おすすめビジネスマッチングサイト8選と利用する際のポイントまとめ

ホームページやシステム開発、製造部品と、発注先の選定に困ったことはありませんか?
BtoBの商材はインターネットで検索しても情報が少なく、発注先選定に苦戦されている方も多いかと思います。

そんなときに便利なのが、製品・サービスの発注者と受注者のマッチングしてくれる「ビジネスマッチングサイト」です。

インターネットで検索すると、ビジネスマッチングサイトの情報が数多く出てきます。
それでは、どのビジネスマッチングサイトに依頼すればいいのでしょうか。

  • 「相談できる製品やサービスはなに?」
  • 「どんなところが運営しているの?」
  • 「依頼するビジネスマッチングサイトを決めるときのポイントは?」

本記事ではビジネスマッチングサイトに関する上記のような疑問にお答えしていきます。
カテゴリごとのおすすめビジネスマッチングサイトも紹介しますので、ぜひ最後まで読んでいただき、依頼する際の参考にしてください。

目次
  1. 1. ビジネスマッチングサイトとは?
    1. 1-1. どんなサービスや製品の相談ができる?製造業やシステム、ホームページ制作など様々!
    2. 1-2. どんなところが運営している?国や行政など公的機関がマッチング支援するサービスも!
  2. 2. ビジネスマッチングサイトを利用する際のポイント
    1. 2-1. ビジネスマッチングサイトの得意分野を確認しよう
    2. 2-2. 料金体系を事前に確認しよう
  3. 3. カテゴリ別ビジネスマッチングサイト8選
    1. 3-1. ホームページ制作に強いビジネスマッチングサイト
    2. 3-2. システム開発に強いビジネスマッチングサイト
    3. 3-3. 製造業・ものづくりに強いビジネスマッチングサイト
    4. 3-4. オールジャンルのビジネスマッチングサイト
    5. 3-5. クラウドソーシング系のビジネスマッチングサイト
    6. 3-6. 公的機関が運営しているビジネスマッチングサイト
  4. 4. ビジネスマッチングサイト まとめ

ビジネスマッチングサイトとは?

ビジネスマッチングサイトとは、製品やサービスを必要とする人と、それを提供する人とを仲介するサイトのことです。
何らかのビジネスを取り扱うマッチングサイトであれば、企業・個人を問わずビジネスマッチングサイトに含まれますが、個人が供給者の場合には特にクラウドソーシングと呼ばれます。

どんなサービスや製品の相談ができる?
製造業やシステム、ホームページ制作など様々!

ビジネスマッチングサイトが取り扱っているサービスや製品はサイトによって様々です。
それでは、具体的にはどのようなサービスや製品の相談ができるのでしょうか。

ホームページ制作やシステム開発などIT関連、自動車、機械、鉄道、精密機器、住宅建材・家具などを取り扱うものづくり系などのビジネスマッチングサイトがあります。

「クラウドソーシング」と呼ばれるビジネスマッチングサイトには、システムやアプリの開発、ウェブ制作、ロゴマークやチラシのデザイン、ライティング、コンサルティング、通訳などの案件が掲載されています。
また、サービスによっては海外の企業・個人との取引も可能です。

どんなところが運営している?
国や行政など公的機関がマッチング支援するサービスも!

ビジネスマッチングサイトの運営元には2種類あります。企業と公的機関です。

企業が運営している場合は、特定の分野に精通している会社がその分野に特化したビジネスマッチングサイトを運営していることが多いです。

たとえば、ホームページ制作やシステム開発に特化したビジネスマッチングサイトが存在します。
また、人材紹介業を行っている会社が、保有しているノウハウを活かしてマッチングビジネスを運営しているケースもあります。

運営元が公的機関の場合、その担当分野に関するビジネスマッチングサイトを運営しています。
たとえば、貿易に関する公的機関が輸出入を支援するサイトを運営していたり、中小企業に関する公的機関が中小企業に対して大手企業や海外企業を仲介するサービスを提供していたりします。

ビジネスマッチングサイトを利用する際のポイント

ビジネスマッチングサイトを利用する際に確認しておきたいポイントは2点あります。

ビジネスマッチングサイトの得意分野を確認しよう

ビジネスマッチングサイトで取り扱っているサービスや製品は多岐に渡ります。

しかし、サイトによって取り扱っている内容は異なりますので注意が必要です。
まずはそのサイトが相談、代行してもらいたい分野を取り扱っているかどうかを確認しましょう。

代行してもらいたい分野の取り扱いがあれば、豊富な分野を取り扱っているオールジャンルのビジネスマッチングサイトに相談・依頼することもひとつの手です。

しかし、特定の分野に特化したビジネスマッチングサイトに依頼することをおすすめします。
そのサイトや、サイトを運営する会社が専門としている得意分野を取り扱っているため、より質の高いサービスを受けられる可能性が高くなります。

