【比較】記事作成代行サービスの特徴・選び方・注意点を解説!

「Webサイトの記事を充実させたいけど、手が回らない……」
社内でライター・編集者を育成するには時間がかかりすぎる

そのお悩みは、記事作成代行サービスに依頼することで解決できます。しかし、記事作成代行サービスは数多くあり、どの業者へ依頼したら良いかわからない人も多いです。

そこで本記事で、おすすめの記事代行サービスを10社紹介します。

10社の特徴を比較して、自社のメディアに合う記事作成代行サービスを見つけてください。記事の質が高く、集客アップするWebメディアが構築できます。

※すでに記事代行サービスの知識があり、すぐにおすすめの代行サービスを知りたい方は、下のボタンをクリックしてください。

おすすめの記事代行サービス10選を比較する

目次
  1. 1. ライティング専門型とクラウドソーシング型の違い
    1. 1-1. ライティング専門型
    2. 1-2. クラウドソーシング型
  2. 2. おすすめの記事代行サービス10選
    1. 2-1. サグーワークス(ライティング専門型)
    2. 2-2. サムライト(ライティング専門型)
    3. 2-3. 記事作成代行ドットコム(ライティング専門型)
    4. 2-4. 記事作成センター(ライティング専門型)
    5. 2-5. Buildup(ライティング専門型)
    6. 2-6. Lancers(クラウドソーシング型)
    7. 2-7. クラウドワークス(クラウドソーシング型)
    8. 2-8. Bizseek(クラウドソーシング型)
    9. 2-9. シュフティ(クラウドソーシング型)
    10. 2-10. Shinobiライティング(クラウドソーシング型)
  3. 3. 自社に合う記事作成代行サービスの選定ポイント
    1. 3-1. 1.得意分野・専門分野がマッチしているか?
    2. 3-2. 2.ディレクター、ライターそれぞれのクオリティは十分か?
    3. 3-3. 3.料金設定は明確か?
    4. 3-4. 4.SEO対策を任せられるか、知識は十分か?
    5. 3-5. 5.別のクラウドソーシングに再委託していないか?
    6. 3-6. 6.制作実績を公開しているか?
    7. 3-7. 7.複数の業者に同時進行形式で任せてみる
  4. 4. 記事作成代行のメリットとデメリット
    1. 4-1. 記事作成代行サービスのメリット
    2. 4-2. 記事作成代行のデメリット
  5. 5. 自分に合った記事作成代行サービスでサイトを充実させよう
    1. 5-1. 内製化の計画も同時に進行させておく

ライティング専門型とクラウドソーシング型の違い

これから初めて記事代行サービスを利用される方に、専門型とクラウドソーシング型の2種類の違いを説明します。一覧にして比較していきます。

 

ライティング専門型

クラウドソーシング型

費用

高い

安い

記事ができるまでの期間

長い

短い

依頼できる工程

スケジュール調整

サイト設計

リサーチ

ライティング

コピーチェック

記事掲載後の集客 など

リサーチ

ライティング

依頼先

会社

個人のライター

記事のクオリティ

比較的高い

依頼するライターによって差がある

ライティング専門型とクラウドソーシング型には特徴があります。以下の項目から、それぞれの詳しい特徴や依頼に向いている人について解説します。

ライティング専門型

実績あるディレクターが、ライターへ指示を出して記事執筆してもらいます。SEOコンサルから記事掲載後の解析まで、長期に渡って依頼することができます。

SEOコンサルは、Webサイトの集客をする上で重要になります。SEOとは、検索エンジンでWebサイトを上位に表示させることで集客を伸ばす手法です。ライティングをするだけでなく、SEOコンサルによってWebサイトを多くの人に見てもらうことができます。

【こんな人に向いている】

  • 一定の水準をクリアした記事だけが欲しい
  • 料金が高くても記事制作は任せたい
  • 記事だけでなく、SEOコンサルや記事掲載後の解析までしてほしい
  • ディレクターにスケジュールを管理してほしい

