【失敗しない】歯科医院のホームページ参考デザイン総まとめ【2024年5月最新版】

歯科医院のホームページ参考デザイン総まとめ

日本の人口が減り続けている一方で、歯科医院はコンビニよりもたくさんあると言われています。
一般的な治療にくわえ審美歯科、予防歯科など、歯科への需要は依然としてありますが、「選ばれる歯科」でないと生き残れないのが現状です。

新規患者の獲得が難しくなっていく中で、ホームページを使った他院との差別化は重要さを増していくでしょう。

  • 「信頼感・安心感のあるホームページが作りたい!」
  • 「ホームページからお問い合わせや新規受診につなげたい!」
  • 「でも、どんな内容・デザインにしたらいいかわからない」

こんな悩みをお持ちのご担当者様もたくさんいらっしゃるかと思います。

そこで本記事では「歯科医院のホームページを作る際に押さえるべきポイントとコンテンツ」について、Webデザイナーである筆者が自身のホームページ制作経験を踏まえて解説します。

「ホームページを作る前に制作の要点を知っておきたい!」という方は、ぜひお読みください。

【無料】歯科医院のホームページについて相談する

歯科ホームページ制作に役立つ記事もご覧ください デザインが決まったらこちらもチェック!歯科医院に強いホームページ制作会社を厳選

目次
  1. 1. 歯科医院のホームページデザインで重要なポイント
    1. 1-1. 医療広告ガイドラインに準拠する
    2. 1-2. マーケットの変化に適した戦略を考える
    3. 1-3. デザインで患者の信頼と安心を獲得する
  2. 2. 参考になる歯科医院のホームページ
    1. 2-1. 付加価値をアピールして差別化を図る|よねしま歯科・矯正歯科
    2. 2-2. 年齢層高めの方にも安心のデザイン|ぎふデンタルフォレスト
    3. 2-3. 自院の特徴をファーストビューに凝縮|新宿スワン歯科・矯正歯科
    4. 2-4. 当日診療の空きが可視化されている|SHINBI新宿駅前デンタルクリニック
    5. 2-5. 歯のシルエットで歯科診療の専門性と安心を|ペエ歯科クリニック
    6. 2-6. まるで絵本のようなトップページデザイン|ちあーず歯科・小児歯科
    7. 2-7. 手書き風のアイコンやフォントをうまく利用したポップなデザイン|ゆめの森歯科
    8. 2-8. 水をモチーフにしたデザインとキャラの組み合わせ|しだみ歯科
    9. 2-9. 細部へのこだわりが全体をおしゃれにする|おかもと歯科医院
    10. 2-10. テーマカラーとアクセントカラーの使い分けがわかりやすい|クラウド歯科
  3. 3. 歯科医院のホームページに載せるべきコンテンツ
    1. 3-1. 診療科目と診療可能な病名や症状
    2. 3-2. 電話番号・診療時間・休診日
    3. 3-3. 施設・設備案内
    4. 3-4. アクセス情報
    5. 3-5. 料金表
  4. 4. 【コラム】歯科医院の来院者数を増やすためには
    1. 4-1. MEO対策
    2. 4-2. SEO対策
  5. 5. 歯科医院のホームページデザイン・コンテンツまとめ
    1. 5-1. 歯科医院のホームページデザインをプロに任せたい方へ

歯科医院のホームページデザインで重要なポイント

医療広告ガイドラインに準拠する

歯科医院のホームページは医療広告ガイドラインに準拠する必要があります。
これまでは医療関係者の自主的な取り組みを促すものでしたが、医療法が一部改正されたことで2018年6月からはホームページの内容も罰則の対象となりました。
つまりホームページも広告と見なされるようになったのです。

では具体的にどんな内容なのか。たくさんあるので一部だけご紹介します。

  • 医師略歴で厚労省が認めた学会の専門医等は掲載できるが、そのほかはNG
  • 自由診療について、基本的には価格は記載すること
  • 正式に認められていない標榜科目を掲載してはいけない
  • 「〇〇専門外来」という表現を使ってはいけない
  • 「アンチエイジング」という表現を使ってはいけない

なかには「え、そんなことも!?」という項目もありますので、医療広告ガイドラインは一度目を通すなり自分で調べてみるなりしておきましょう。
なお「限定解除」の要件を満たせば掲載可能なものもあります。その意味でも要チェックです。

