 4. やっておきたいGoogleアナリティクスの基本的な設定
    1. 4-1. Google Search Consoleとの連携
    2. 4-2. 他のメンバーへの共有設定
  5. 5. Googleアナリティクスの設定&使い方まとめ

Googleアナリティクスの設定方法

Googleアナリティクスの設定

Googleアナリティクスの設定はたったの4ステップ。すでにGoogleアカウントをお持ちの方は、STEP2:Googleアナリティクスの登録に飛んでください。

STEP1:Googleアカウントの作成

Googleアカウントの作成_1

Googleアナリティクスの設定には、Googleのアカウント(Gmailアドレス)が必要です。
まだ取得していない方は、アカウント作成のページに行き、氏名、メールアドレス、パスワードを入力します。

Googleアカウントの作成_2

携帯電話の番号を入力するとSMSに下のような確認コード(6桁の数字)が送られてきます。

Googleアカウントの作成_3

携帯のSMSに送られてきた確認コードを入力すれば、アカウントの作成は完了です。

STEP2:Googleアナリティクスの登録

Googleアナリティクス

続いてGoogleアナリティクスの登録を行います。
上の登録ページに行って「無料で利用する」→「測定を開始する」を選んでください。

Googleアナリティクスの登録_1

アカウント名を入力する画面に移ります。サービス名、会社名、個人名など何でもOKです。

Googleアナリティクスの登録_2

アカウントの作成に切り替わったら1番上の「ウェブ」を選んで、下にある「次へ」をクリックしてください。

Googleアナリティクスの登録_3

アカウントの作成は、あとは4ヶ所所入力するだけです。

ウェブサイトの名前

自分のWebサイトの名前を入れてください「Web幹事」など。

ウェブサイトのURL

http:// or https://を選択し残りのURLを入力。末尾のスラッシュ/は不要。

業種

自分のサイトのジャンルに近いものがなければ「その他」でもOK。

レポートのタイムゾーン

国内で使用しているWebサイトなら「日本」を選択。

下のような画面が完成形です。

Googleアナリティクスの登録_4

入力がすべて終わったら「作成」を押し、下の画像にある利用規約に同意します。

Googleアナリティクスの登録_5

「日本」を選択し、2箇所にチェックマークを入れて「同意する」を押します。
これでGoogleアナリティクスの登録が完了しました。ここまで10分前後の行程です。

STEP3:トラッキングコードの設置

トラッキングコードの設置_1

Googleアナリティクスの設定はあと数分で終わりです。
利用規約に同意すると、上のようにトラッキングコードが表示された画面に切り替わります。

トラッキングコードとは、Webサイトの訪問者のデータを計測するためのコードのこと。正しく埋め込むことでデータの取得ができます。

トラッキングコードの設置_2

表示されているトラッキングコードを<!-- Global site tag (gtag.js) から</script>まで全部コピーします。

トラッキングコードの設置_3

コピーしたトラッキングコードを、Webサイト全体のHTMLファイルに貼り付けます。
場所は <head> タグの直後です。これでGoogleアナリティクスの設定は完了です。

トラッキングコードの画面を消してしまった場合

トラッキングコードの画面を消してしまった場合

もしトラッキングコードの画面をWebサイトに埋め込む前に消してしまっても安心してください。

Googleアナリティクスのトップページにある「管理」をクリックし、「トラッキング情報」→「トラッキングコード」のボタンを選択すると、先ほどのコードが表示される画面になります。

【参考】WordPressを使っている場合のトラッキングコードの設置方法

WordPressを使っている場合のトラッキングコードの設置方法_1

参考までに利用者が多いWordPressでトラッキングコードを設置する方法を説明します。

WordPressのダッシュボード(管理画面)に行き、「外観」の中から「テーマエディター」を選んでください。

WordPressを使っている場合のトラッキングコードの設置方法_2

上のような画面になるので、右端の「テーマヘッダー」をクリックし、真ん中にある</head>の直前にコピーしたトラッキングコードを貼り付けてください。
Macならcommand+Fボタン、WindowsはCtrl+Fボタンで</head>を検索すると場所が見つけやすいです。
一番下にある「ファイルを更新する」を押せば、Googleアナリティクスの設定はすべて完了です。

「All in One SEO」のプラグインを使えば楽

All in One SEO

WordPressを使っている方の多くは「All in One SEO」のプラグインをインストールされていると思います。その場合、ダッシュボードにある「All in One SEO」の一般設定をクリックすると「Googleアナリティクス」の項目があります。

