超厳選おすすめLPOツール3つを徹底比較&LPの改善ポイントを解説します【2024年6月最新版】

超厳選!おすすめLPOツール3つを徹底比較&LPの改善ポイントを解説します!

「LPを作ったがコンバージョンしない…」
「成果を上げるためにLPOツールを導入したい」
「どのLPOツールが良いのか比較してほしい」

LP(ランディングページ)の改善を考えている方は多いものの、何を改善すればいい?どのツールを選べばいい?といった不安はつきもの。

そこで本記事では、LPOの基礎知識からおすすめのLPOツール、LPを改善する際のポイントを解説します。LPを育てるために必要なポイントを押さえ、コンバージョンを獲得できる費用対効果の良いLPを目指しましょう。

【無料】LPOツールについて相談する

LP制作に役立つ記事もご覧ください LPOの代行に強いおすすめ会社をプロが厳選!
LP制作にお悩みならこちら!おすすめの会社を目的・特徴別にまとめて紹介

目次
  1. 1. LPOツール(ランディングページ最適化)とは?
    1. 1-1. 課題や勝ちパターンの分析・検証(A/Bテスト)
    2. 1-2. 最適なページを届けるターゲティングLPO
  2. 2. おすすめのLPOツール3選を比較
    1. 2-1. Gyron-LPO
    2. 2-2. DLPO
    3. 2-3. CVX
  3. 3. LPOツールが必要な理由(メリット&デメリット)
    1. 3-1. メリット:利益を数倍にする
    2. 3-2. デメリット:即効性がない
  4. 4. LPを改善する際の3つのポイント
    1. 4-1. ファーストビューには3つの要素を入れる
    2. 4-2. CVにつながるボタンの位置は適切か
    3. 4-3. いきなりの商品アピールは避ける
  5. 5. LPOツール比較まとめ

LPOツール(ランディングページ最適化)とは?

LPOとはランディングページの最適化

LPO(Landing Page Optimization)とは、直訳すると「ランディングページ最適化」ユーザーのニーズに合わせてランディングページを最適化し、CVR(成約率)を上げるためのマーケティング手法を指します。

ランディングページ(LP)とは、ユーザーが広告や検索で見る最初のページのこと。1枚ものの広告ページ、キャンペーンサイトなどが該当します。LPOは基本的に以下の5ステップ。

  1. LP制作
  2. 分析
  3. 改善
  4. 検証
  5. 最適化

紹介するLPOツールでは、2と4にあたる「どのページが最適なのかを分析・検証する機能」、5の「ターゲットユーザーに合わせて表示するLPを変える機能」で、LPを最適化していきます。

本記事のLPOは、購入ページや会員の入力フォームに誘導するまでの「入り口部分の改善」。読者の中には、「入力フォームへは誘導できているが、最後のコンバージョンの成果が出ない」と悩んでいる方がいるかもしれません。

その場合は、最後の出口である入力フォームを改善する必要があるので、行うべきはEFO(入力フォーム最適化)です。以下の記事を参考にしてください。

関連記事EFOツールの比較&検討時に知っておくべき基礎知識とおすすめツールの紹介

課題や勝ちパターンの分析・検証(A/Bテスト)

A/Bテスト

LPOの最初のステップは、現在のLPの課題抽出、または勝ちパターンの検証(A/Bテスト)です。

A/Bテストとは、2パターン以上のページを用意し、クリック率やコンバージョン率など、どのバージョンのパフォーマンスが最も効果的かを比較するテストのこと。上の画像のように3パターン測定する場合はABCテストと呼ばれます。

LPOでは、A/Bテストの結果をもとに以下の部分を改善していきます。

キャッチコピーの文言
デザイン・画像(レイアウト・サイズ、配置など)
購入ボタンの文言、色、サイズなど

ページを改善したら、またA/Bテストを繰り返します。このように小さなテストを何度も繰り返すことで最適なページに導き、ページを丸ごとリニューアルするなどの手間やコストの削減、大きな失敗のリスクを軽減することができます。

関連記事ABテストとは?おすすめツール6選、機能と料金を比較!

最適なページを届けるターゲティングLPO

ターゲティングLPO

LPOツールのもう一つの機能が、ターゲットに合わせて最適なページの表示を変える「ターゲティングLPO」です。

例えば男性にレディース靴の広告を表示してもクリックされる可能性は低いです。また、海外旅行のページを作ったとしても「アメリカ 旅行」で検索したユーザーにヨーロッパ・ツアーがメインのページを表示しても離脱の可能性が高まります。