料金体系を事前に確認しよう

ビジネスマッチングサイトの利用料金は完全無料であることが多いですが、中には有料のものもあります。

有料と言っても、サイトに登録・掲載するだけで費用が発生する掲載型から、マッチングが成立した時点で料金が発生する成果報酬型、発注先紹介サービスなど一部サービスが有料になっているものまで様々です。

依頼したい分野を取り扱っているサイトを見つけたあとは、必ず依頼前に料金体系の確認をするようにしてください。

カテゴリ別ビジネスマッチングサイト8選

ホームページ制作に強いビジネスマッチングサイト

まずはホームページ制作を依頼したい人とホームページ制作会社とのマッチングを行っているサービスを紹介します。

Web幹事

Web幹事

いきなり自社の宣伝で恐縮ですが、ホームページ制作に特化したビジネスマッチングサイトとして、当社サービスの「Web幹事」を紹介します。

「Web幹事」は日本全国のホームページ制作会社の情報をデータベース化しており、その数は5,000社以上で国内最大級。検索機能が充実している点が特徴で、都道府県や業界別の検索だけでなく、「SEO対策に強い」「格安対応」など、多彩な切り口で検索できるようになっています。

また、発注者からヒアリングした要件に応じた制作会社を紹介するサービスも無料で提供。
Web制作の経験を持つ専門のコンサルタントが対応します。

ホームページ制作に関する情報提供も積極的に行っており、ホームページ制作の発注方法から料金の相場、おすすめのホームページ制作会社紹介までサイト上で多くの記事を自由に閲覧可能です。

ほか、「Web幹事」は「THE BRIDGE」や「イノベーションズアイ」など多数のメディア掲載実績があります。

【無料】Web幹事に優良ホームページ制作会社を紹介してもらう

システム開発に強いビジネスマッチングサイト

システム開発もホームページ制作と同様に、専門知識がないと発注が難しい分野のひとつですから、ビジネスマッチングサイトを通して発注先を探す方法は有効です。

発注ナビ

発注ナビ

システム開発に強いビジネスマッチングサイトは、ソフトバンクグループの企業が運営している「発注ナビ」がおすすめです。

全国のシステム開発会社を独自にデータベース化しており、顧客管理、受発注管理などの業務システムから、予約受付やデータベースなどのWebシステム、iOS・Android向けのアプリ開発まで多様なシステム開発会社を紹介可能。

JavaやRPAなど270以上の開発言語や技術領域に対応しています。

マッチングサイト上に、発注者の声や発注事例、注目の開発会社などを掲載しており、これらを参考に発注先を探すこともできます。

専門コンシェルジュによるマッチングサービスも無料で提供しており、最短1営業日でヒアリング内容に応じた開発会社を紹介可能。
8,200以上の豊富な紹介実績があります。

ほか、システム開発に関するノウハウなどを発信しているメディア「発注ラウンジ」の運営も行っています。

製造業・ものづくりに強いビジネスマッチングサイト

ビジネスマッチングサイトは、IT系だけではありません。
自動車や機械の部品など、ものづくりを依頼できるサイトもあります。

Linkers

linkers

ものづくりに強いビジネスマッチングサイトは、試作・開発・保守パートナー、OEM生産委託先、技術コンサルタントなど幅広いニーズに対応可能な「Linkers」がおすすめです。

自動車、機械、エレクトロニクス、 バイオなど各分野の専門家による発注先選定サポートを提供。
最終候補に残った数社とは直接面談する機会を設定し、ファシリテーションも行います。

守秘義務契約を結んだ産業支援機関と連携しているため、企業名や秘密情報を伏せたまま全国の発注先にアプローチが可能。マッチング実績が豊富で、オリンパスやコクヨ、大和ハウスなど大手企業の対応実績も多数保有しています。

「Linkers」はNHKの「クローズアップ現代」やテレビ東京の「WBS」へのメディア掲載、ニッポン事業構想大賞、日本イノベーター大賞2015、日本ビジネスモデル大賞などの受賞歴があります。

オールジャンルのビジネスマッチングサイト

専門の分野を持たず、幅広いビジネスのマッチングサービスを提供しているサイトもあります。

eiicon()

eiicon

オールジャンルのビジネスマッチングサイトは、人材紹介業大手のパーソルグループが運営している「eiicon」がおすすめです。「eiicon」はオープンイノベーションに特化したマッチングサイトで、自社のPRページの作成、提携先の検索、サイト内で見つけた企業へのコンタクト・提携まですべて無料。

登録企業数は5,000社以上で、全国の幅広い業界の企業・大学・自治体などが参加しています。
コニカミノルタ、富士通、サントリーなど大手企業の利用実績もあり、公式ホームページ上にはインタビュー記事や成功事例が多数掲載されています。