クラウドソーシング型

クラウドソーシング型は、Webサイト上で募集をかけてライターを探す方法です。比較的費用を抑えつつ、短期間で記事が納品されます。

ライターの探し方は主に以下の3つです。なお、クラウドソーシングでは「コンペ型」もあるものの、ライティングの分野ではあまり利用されないため除外しています。

 

依頼までの流れ

記事のクオリティ

プロジェクト型

条件を提示してライターに提案(応募)

してもらい、執筆するライターを選別

応募された中からメディアのカラーに合う人

・実績のある人を選べる

タスク型

書いてほしい記事の内容を提示し、

先着順で記事を書いてもらう

~1,000文字程度の短い記事に向いているが、

先着順でクオリティの保証はない

スカウト型

ライターのプロフィールを見て依頼

をする

実績を確認して声を掛けられる

いずれの形式にせよ、不特定多数のライターの中からメディアのカラーに合う人を探す必要があります。ライターとのやりとりを行わなくてはならないため、手間がかかる面は否定できません。

また、ライターの質はさまざまです。必ず良い記事を書いてくれるとは限らないため、時間や手間がかかります。

【こんな人に向いている】

  • 費用は抑えたい
  • ライターとやりとりをするのは苦でない
  • 記事の質より量が欲しい
  • SEOなどの知識は持っている

おすすめの記事代行サービス10選

ここから、おすすめの記事代行サービス10社を紹介します。求めるライターに出会えるサービスを見つけて、良い記事を制作しましょう。

サグーワークス(ライティング専門型)

サグーワークス

https://works.sagooo.com/

株式会社ウィルゲートが運営する「サグーワークス」は、総製作記事360万の大手記事代行サービスです。

3,200社に提供した実績を持つSEOノウハウ

2006年の創設以来、株式会社ウィルゲートでは3,200社のSEOを支援してきました。Webサイトの集客やコンテンツマーケティングなど、さまざまな実績を持っています。

選べるプラン

オンライン発注プランは、安価で素早い納品が魅力です。オーダーメイドプランは、SEOコンサル・キーワード選定・専門家監修などのサポートがあります。

ライターのランクを選べる

サグーワークスでは、ライターをレギュラー・ゴールド・プラチナとランク付けしています。サグーワークス内のライティングテストに合格した、高水準のライターに依頼可能です。

Wチェック体制で安心

ライターが執筆した記事は、独自に開発したシステムでのチェック+目視で文章の品質を保ちます。

【こんな人におすすめ!】

  • 実績ある企業に依頼したい
  • 料金は比較的安くしたい
  • 納品は早い方が良い
  • ライターの水準を選びたい

    運営企業

    株式会社ウィルゲート

    料金目安

    初期費用:なし

    ・オンライン発注プラン:1文字0.75円~、3.0円~

    ・オーダーメイドプラン1文字1.2円~、4.5円~

    プラン

    オンライン発注プラン(1記事から可)

    オーダーメイドプラン(30万円から対応)

    納期目安

    早め

    資料ダウンロード

    https://works.sagooo.com/order/download/

サムライト(ライティング専門型)

サムライト

サムライトは、サムライト株式会社が運営する企業向けコンテンツマーケティング支援サービスです。ライティングだけでなく、コンテンツ制作など多岐に渡って支援しています。

オウンドメディア立ち上げ実績150社以上

これまでに、オウンドメディアの立ち上げは150社以上と実績充分です。

記事作成以外に多方面のコンテンツマーケティングを支援

記事だけでなく、動画制作やインフルエンサーによるSNS拡散なども支援します。オウンドメディアを多くの人に見てもらうための施策について、ライティングとあわせて依頼可能です。