そこに取得したトラッキングID「UA-〇〇〇〇-〇」を入力して設定を更新するだけで埋め込みできますので、利用してみてください。

STEP4:データが取れているか確認

データが取れているか確認

Googleアナリティクスの設定が完了後は、Webサイトのデータが取得できているか確認します。

まず別のタブやウィンドウで計測したいホームページに訪問しましょう。その上で、Googleアナリティクスの画面左にある「リアルタイム」→「概要」をクリックします。

そこで上記の画像のように「1」など0以外の数値になっていれば大丈夫です。(リアルタイムは現在のサイトにいる人数を表示する機能。1になっていれば、あなたがカウントされているということです。)

正常に計測できていない場合の確認方法

正常に計測できていない場合の確認方法

何時間たってもアクセスデータが計測できていない場合、トラッキングコードがきちんと埋め込まれていない可能性があります。

「管理」→「トラッキングコード」をクリックし、ステータス欄が「過去 48 時間にトラフィック データを受信しています。」になっていれば、正常にトラッキングコードが埋め込まれて計測されている証拠。

逆に「過去48時間に受信したデータはありません」と表示されたままであれば「テスト トラフィックを送信」のボタンを押すか、もう一度、トラッキングコードを埋め直してみてください。

Googleアナリティクスの基本的な数字の見方

Googleアナリティクスの基本的な数字の見方

Googleアナリティクスの設定が終われば、いよいよWebサイトの分析に入ります。
最低限、押さえておきたい基本的な5つの数字の見方を知っておきましょう。

まず、違いが分かりにくい「ユーザー」「セッション」「ページビュー」の違いから説明します。

「ユーザー」「セッション」「ページビュー」の違い

例えば2020年1月1日にサイトを訪れたのが1人とします。
このユーザーは朝と晩の2回訪れ、それぞれ5ページ、3ページ閲覧しました。

この日のユーザー数は1人、セッション数は2回、ページビュー数は8PVとなります。

ユーザー

ユーザー数は「サイトを訪問してきた人数」です。その人が何回サイトを往復してもユーザー数は1になり、どれくらい訪問者があったのか分析する上で役立つ数字です。

ただし、同じパソコンから訪れても、「Google Chrome」「Safari」などブラウザを変えると、それぞれユーザー数は1にカウントされるため、同一人物でもユーザー数は2になります。
必ずしも正確な訪問者数ではありませんので目安と考えてください。

セッション

セッションは「サイトを訪れた回数」です。
先ほどの例のように、1人が朝晩の2回サイトを訪問すればセッション数は2回になります。
1人のユーザーが何回も訪れてセッション数が増えている場合は、サイトにファンがついていると分析できるかもしれません。

Googleアナリティクスでは30分ごとにセッション数を計測しています。
30分同じサイトにいた場合は、セッション数は1ですが、30分を超えると2になります。
計測の30分は変更可能なので、詳しくは「アナリティクスヘルプ」をご覧ください。

ページビュー数

ページビュー数は「見られたページ数」のこと。見られたページ数が5なら、5PVとなります。
1人のユーザーが多くのページを見てくれている場合、関連記事や他のページにも興味を持ってくれている可能性があり、導線が上手くいっているかもしれません。

滞在時間

滞在時間

滞在時間は、「1ユーザーがどのくらいの時間サイトを閲覧したか」の平均を計測することで、「平均セッション時間」が該当します。
滞在時間にはもう一つ「平均ページ滞在時間」もあり、1ページあたりの閲覧時間の平均です。
ただし、必ずしも正確な時間とは限らないので注意してください。
Googleアナリティクスはページの閲覧開始から次のページの閲覧開始までの時間を計測しているため、サイトから離れた場合は、滞在時間が計測されません。

ページ

滞在時間(分)

1ページ

10

2ページ

6

3ページ

0(ここで離脱)