LPで最も重要なことはに、何をアピールし、どんなアクションを起こしてもらうか」が閲覧したユーザーと合致していること。

しかし、ユーザーの検索ワードや、性別・年齢、行動データといった属性などによって最適なページをいちいち表示するのは困難です。

そのため、LPOツールによってユーザーの属性や行動データに基づいて広告表示をパーソナライズすることで、ユーザーニーズとの親和性を高め、CV向上につなげます。

【無料】LPOツールについて相談する

おすすめのLPOツール3選を比較

◎おすすめのLPOツール比較表

ツール名

費用

特徴

 Gyron-LPO

月額40,500円~

※1ヶ月間無料トライアル

・4つのターゲッティング機能

・ABテスト+自動最適化

DLPO

月額10万〜15万円

・自由度の高いパーソナライズ機能

・詳細なA/Bテスト+多変量テスト

CVX

初期費用:30,000円

年間費:30万円〜

※14日間無料お試し

・200種類以上のデザインテンプレート からLP制作が可能

・ヒートマップ分析も可能

ここからWeb幹事で厳選したおすすめのLPOツールを3つ比較していきます。どれも月額費用や年間費用などランニングコストがかかり、金額も安くはありません。ツールによっては無料のトライアル期間がついているので、まずはお試しで使用し、本格的な導入を検討する方法がおすすめです。

Gyron-LPO

Gyron-LPO

Gyro-n LPOのおすすめポイント ・4つのターゲッティング機能
・ABテスト+自動最適化

Gyro-n(ジャイロン)LPOは10年以上のノウハウを蓄積したツールで、「サントリー酒類」「ヒューマンアカデミー」「センチュリー21」などの導入実績があります。今回紹介する中ではランニングコストが最安値。ターゲティングLPOやA/Bテストなど、必要なLPO機能が充実しています。

流入別ターゲティング機能

流入別ターゲティング機能

まずは、流入別に表示するLPを変える機能です。例えば上のように、検索するキーワードごとにユーザーのニーズに合わせて最適なLPを表示することができます。

また、SNS、メールマガジン、プレスリリースなど経由する広告媒体によっても表示を変えることも可能です。

行動履歴ターゲティング

行動履歴ターゲティング

続いては「行動履歴ターゲティング」の機能。一度サイトを訪れたことのあるユーザーに、前回閲覧していたページを表示させる機能です。

目的のページにスムーズに誘導することができ、特に情報量が多いサイトほど改善に効果的。再訪ユーザーの場合、新規に比べて10〜50%CVRが向上すると言われています。

ユーザー環境ターゲティング

ユーザー環境ターゲティング

3つ目は「ユーザー環境ターゲティング」の機能。ユーザーの環境や属性に合わせ、表示するLPを変更する機能です。全国展開しているサイトの場合は、北海道・大阪・福岡など地域に合わせたLPを表示することが可能。

さらに男性・女性などの性別、年代別などユーザー属性によって変える機能、PCかスマートフォン、WindowsかMacかなどユーザーの閲覧環境によって配信コンテンツを変える機能もあります。

時間・曜日ターゲティング

時間・曜日ターゲティング

4つ目は「時間・曜日ターゲティング」の機能。タイムセールや期間限定サービスなど、キャンペーンによって表示するLPを変更することができます。

平日に訪問したユーザーには「平日限定セール」、週末に訪問したユーザーには「週末限定セール」など、タイムリーな訴求をすることでCVの向上が見込めます。

A/Bテスト+自動最適化

A/Bテスト+自動最適化

Gyro-n LPOは、A/Bテストを行うだけでなく、自動最適化をする機能がついています。

クリック率やコンバージョン率などの複数の指標に基づいて検証し、効果の悪いLPは配信を自動的にストップ。残ったLPで測定を行い、どのLPが最も効果が高いかを自動的に振り分けてくれます。このように、A/Bテストを実施しながらLPOを行うことができます。

1ヶ月の無料トライアル

Gyro-n LPOの料金は、月額40,500円~。設置ページ数やクリエイティブの登録数に制限はありませんが、コンテンツが表示された回数によって料金が変動します(詳細は要問い合わせ)。

ですが、「いきなり契約するのは不安」という方のために、1ヶ月の無料トライアルがあります。無料期間後、自動的に課金されることはありませんので安心して試してみてください。

Gyro-n LPOの概要・料金

URL http://anbai.cc/
運営会社 株式会社ユニヴァ・ジャイロン
導入費用 月額40,500円~

DLPO

DLPO

DLPOのおすすめポイント ・自由度の高いパーソナライズ機能
・詳細なA/Bテスト+多変量テストが可能

DLPOは、2005年に日本初のLPOツールを提供した先駆者です。導入企業は700社を超え、電通やサイバーエージェントなど有名企業が使用しています。

デザイン・コーディングの専門知識が不要で、管理画面上のマウス操作でLPの設定ができることが特徴。分析機能も充実しています。

自由度の高いパーソナライズ機能

自由度の高いパーソナライズ機能

DLPOはWeb解析ツールとの連携が可能で、データに基づいた自由度のパーソナライズ機能が強みです。

・ユーザー属性(年齢や性別など)
・時間帯や曜日、地域
・訪問頻度

これらの項目によって表示するLPを変更できます。

興味・関心

また、外部(第三者)データと連携することでユーザーの興味・関心、または下の画像のように年収などに応じたLPを配信することが可能。

年収

このように、細かくパーソナライズすることによって、ユーザのエンゲージメントやコンバージョン率の上昇に繋がります。

詳細なA/Bテスト+多変量テスト

詳細なA/Bテスト+多変量テスト

DLPOはA/Bテストの機能も充実しています。どちらの結果が良かったかだけでなく、「時間帯」や「都市」ごとなど詳細な分析が可能

A/Bテストの機能

また、テスト途中の結果から、CVRの良くないページは自動的に配信停止されます。より早く良好なLPを導き出し、テスト実施中にエンゲージメントやコンバージョン率の改善につなげられます。