戦略設計から掲載後の分析まですべてお任せ

自社サイトの設計から運営まで任せられます。サイト集客の知識がない場合でも安心です。

【こんな人におすすめ!】

  • 戦略や分析など、サイトに関わることはすべて任せたい
  • 記事作成以外にも、SNSで拡散してほしい
  • 費用はかかってもかまわない

    運営企業

    サムライト株式会社

    料金目安

    月額50万円~

    プラン

    ・オウンドメディア運用設計・運用チームアサイン

    ・オウンドメディア設計・コンテンツ制作・コンテンツ流通 など

    納期目安

    プランによる

    資料ダウンロード

    https://somewrite.com/contents/download/

記事作成代行ドットコム(ライティング専門型)

記事作成代行ドットコム

記事作成代行ドットコムは、2011年にサービスをスタートさせた老舗です。これまで400社の記事を代行した実績があります。

記事作成だけをしてほしい場合にも対応

記事作成代行のみの依頼は、1文字1円から依頼できます。サイトのコンテンツだけを増やしたい場合におすすめです。

キーワード選定・提案・執筆・更新などを任せられる

メディア運営をする上で重要な、キーワード選定や提案やサイトの更新作業の依頼ができます。煩わしい細かな作業も、オプションによって依頼できるため工数が減らせるでしょう。

専門性のある分野も依頼できる

専門性のある分野の記事・テープ起こし・電話インタビューなども請け負っています。

【こんな人におすすめ!】

  • 作業内容は自分好みに指定したい
  • 料金は抑えつつもプロのライターに執筆してほしい
  • 他の記事作成代行サービスにはない要望を取り入れてほしい

    運営企業

    アドバンサー株式会社

    URL

    https://writing-daiko.com/

    料金目安

    ・おまかせコース:1文字1円

    ・こだわりコース:1文字3円~

    プラン

    ・おまかせコース(文字数・キーワード・文調・禁止事項の指定のみ)

    ・こだわりコース(細部までの指定が可能)

    納期目安

    プランによる

    資料ダウンロード

記事作成センター(ライティング専門型)

記事作成センター

記事作成センターは、家庭用品・クリニック・飲食関連・ビジネスなどさまざまな分野の記事を執筆している記事作成代行サービスです。月間200万文字を生産できる体制を整えています。

注文からアサイン確定まで3営業日以内

記事作成センターは、スピーディーな納期を実現します。注文からアサイン(割り振り)確定まで3営業日以内です。

充実の品質管理体制

ライターの質が高いだけでなく、ディレクターによる管理も行います。コピーや誤字脱字など、機械だけでなく目視でのチェックで品質は万全です。

対応オプションにより細かな指示ができる

記事執筆以外にも、ワードプレスなどのCMS入稿やSNS投稿も対応します。

【こんな人におすすめ!】

  • 記事はなるべく早く納品してほしい
  • 品質の高い記事を作成してほしい
  • 記事執筆だけでなく、キーワードの提案やワードプレス入稿も頼みたい

    運営企業

    株式会社スマートインフォメーション

    URL

    https://e-writing.net/

    料金目安

    基本プラン:2.5円~

    お任せプラン:3.5円~

    プラン

    基本プラン(タイトル・キーワードの指定を受けて執筆)

    お任せプラン(SEOを含めた提案・執筆)

    納期目安

    早め

    資料ダウンロード

Buildup(ライティング専門型)

Buildup

Buildupは、これまでに1万記事の提供経験があるコンテンツ作成サービスです。サイトのアクセス数は、平均450%アップを誇っています。

記事数ではなく質にこだわる姿勢

Buildupは、記事数や文字数にとらわれません。文字単価ではなく、1記事単価で高品質記事を執筆します。

顧客満足度98.4%の高品質

記事の修正に回数制限を定めていません。納得いくまで、記事の修正依頼が可能です。顧客満足度98.4%と、多くの人が品質を認めています。

専門家監修記事も可

専門家監修の記事を執筆してもらえるため、信ぴょう性ある記事を執筆してもらえます。

【こんな人におすすめ!】

  • 量よりも質を重視したい
  • 結果が出るなら費用がかかっても構わない
  • 質の良いライターに依頼したい

    運営企業

    株式会社IAMmedia

    URL

    https://buildupp.net/content-production

    料金目安

    1記事7万円~

    プラン

    納期目安

    普通

    資料ダウンロード

Lancers(クラウドソーシング型)