マーケットの変化に適した戦略を考える

歯科医院といえば、かつては「虫歯を治すところ」でした。しかし、現在では歯科に来院する目的が多様化しています。

  • 虫歯の予防
  • 歯の矯正
  • ホワイトニング
  • 義歯制作および調整
  • 歯周病治療

歯科に求められる役割は、ターゲットによって大きく変わるのがわかるかと思います。
一般的な歯科治療を基本としつつも、自院がターゲットとする層を見極めたうえで「今どのような歯科が求められているのか」を考え、需要に応えられるようなホームページを作成すべきです。

デザインで患者の信頼と安心を獲得する

デザインとは見栄えをよくすることではありません。まず「言葉」が大事です。

安心を獲得する

どんなにおしゃれにしても、心に響く言葉が入っていなければ、人を動かすことはできません。

「心に響く言葉なんて思い浮かばない!」
と思われるかもしれませんが、むずかしく考える必要はありません。
来院される患者さんを思い浮かべながら、あなたの歯科医院で「大切にしていること」「得意なこと」を言語化してみてください。

患者さんが不安に思っていること、抱えている悩みについて応える内容なら自然と心に響きます。
そして安心を感じていただけるはずです。

信頼を獲得する

ホームページデザインにおいては「情報としての言葉」も大事です。
ポイントは以下の2つ。

  • 見やすくわかりやすいこと
  • 患者さんの求めている情報が書いてあること

これは患者さんの疑問に答える部分です。

  • 「自分の症状はどこの診療科で診てもらえばいいのか」
  • 「予約はいるのか。どうやって予約するのか」
  • 「土日・祝日や夜でも対応してもらえるのか」

知りたいことの答えがすぐに見つかり、しかもわかりやすい。そんなホームページなら「この歯医者さんは信頼できる」と思っていただけることでしょう。

見た目の雰囲気はもちろん大切ですが、それは枝葉にすぎません。
ホームページで信頼と安心を感じていただくなら「言葉」を第一に考えましょう。

【無料】歯科医院のホームページについて相談する

参考になる歯科医院のホームページ

付加価値をアピールして差別化を図る|よねしま歯科・矯正歯科

よねしま歯科・矯正歯科

出典:よねしま歯科・矯正歯科

よねしま歯科・矯正歯科は福岡市を拠点に一般歯科だけでなく、口腔内の治療を総合的に行っている歯科医院です。
ホームページでは「歯の総合的な治療ができる」「最新機器を用いて患者さんのストレスを軽減」「キッズスペースあり」といった自院の特徴を紹介しています。
どれも「それなら行ってみようかしら」となりそうなものばかり。
患者さんのニーズを踏まえて付加価値のアピールができており、読み手に刺さる内容です。
上から見た歯に「米」の字を取り入れたロゴがおもしろく、これだけで他とはひと味違うホームページに見えてきます。

年齢層高めの方にも安心のデザイン|ぎふデンタルフォレスト

ぎふデンタルフォレスト

出典:ぎふデンタルフォレスト

ぎふデンタルフォレストは岐阜市にある歯科医院です。
「一生に寄り添う歯科医療」のキャッチフレーズからもわかるとおり、ターゲット層を高年齢層に絞っています。
ホームページでは、明朝系のフォントやゴールドカラーを使って高級感を演出。
こちらの歯科医院をもっとも特徴づけているのが、「審美歯科」「予防歯科」「訪問診療」といった診療メニューです。
患者さんの不安を取り除くように豊富な情報を提供しており、信頼感を生むコンテンツです。
おしゃれな外観や院内の写真も、ターゲット層にとっては安心材料です。

自院の特徴をファーストビューに凝縮|新宿スワン歯科・矯正歯科

新宿スワン歯科・矯正歯科

出典:新宿スワン歯科・矯正歯科

新宿スワン歯科・矯正歯科は、「患者様の立場に立ったやさしい診療」を掲げる歯科医院です。
ホームページにアクセスして最初の画面を見ると、「新宿駅徒歩3分」「最高水準の設備」「女医在籍」といった自院の特徴が簡潔に表示されています。
「お問い合わせ」の方法がわかりやすく示されている中で、ひときわ目を引くのが「ドクターへの無料メール相談」。
ドクターに直接メールで相談できるホームページは非常にめずらしいです。
診療メニューは、「たとえばこんなときにはこちらの診療科」という具合に例を使って示してあり、迷わずたどり着けるようになっています。
ホームページの作りからも「患者様の立場に立ったやさしい診療」が垣間見えるようです。