上の表のような場合、3ページ目は計測されません。よって、計算式は10分+6分÷2=8分。
このサイトの「平均ページ滞在時間」は8分になります。

滞在時間は長いか短いではない

また、滞在時間は長ければ良いと思われますが、一概にそうとは言えません。
大切なことは滞在時間の長さではなく目的に合ったサイトやページになっているか分析すること。

例えば、記事だと文字が少なければ必然的に滞在時間は短くなるので気にしなくていいでしょう。
また、商品購入ページも滞在時間が長い必要はありません。
逆に、

  • 長文の記事なのに滞在時間が短い→読み飛ばされている可能性あり
  • 購入ページなのに滞在時間が長い→商品説明が分かりにくい可能性あり

このように、目的によって滞在時間の善し悪しは異なるため、あくまで滞在時間はユーザーの行動を分析し、サイトの改善につなげるためのものです。

離脱率

離脱率

離脱率とは、正確に言うと「個々のページのすべてのビューページのうち、そのページがセッションの最後のページになった割合」。でも、文面だけでは分かりにくいですよね。

さらに違いが分かりにくいものに「直帰率」があり、これは「そのページしか見なかった割合」。
どちらも離脱したことに変わりありませんが、性質が異なります。

離脱と直帰の違い

図のように、ページAを見たあとページBも閲覧してサイトを離れた場合は離脱になります。
下のようにページCだけ見てそのサイトを離れている場合は直帰です。

離脱率や直帰率を見ることで、関連記事や商品購入ページのクリックといったネクストアクションがされているかを分析できます。

関連記事や購入ボタンを設置しているのにクリックされていなければ、設定場所や誘導文言が適切でないかもしれません。そのような改善に役立ててください。

離脱率も目的に合っているか分析することが大切

「離脱率や直帰率は〇パーセント以下が良いのか?」と気になるところですが、どちらも数字ではなく目的によって分析することが大切です。

例えば離脱率や直帰率が高くても良い例があります。
ノウハウ系の記事では記事を読んでユーザーが完全に理解できたから他に遷移していない場合。
購入ページであれば、商品を買い終わったから離脱した、などです。

離脱率は先ほどの滞在時間も加味した上でそのページの目的に合わせて改善点を分析しましょう。

Googleアナリティクスの基本的な使い方

続いては、Googleアナリティクスの最も基本的な使い方を5つ紹介します。毎日はチェックする必要ありませんが、週1回ほどチェックを行い、コンテンツ改善に役立てると良いでしょう。

サイト全体のアクセス数を確認する

アクセス数の確認_1

まずは、自社サイトのアクセス数を調べてみましょう。
ホーム画面の左側にある「オーディエンス」→「概要」をクリックすると上のようなページに切り替わります。直近のユーザー数、セッション数、ページビュー数などの合計が表示されます。

アクセス数の確認_2

線グラフは最初「ユーザー」になっていますが、クリックするとセッション数やページビュー数などが選択でき、切り替えることができます。

特定の期間でアクセスデータを比較する

特定の期間のアクセスデータの比較_1

アクセス数は特定の期間を指定してリサーチすることが可能です。
「期間別」の欄で「週」をクリックすると1週間ごとの、「月」をクリックすると1ヶ月ごとのアクセス数に切り替わります。

特定の期間のアクセスデータの比較_2

さらに細かい期間で調べたい場合は、右上の期間をクリックすれば、カレンダーが出てきますので、期間を指定してすることが可能です。

特定の期間のアクセスデータの比較_3

ポイントは、過去と現在のサイト訪問の変化を分析すること。
「比較」マークにチェックを入れて期間を指定すると、前年比、前月比などが表示されます。Web幹事では私が週1回、前週と今週の訪問ユーザー数をチェックしています。
良くなった部分、悪くなった部分などを分析し、サイトの改善に役立てましょう。

関連記事上位表示されるコンテンツ設計とは?検索意図に応える方法を解説

ページ別のアクセス数を調べる

ページごとのアクセス数を調べる方法1

サイトのページ別のアクセス数を調べることもできます。画面左の「行動」をクリックしてください。

続いて「サイトコンテンツ」の「すべてのページ」をクリック。

ページごとのアクセス数を調べる方法2

ページごとのアクセス数を見ることができます。

ページごとのアクセス数を調べる方法3

検索画面で見たいページのURLを入力すると、ページ別のアクセス数が調べられます。

サイトへの流入元(チャネル)を確認する

サイトへの流入元(チャネル)を確認する

続いては、どこからアクセスがあったのかの流入元(チャネル)を確認する方法です。
画面左の「集客」を選択し「すべてのトラフィック」→「チャネル」をクリックします。
上の画像を見ると「Referral(リファーラル)」と表示されていますが、これが流入元です。
チャネルは主に5種類あります。

Referral

別のサイトのリンクから流入

Organic Search

GoogleやYahooなど検索エンジンから自然検索で流入

Paid Search

リスティング(有料)広告などから流入

Social

TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアから流入

Direct

特定のサイトがない直接のアクセスで流入

「Direct」の直接のアクセスとは、次のような例です。

  • ブックマークから
  • メールから
  • アプリから
  • QRコードから

また、「Social」などの項目をクリックすると「Twitter」から〇〇件、「Facebook」から〇〇件のアクセスがあったなど詳しく分かります。Web幹事ではTwitterの運用に力を入れていますので、Twitter経由からの記事へのアクセス数が増えています。