Lancers(ランサーズ)

Lancers(ランサーズ)は、顧客満足度・リピート率・運営実績No.1のクラウドソーシングです。オンライン上でライターを探せます。

プロジェクト・タスク・スカウトなど、さまざまな形式での依頼が可能

ライターを探して依頼する・ライターから応募してもらうなど、様々な手法で依頼できます。
実績あるライターは「認定ランサー」のバッジが表示されていて、探しやすいです。

単純なライティングはタスクで費用を抑える

ライターとやり取りをせずに記事を納品してもらえるタスク型は、誰にでも書ける簡単で短い記事の場合に有効です。費用を抑えながら記事を量産できます。

サポート体制が充実

ランサーズではサポート体制が充実している点が魅力です。わからないことやトラブルを気軽に相談できます。

【こんな人におすすめ!】

  • 費用は抑えたい
  • 記事だけを執筆してほしい
  • やりとりや編集など自分でやる工数が多くても構わない

    運営企業

    ランサーズ株式会社

    URL

    https://www.lancers.jp/

    料金目安

    手数料・登録費用なし

    文字単価0.5円~

    依頼方法

    プロジェクト方式

    タスク方式

    コンペ方式

    スカウト(直接依頼)

    納期目安

    早い

    資料ダウンロード

クラウドワークス(クラウドソーシング型)

クラウドワークス

クラウドワークスは、国内シェア・取引数・ユーザー数No.1のクラウドソーシングです。仕事発注数300万件と、多くの仕事がやりとりされています。

200種類以上の仕事から選べる

ライティング以外にも、サイトの構築やデザインなど、幅広く依頼できます。

ユーザー数300万人の中から依頼できる

クラウドワークスは、登録している300万人の中から発注先を見つけられます。実績のあるライターは「プロクラウドワーカー」のバッジが表示されていて見つけやすいです。

登録費や手数料なし

クラウドワークスに登録費や手数料を支払う必要はありません。安価で記事外注できます。

【こんな人におすすめ!】

  • ライターに適切な指示ができる
  • 多くのライターの中から合う人を選ぶ自信がある
  • 費用を安価に抑えたい

    運営企業

    株式会社クラウドワークス

    料金目安

    手数料・登録費用なし

    1文字0.5円~

    依頼方法

    プロジェクト形式

    タスク形式

    コンペ形式

    スカウト(直接依頼)

    納期目安

    早い

    資料ダウンロード

    https://crowdworks.jp/static/lp/dl_service_top/?ref=toppage_side_tracking_banner

Bizseek(クラウドソーシング型)

Bizseek

Bizseekは、過去は実名制だったため現在も実名登録をしているワーカーが多いです。ライティング以外の業務も依頼できます。

コンペ式とプロジェクト式のみ

Bizseekには下記のように、他のクラウドソーシングにある「タスク型」がないため、ライティングしてもらうライターを厳選する必要があります。

依頼までの流れ

記事のクオリティ

依頼までの流れ

プロジェクト型

条件を提示してライターに提案(応募)

してもらい、執筆するライターを選別

応募された中から、メディアのカラー

に合う人・実績のある人を選べる

コンペ型

依頼に対して直接営業する。どの成果

物が選ばれるのかは終わるまで不明

広く多くの人から提案を募集できる

ライター側の手数料が安い

Bizseekは、ライター側の手数料が10%です。他社の20%と比較すると安いため、ライター側の負担が少ないでしょう。発注する側にとっても料金を上乗せせずに済むため、費用を抑えられます。

ライティング以外も依頼できる

ライティングだけでなく、システムやデザインなどの仕事を依頼できます。

【こんな人におすすめ!】

  • 費用を抑えたい
  • システム開発やデザインも依頼したい
  • 短期間で記事を納品してほしい

    運営企業

    株式会社アイランド

    URL

    https://www.bizseek.jp/

    料金目安

    手数料・登録費用なし

    1文字0.5円~

    依頼方法

    プロジェクト式

    コンペ式

    スカウト(直接依頼)