当日診療の空きが可視化されている|SHINBI新宿駅前デンタルクリニック

SHINBI新宿駅前デンタルクリニック

出典:SHINBI新宿駅前デンタルクリニック

SHINBI新宿駅前デンタルクリニックは、その立地のよさが特徴のひとつといえるでしょう。
そこを生かし、ファーストビューでは「土日・祝日も診療可能」「平日夜8:30まで診療可能」であることをアピール。
東京の会社に勤めていて忙しい人なら、これだけで歯科選びの選択肢に入ってきます。
さらに当日の急患対応枠の有無を「〇」か「✕」で表示。「飛び込み診療歓迎」の姿勢が明確です。
思い付きでも気軽に予約できそう。
「どんな人が来院するのか」をよくわかったうえで、ホームページが作られています。

歯のシルエットで歯科診療の専門性と安心を|ペエ歯科クリニック

ペエ歯科クリニック

出典:ペエ歯科クリニック

ぺえ歯科クリニックは、熊本県にある歯科クリニックです。
歯のシルエットとイラストが特徴的なホームページでひと目で「歯医者のサイト」とわかります。
青を基調とした配色で誠実さと信頼感が感じられるのも、歯科医院のホームページとしてGood。
歯のシルエットやイラストを使う表現は人気があり、歯科医院のホームページでよく見かけます。
ぜひ参考にしてみてください。

まるで絵本のようなトップページデザイン|ちあーず歯科・小児歯科

ちあーず歯科・小児歯科

出典:ちあーず歯科・小児歯科

ちあーず歯科・小児歯科は、愛媛県伊予郡にある歯科医院です。
ホームページは、まるで絵本のようなトップページデザインが目を引きます。
歯科医院のサイトで使われるイラストはパリッとした線画が多いので、絵具で描いたようなふんわりとしたイラストは「歯科医院らしさ」をいい意味で裏切っておりインパクトがあります。
メニューをクリックするたびに背景の絵がぐるっと動くアニメーションが斬新。
とにかく作りが凝っています。

手書き風のアイコンやフォントをうまく利用したポップなデザイン|ゆめの森歯科

ゆめの森歯科

出典:ゆめの森歯科

ゆめの森歯科は、相模原市にある歯科医院です。
ホームページは手書き風のフォントやアイコンをうまく利用してポップなデザインです。
画用紙のような背景の質感も手伝って、紙芝居を見ているような感覚でスクロールできます。

このようなデザインの背景に「痛い、怖い場所ではなく少しでも患者さんのお気持ちが和やかになるようおもてなしするつもりでご対応する」というコンセプトがあるのは注目したいところです。

水をモチーフにしたデザインとキャラの組み合わせ|しだみ歯科

しだみ歯科

出典:しだみ歯科

しだみ歯科は、名古屋市にある歯科医院です。
かわいらしいライオンのキャラクターや曲線を取り入れたホームページのデザインは、「お子さんからご高齢の方まで通いやすい歯科医院を目指す」という考えに基づいたものでしょう。
川沿いの歯医者さんということもあって、水をモチーフにしたデザインも随所に見られます。
写真が明るくていいですね。
スタッフの方々も表情がよく、院内の雰囲気のよさが伝わってきます。

細部へのこだわりが全体をおしゃれにする|おかもと歯科医院

おかもと歯科医院

出典:おかもと歯科医院

おかもと歯科医院は、大阪府吹田市にある歯科医院。
医師が女性の方で、写真を見る限りスタッフも女性のようです。
テーマカラーにピンクを使い、女性らしさを感じさせるホームページになっています。
サイトが表示されるとまず目を奪われるのが、「岡」の字をモチーフにした特徴的なロゴ。
ほかにもリンクボタンや見出しなどの細部が一風変わったデザインになっており、全体をおしゃれに見せています。

テーマカラーとアクセントカラーの使い分けがわかりやすい|クラウド歯科

クラウド歯科

出典:クラウド歯科

クラウド歯科は、滋賀県近江八幡市にあります。
こちらは、テーマカラーとアクセントカラーの使い分けがシンプルでわかりやすい。
青系の色をテーマカラーとし黄色系の色をアクセントカラー目立たせたいところに使っています。