なので、SEOの外部対策として以前より積極的に記事もシェアするようになりました。流入を増やすための戦略分析に活用してください。

関連記事SEO外部対策とは?実践ガイドと被リンクチェックのツールまとめ

サイトを利用しているデバイス(PC/スマホ)を確認する

サイトを利用しているデバイス(PC/スマホ)を確認する

最後は、サイトを利用しているデバイス(PC/スマホ)を確認する方法です。
Googleアナリティクスの左画面の「オーディエンス」の中から「モバイル」→「概要」をクリックしてください。

画面上にある「desktop」がデバイスを表し、PCのことです。「desktop」の他は次の2つです。

  • Mobile(スマホなどの携帯端末)
  • Tablet(iPadやsurfaceなどのタブレット端末)

このデータを参考に、使用の多いデバイスに向けたホームページに改良するなど、サイトの戦略を練りましょう。

さらに詳しいアナリティクスの使い方を知りたい 「ページごとのアクセス数やチャネルを調べたい」「競合サイトのアクセス数を調べたい」など、さらに詳しい使い方を知りたい方は次の記事も参考にしてください。
「ホームページのアクセス数をサクッと調べる方法【初心者向け】」

やっておきたいGoogleアナリティクスの基本的な設定

最後に、Googleアナリティクスに慣れてきたらやっておきたい設定を2つ紹介します。

Google Search Consoleとの連携

Google Search Consoleとの連携

最初は「Google Search Console(サーチコンソール)」の連携方法の紹介です。
連携作業は5分で済むので必ずやりましょう。

Search Consoleは、Googleアナリティクスと並んでサイトの分析に不可欠な無料ツール。
Googleの検索エンジン上で表示されたサイトの

  • 表示回数
  • クリック数
  • クリック率
  • 平均掲載順位

これらを解析してくれるツールです。Search Consoleを活用することによって、「そもそもユーザーがサイトを訪れてくれるためには何が必要か」を考えることにつながります。

Google Search Consoleの設置がまだの方は、下記の記事を参考に登録してください。
関連記事【入門版】Google Search Consoleの登録・設定方法&使い方
ここでは連携方法を説明します。

STEP1

Google Search Consoleとの連携_1

まずは、画面左にある「集客」→「Search Console」→「検索クエリ」をクリックします。

STEP2

Google Search Consoleとの連携_2

上のような「プロパティ設定」の画面に切り替わるので、下までスクロールし、「Search Consoleを調整」をクリックします。次に「 Search Consoleの設定」の画面に飛ぶので、「編集」を押して連携したいWebサイトを選べば完了です。

STEP3

Google Search Consoleとの連携_3

連携が完了したら、再度「集客」→「Search Console」→「検索クエリ」をクリックで確認しましょう。どんなキーワードで検索してサイトを訪れたか(検索クエリ)、「クリック数」「表示回数」などが分かります。

他のメンバーへの共有設定

続いては、Googleアナリティクスのデータを他のメンバーと共有する方法を紹介します。

STEP1

他のメンバーへの共有設定_1

Googleアナリティクスの左下にある「管理」マークをクリックします。

STEP2

他のメンバーへの共有設定_2

上のような画面に変わるので、「アカウントユーザーの管理」を選びます。

STEP3

他のメンバーへの共有設定_3

続いてアカウントの権限の画面で右上の「+」ボタンを押して「ユーザーを追加」をクリック。

STEP4

他のメンバーへの共有設定_4

最後に、データを共有したい人のGmailアドレスを入力してください。付与する権限をクリックしたら、右上の「追加」ボタンを押すと、Googleアナリティクスのデータが共有できます。

Googleアナリティクスの設定&使い方まとめ

以上、Googleアナリティクスの設定方法、基本的な使い方、慣れてきたらやっておきたい設定までを解説してきました。
設定はたったの4ステップで、30分もかからずに完了します。

Googleアナリティクスを使いこなすと、サイトの改善が劇的に変わります。

大切なことは取得したデータを「分析」し「改善」することです。サイト運営は闇雲にコンテンツを量産しても徒労に終わるだけ。改善を重ねて成長していくことが生命線です。
単純にPV数が多い、滞在時間が長いかの表層的な数字ではなく、

  • 目標の訪問者数・PV数が達成できているか
  • 狙っているターゲットが訪れているか
  • 成果(コンバージョン)に繋がっているか

これらの踏み込んだ分析と、そこに向けた改善を行いましょう。

関連記事:コンテンツSEOで検索上位を狙う手法・メリットを詳しく解説【初心者向け】