リアルにおけるサポートも実施しており、一度に多くの企業と会うことができるイベントの開催、人材サービス老舗のパーソルグループのノウハウを活かしたマッチング支援を提供。
ほか、オープンイノベーションの成功やビジネスの活性化を目指したメディア「eiicon lab」を使った情報発信も行っています。

クラウドソーシング系のビジネスマッチングサイト

個人がサービスや製品を供給するクラウドソーシングを扱うビジネスマッチングサイトは、
おすすめがふたつあります。

クラウドワークス

crowdworks

ひとつめは、ユーザー数約303万人、仕事依頼数約275万件のビジネスマッチングサイト「クラウドワークス」。
システムやアプリの開発、ウェブ制作、ロゴマークやチラシのデザイン、ライティングなど案件カテゴリーは200種類以上で、プロ向けの仕事から、経験不問の仕事まで幅広い案件を掲載。

iOSとAndroidで無料アプリをリリースしているため、案件の検索からメッセージのやり取りまでをアプリ内で行うことができます。

ほか、Webメディア「クラウドソーシングTimes」や無料のオンラインセミナーでクラウドソーシングに関する情報発信も行っています。

Lancers

Lancers

クラウドソーシング系のビジネスマッチングサイトは「Lancers」もおすすめ。
ベンチャーから大手企業まで、350,000社以上の利用実績があり、公式ホームページ上には株式会社新生銀行やKDDI株式会社などの導入事例が掲載されています。

取り扱っている案件は幅広く、コンサルティング、デザイン制作、システム開発、ライティング、通訳など。マッチング後は、トラブルなどの際に利用できる専門の窓口が24時間365日サポート。

また、発注者と受注者が直接やり取りする形以外に、Lancersにて書類選考・面接済みの人材の中から案件に合った人材を紹介する「Lancers Pro」、Lancersにディレクションの一括委託ができる「Lancers Outsourcing」、IT系の常駐人材を紹介する「Lancers Agent」など、複数のサービスを用意しています。

公的機関が運営しているビジネスマッチングサイト

最後に紹介するのは公的機関が運営するビジネスマッチングサイトです。

公的機関の運営であれば、初めてビジネスマッチングサイトを利用する場合でも安心して依頼することができるのではないでしょうか。

TTPP

日本貿易振興機構

公的機関が運営しているビジネスマッチングサイトのおすすめとして、日本貿易振興機構「JETRO」が運営している「TTPP」があります。

「TTPP」は「Trade Tie-up Promotion Program」の略で、国際的なBtoB取引を支援する無料のマッチングサービスです。
鉄道関連、スポーツ・レジャー、精密機器、環境・バイオ、IT、住宅建材、医療・福祉、食品、ファッションなど、幅広い分野の案件を取り扱っています。

日本産の農林水産物・食品の輸出に関しては特にサポートが手厚くなっており、「TTPP」内特設のマッチングサイト「JAFEX」の利用も可能。

「TTPP」は、各国の公的機関が運営するビジネスマッチングサイトと連携しているため、「TTPP」に登録した情報は日本語・英語で世界中に公開されます。
また、海外ユーザーが登録した情報はJETROが翻訳し、日本語のWeb画面で閲覧可能です。

J-GoodTech

J-GoodTech

公的機関が運営しているビジネスマッチングサイトは「J-GoodTech」もおすすめです。

「J-GoodTech」は経済産業省所管の独立行政法人「中小企業基盤整備機構」が運営しているマッチングサイトで、日本の中小企業と国内大手企業・海外企業のマッチングをサポートしています。

登録企業は国内中小企業約14,000社、大手パートナー企業約400社、海外企業約7,000社で、その多くは中小機構や自治体、各国の支援機関から推薦された企業です。
製造業、サービス業、卸売業など幅広い業種の企業が参加しています。
サイトは利用料無料で、企業情報の発信・検索、直接の商談・情報交換のほか、専門知識を持った中小機構のコーディネーターによるマッチングサポートも提供可能です。

ほか、登録企業のマッチング成功事例や国内・海外市場の情報などに関する記事や動画を発信している「ジェグテックジャーナル」の運営も行っています。

ビジネスマッチングサイト まとめ

ビジネスマッチングサイトの利用する際のポイント、カテゴリ別のおすすめを紹介しました。

どのカテゴリのビジネスマッチングサイトを利用する場合も最低限以下の点については確認するようにしましょう。

  • どんなところが運営しているか
  • 相談、代行してもらいたい分野を取り扱っているか
  • オールジャンルか特定の分野に特化しているか
  • 料金体系はどうなっているか

どのビジネスマッチングサイトに依頼するかによって紹介される発注先が変わるため、マッチングの納得度が変わってきます。
本記事が、満足のいくマッチングの一助になれば幸いです。