配色の割合も理想的。シンプルな色使いの参考になるサイトです。

【無料】歯科医院のホームページについて相談する

歯科医院のホームページに載せるべきコンテンツ

診療科目と診療可能な病名や症状

診療科目・診療可能な病名は、「この歯科医院で何ができるのか」「どんな悩みを解決できるのか」を知っていただくための項目です。

「虫歯治療」「審美歯科」などの診療科目を入口として、クリックすると下層ページで詳細が見られる形が一般的です。

ぎふデンタルフォレスト_メニュー

出典:ぎふデンタルフォレスト

診療科目ごとに下層ページを作った方がユーザーにとって親切な上、検索で上位に表示されやすいという利点もあります。

「自分の症状がどこの診療科にあたるのかわからない」
という方には症状の例を示しつつ「このようなお悩みは〇〇科」と誘導するとわかりやすいです。
以下に例を示します。

新宿スワン歯科・矯正歯科_メニュー

出典:新宿スワン歯科・矯正歯科

診療科目や診療可能な病名は、非常に重要なコンテンツです。

どんな治療をするのか、具体的な方法だけでなく大切にしている考え方も合わせて、一般の方にわかる情報提供を心がけましょう。

電話番号・診療時間・休診日

電話番号・診療時間・休診日は「予約するために見られる情報」です。
したがって、トップページのわかりやすい場所に配置します。

ペエ歯科クリニック

出典:ペエ歯科クリニック

ペエ歯科クリニックの場合は、歯の形に白く抜いたスペースを利用して、ご予約・お問い合わせに関する情報を際立たせています。
これなら、探していなくても自然と目に飛び込んできますよね。

すでに通院されている人の中には、電話番号や診療時間を調べるためだけにホームページにアクセスする方もいます。
メールや専用のWeb予約システムを備えていたとしても、急な予約に対応できる電話は現代においてなお連絡手段のファーストチョイスです。
その意味でもお問い合わせに関する情報は、サイトが表示されてすぐわかるところに置いておくべきなのです。

施設・設備案内

事前に院内の様子や設備がわかるようにしておくことで、患者さんが来院される時の不安がひとつ減らせます。
おかもと歯科医院の例を見てみましょう。

おかもと歯科医院_院内

おかもと歯科医院_院内2

おかもと歯科医院のホームページは「院内の様子」というコンテンツだけでなく、随所で院内の写真を使用し、ホームページを見るだけで院内の様子が自然にわかるデザインになっています。

写真は全体的に明るめで、設備と一緒にスタッフが対応する様子もあり。
おかもと歯科医院がどんなところか、写真を見ているだけで容易にイメージができ、見る人は安心感を覚えることでしょう。

また、クオリティの高い写真を使っていることもポイントです。
施設・設備の紹介に限らず、ホームページで使う写真は、プロに依頼して撮ってもらうのをおすすめします。

アクセス情報

Googleマップで医院の場所を示すだけでもいいですが、以下の情報を盛り込むとより親切です。

  • 最寄り駅・バス停と、そこからかかる時間
  • 自動車で来院する場合の行き方
  • 駐車場の有無
  • 住所と電話番号

「住所と電話番号」はカーナビで道順を検索する場合に使えます。

ぎふデンタルフォレスト_施設案内

出典:ぎふデンタルフォレスト

上に示したように、ぎふデンタルフォレストのホームページでは「Googleマップ」「電話番号」「住所」「最寄りバス停とそこからかかる時間」および「駐車場の有無」がコンパクトにまとまっています。

道が入り組んでわかりにくい場合は、独自に簡易的な地図を作成するのもアイデアです。
来院される方々に「ここなら行ける!」と思ってもらえるように情報を提示しましょう。

料金表

歯科医院で治療費の料金表を見たことがある人は少ないのではないでしょうか。
歯科治療は内容が1人ひとりまったく異なるため、一概に示すのが難しいのです。

とはいえ、患者さんにとっては気になるところ。事前に可能な限りお伝えするのが望ましいです。

  • 保険範囲内の治療は、ケースをいくつか示して金額の目安を提示する
  • 自由診療(全額負担)かどうかを明記する
  • 自由診療メニューだけでも、治療費用を掲載する