    納期目安

    早い

    資料ダウンロード

シュフティ(クラウドソーシング型)

シュフティ

シュフティは、働きたい主婦を支援するクラウドソーシングです。結婚や出産を機に、自宅にいることが増えた主婦が多く登録しています。

女性目線の記事を依頼しやすい

シュフティには主婦が多く登録しています。オウンドメディアが女性向け・主婦向けの場合、経験をもとに説得力ある記事が納品されます。

ライターへの一括送信でやりとりがスムーズ

多数のライターとのやりとりをする場合、一括送信ができて簡単なので、やりとりの手間を減らすことが可能です。

1記事から依頼

まず1記事の小口依頼をし、相性の良いライターとだけ継続できる「パートナー機能」が便利です。

【こんな人におすすめ!】

  • 女性・主婦目線の記事がほしい
  • 多数のライターへ依頼したい
  • お試しで記事を書いてもらってから継続を決めたい

    運営企業

    株式会社うるる

    URL

    https://app.shufti.jp/

    料金目安

    手数料・登録費用なし

    1記事100円~

    依頼方法

    プロジェクトタイプ

    タスクタイプ

    パートナー機能

    納期目安

    早い

    資料ダウンロード

Shinobiライティング(クラウドソーシング型)

Shinobiライティング

50万人以上のライターが登録しているクラウドソーシングです。これまで500万記事以上の執筆実績があります。

独自のコピペチェックシステム

Shinobiライティングが独自に開発したコピペチェックシステムにより、他にはないオリジナリティある記事ができます。

プロライターへの依頼ができる

Shinobiライティングに属しているプロライターを指名できます。費用がかかっても高品質な記事が納品されるでしょう。

1記事からの発注

かんたん発注なら1記事から依頼できるため、大量依頼に不安を持っていても大丈夫です。

【こんな人におすすめ!】

  • 1記事から大量の記事まで対応
  • 煩わしいコピペチェックは任せたい
  • 高品質の記事作成ができるプロライターに書いてほしい

    運営企業

    CROCO株式会社

    URL

    https://crowd.biz-samurai.com/

    料金目安

    1文字1円~

    発注金額5,000円未満の場合、事務手数料160円

    依頼方法

    かんたん発注

    エクセル発注

    見出し付き発注

    納期目安

    早め(100記事3日で納品可能)

    資料ダウンロード

自社に合う記事作成代行サービスの選定ポイント

記事作成代行サービスを選ぶ7つのポイント

記事作成代行サービスを見ても決め切れなかった方のために、選定ポイントを解説します。記事作成代行サービスを実際に選ぶとなった場合、注目すべき点があります。

自社に合う記事を制作するためにも、選定ポイントを押さえておきましょう。

1.得意分野・専門分野がマッチしているか?

記事作成代行サービスには得意分野や専門分野があります。依頼をする前に、記事作成代行サービスの得意分野・専門分野が合っているか確認しましょう。

医療監修・弁護士監修など、専門家にチェックしてもらって記事の信ぴょう性を高める必要もあります。依頼したい記事作成代行サービスとメディアのカラーがマッチしているか調べてください。

2.ディレクター、ライターそれぞれのクオリティは十分か?

ディレクターやライターには、初心者からベテランまでスキルはバラバラです。記事作成を依頼する前に、実績の確認をしましょう。

実績の確認をするためには、過去に執筆した記事の提示をしてもらってください。ライティングだけでなく、やりとりのしやすさも重要なスキルです。スムーズに連絡が取れるか、納期を守ってくれるかなど、慎重に見極めていきましょう。

3.料金設定は明確か?