自由診療は治療費が高額ですので、あとでトラブルになるのを防ぐためにも価格を示しましょう。
一般診療に比べてかかる費用がはっきりしていることもあり、自由診療についてはホームページに治療費一覧をのせているところが多いです。

【無料】歯科医院のホームページについて相談する

【コラム】歯科医院の来院者数を増やすためには

ホームページを使って来院者数を増やすには、「たくさんの人にホームページを見てもらう」のが重要です。
そのために狙いたいのが、検索結果における上位表示。
具体的には「MEO対策」および「SEO対策」を施します。

MEO対策

「MEO対策」とは、Googleマップで上位表示させること。
お住まいの地域で「地域名 歯科医院」のようなキーワードで歯医者さんを検索すると、以下のような結果が出てきます。

歯科医院_MEO

ご覧のように、Googleマップに表示されるのは上位3枠だけです。この3枠に入るように対策をします。
Googleマップに載れば、スマホではとくにタップされやすく集客に有利です。

「MEO対策」と聞くと難しそうですが、まずはGoogleマイビジネスに登録して、自院の情報を掲載することが第一歩となります。

MEOはまだあまり認識されていません。ライバルが少ない今のうちにやっておきましょう。

SEO対策

「SEO対策」は、Google検索の上位に自院の情報が表示されるように対策することです。

歯科医院_SEO

検索結果の上位に表示されるほど、クリックしてもらえる可能性が高くなります。

SEO対策にはいろいろなやり方がありますが、ここで取り上げたいのは「ブログ」。
専門業者に頼まなくても、自分たちの力で検索上位が狙えるからです。

ブログでは、「ターゲット層の悩みを解決する記事」を書いて発信します。
歯科のターゲット層は歯に関する悩みを抱えています。
気になることがあったら、まず検索するでしょう。
検索結果の上位にあなたの記事があれば、そこから自院を知ってもらえるというわけです。

ためになるコンテンツが多数あればリピーターもつくはずです。
医院を訪れなくても、ホームページを繰り返し見てもらうだけで安心感と信頼感が生まれます。
継続する力は必要ですが、比較的手軽に試せるのでおすすめです。

【無料】歯科医院のホームページについて相談する

歯科医院のホームページデザイン・コンテンツまとめ

本記事では「歯科医院のホームページを作る際に押さえるべきポイントとコンテンツ」について解説しました。

前提として、患者さんは歯医者に行きたくありません。
それでも行かねばならなくなったときに、比較しながら慎重に歯医者さんを探します。
そのときに見るのがホームページです。
歯医者でできるだけ嫌な思いはしたくない患者さんにとって、ホームページは貴重な情報源。
歯科医院の運営において、ホームページがいかに重要なツールであるかおわかりいただけるかと思います。

デザインに迷ったら、患者さんの立場を想像して良しあしを判断しましょう。
本記事でご紹介したノウハウが、あなたのホームページ制作のお役に立てば幸いです。

歯科医院のホームページデザインをプロに任せたい方へ

制作会社をなかなか探す時間がない・制作会社の違いが分からないという方は、ぜひWeb幹事にご相談ください。
Web幹事は、あなたに最適な制作会社を「人力で」マッチングするサービス。
実際にWeb制作・運用を経験したプロのコンサルタントが対応するため、業者選びの手間なく、質の高いマッチングを受けることが可能です!

コンサルタントのご紹介 Web幹事 コンサルタント 岩田真 岩田 Web制作会社を設立し、
3年間で上場企業を含む50社以上制作に携わらせていただきました。

様々なお客様のWeb制作を実際に行ってきましたので、
初心者の方でも安心してご相談ください!

あなたの目的や予算に合わせて最適な会社をご紹介させていただきます。
ご相談はもちろん無料。また紹介された会社に必ず発注する必要はありません。

歯科医院に強いホームページ制作会社を紹介してもらう

Q. 歯科医院のホームページの事例にはどのようなものがある?

歯科医院のホームページの事例として「付加価値をアピールして差別化を図る|よねしま歯科・矯正歯科」「年齢層高めの方にも安心のデザイン|ぎふデンタルフォレスト」等が挙げられます。その他の事例は記事をご参照ください。

Q. 歯科医院向けホームページを成功させるコツは?

歯科医院向けホームページの成功ポイントとして「医療広告ガイドラインに準拠する」「マーケットの変化に適した戦略を考える」等が挙げられます。詳しくは記事をご覧ください。