求める記事のクオリティによってプランなどは違います。安ければいいと適当に決めてしまうと、質の高い記事は納品されません。

また、記事作成代行サービスの料金は高くても、ライターへ相応の支払いがないケースもあります。この場合、支払った料金に見合わないクオリティの記事が納品される可能性が高いです。

料金設定に不当面な点がないか・提供されるサービスに納得できるかなど、細かな部分まで検討してください。

4.SEO対策を任せられるか、知識は十分か?

SEO対策は、Webサイトへの集客をするならば避けて通れない施策です。検索エンジンの上位にWebサイトを表示させるためには、対策を任せられるライター・ディレクターでなくてはいけません。SEOの知識があるか、実績を事前に確認してください。

5.別のクラウドソーシングに再委託していないか?

記事作成代行の依頼を受けたあと、別のクラウドソーシングに再依頼するケースがあります。安価で再依頼されるため、料金に見合わないクオリティの記事になる可能性が高いです。依頼した記事作成代行サービス内で作業が完結しているか、慎重に見極めましょう。

6.制作実績を公開しているか?

制作実績を見ることで、ライターの力量をある程度測れます。公開されていない場合は、依頼する前に過去に制作した記事を提出してもらいましょう。提出を拒まれた場合は、依頼を避けてください。

7.複数の業者に同時進行形式で任せてみる

大量の記事を制作する場合は、複数の業者に同時進行で任せてみましょう。ひとつの業者に任せてしまうと、イメージと違う記事が大量に提出されたり、全体的に納期が遅れたりといったトラブルが予想されます。

イメージに合う記事が多く納品される・やりとりがスムーズでストレスが少ない業者やライターに継続依頼することで、質の高い記事が集まります。

記事作成代行のメリットとデメリット

おすすめの記事代行サービスはみつかりましたか?

これから発注する前にメリットとデメリットを理解しておきましょう。

記事作成代行サービスのメリット

記事作成代行サービスのメリット5つ

社内工数を削減できる

記事作成代行に依頼することで、キーワード選定や構成なども含めて任せることができます。社内でやるべき工程を減らし、他の仕事に集中できるでしょう。

記事の体裁が整っている

熟練のライターに依頼するため、体裁の整った記事の執筆が期待できるでしょう。また、独自のルールやマニュアルなどを採用している所が多いため、記事のクオリティにバラつきが出にくくなります。

安定したペースでコンテンツを投稿できる

社内で記事作成していると、他の作業に時間や人員を取られてコンテンツ量が増えない悩みが出てきます。記事作成を代行してもらうことで、安定したペースでコンテンツを増加させることが可能です。

短期間にまとまった数のコンテンツを制作できる

限られた人員では、いくら頑張ってもコンテンツ量を増やすことが難しいでしょう。記事作成を代行することにより、短期間であっても一気にWebサイトを充実させられます。

専門家に監修・内容チェックしてもらえる

専門家監修などのオプションを利用すれば、専門性の高い内容も監修・チェックしてもらえます。

記事作成代行のデメリット

相性は試してみないとわからない

記事を書くライターや編集をするディレクターはさまざまです。メディアのカラーに合った記事なのか、やりとりにストレスはないかなどは、依頼してみなくてはわかりません。

自分に合った記事作成代行サービスでサイトを充実させよう

以上、おすすめの記事代行サービスを比較してきました。特徴を比較していくことで、料金・納期・クオリティの面で納得する記事を量産できるようになるでしょう。

内製ではリソースが割けない場合でも、記事代行サービスに外注化することで他の仕事にも手が回るようになります。

Webサイトに合うライター・ディレクターと出会い、サイトを充実させましょう。

内製化の計画も同時に進行させておく

最後のアドバイスです。記事を外注するメリットはあるものの、ランニングコストの高騰やクオリティを上げるため、自社内でコンテンツを制作する事も考えられます。記事作成代行サービスを利用しながらも、内製化のプランも立てておきましょう。

「企画→構成案→執筆→編集→公開&拡散→振り返り」

記事作成には、上のように企画から記事掲載後まで流れがあります。事前のリサーチや公開後の解析などを、外注を通して学んでいきましょう。