DLPOの多変量テスト

DLPOの多変量テスト

DLPOの特徴が、「多変量テスト」です。A/Bテストの結果だけではCVの善し悪しだけで、「理由」までは分かりません。多変量テストでは、対象ページの写真、商品テキスト説明、アクションボタン、情報の順番など細分化して優劣を分析するため、どの部分が悪く、どの部分が良かったのか分かるため、最適なキャッチコピーや写真などが得られます。

DLPOは月額10万〜15万円とやや高額ですが、高性能であることが魅力のLPOツールです。

DLPOの概要・料金

URL https://dlpo.jp/
運営会社 DLPO株式会社
導入費用 月額10万〜15万円
資料ダウンロード https://dlpo.jp/form/

CVX

CVX

CVXのおすすめポイント ・200種類以上のデザインテンプレートからLP制作が可能
・ヒートマップ分析も可能

CVXは先ほど紹介した2つと違い、自社でLP作成ができるクラウド型LPOツールです。ユーザーによってLP表示を変える機能はありませんが、ページ制作、A/Bテスト、ページ分析、クリエイティブ改善までワンストップでLPOが可能です。

200種類以上のデザインテンプレート

200種類以上のデザインテンプレート

CVXはデザイナー・エンジニアに頼らず、200種類以上の業界別・商品別のテンプレートからテキストや画像を編集するだけでLPが作れます。そして、必要項目や条件を打ち込むだけで、入力フォームの構築まで可能(※ECカートは未対応)。

シンプルな操作で済むため、一度に大量のLPを短期間でローンチし、A/Bテストで検証したいニーズに対応。スピーディーなPDCAサイクルでLPOが可能です。

ヒートマップ分析も可能

ヒートマップ分析も可能

CVXの分析ではA/Bテストはもちろん、ヒートマップ分析が可能です。
ヒートマップとは、ユーザーがどこを見たのか?を示すページ上の視線移動を分析するもの

直近1ヶ月の期間にページの中で、どこに配置したボタンが最も多くクリック(タップ)されたのか?が分かるため、ボタンの最適な位置が分析できます。

A/B テストとヒートマップ分析を繰り返すことで、ページ上でユーザーがどんな動きをしたか具体的に把握できるため、スピーディーで効率的な LPO が行えます。

14日間無料でお試し

14日間無料でお試し

CVXの料金体系は初期費用30,000円+年間費の料金体系。1年ごとの契約です。ただし、14日間、無料で試せるトライアルがあるので、まず使用してから継続するかを判断できます。

LPを作るリソースが足りない、大量のLPを短時間で作りたいと考えている方は一度お試しください。

CVXの概要・料金

URL https://lpo.conversion-x.jp/lp02?cvx_expid=15
運営会社 株式会社ポストスケイプ
導入費用 初期費用:30,000円、年間費:30万円〜
資料ダウンロード https://lpo.conversion-x.jp/form/input

※ここまで読んで、ツールを使ってもLPOは難しそうと思われた方はWeb幹事にご相談ください。自社に最適なLPOの代行会社を紹介します。

【無料】LPOの代行に強いおすすめの会社をプロに探してもらう

LPOツールが必要な理由(メリット&デメリット)

LPOが必要な理由は、ズバリ「機会損失の多さ」です。LPはサイトへの入り口にあたり、商品やサービスの魅力を伝える重要なページ。しかし、実に90%のユーザーが10秒以内に広告ページを離脱していると言われており、入力フォームに到達するユーザーは全体の5%程度。原因として以下が考えられます。

LPの内容が検索キーワードにダイレクトに応えていない
パッと見て目的の商品や情報が見つからない
さらに情報を得るためのボタンや導線が機能していない

ネットは簡単に離脱ができるため、少しでも上のようなストレスを覚えた場合、ユーザーは数秒で離脱します。LPOを先に行い、最適なLPを提供しないと、ページの制作や集客にかけた費用も時間も水の泡になってしまうのです。LPOツールを導入すべき理由はここにあります。

メリット:利益を数倍にする

LPOを行うと、広告費をかけずに利益を増やすことができます。仮にシャンプーを販売するLPを作り、1個売れると500円の利益が出るとします。広告費が10万円としてLPOによって購入者が倍になった例を見てみましょう。

◎売上1,000個の場合
利益 500円×1,000個ー10万円(広告費)=40万円の利益

◎LPOによって売上を2,000個にした場合
利益 500円×2,000個ー10万円(広告費)=90万円の利益

このように売上は2倍ですが、広告費が変わらないために、利益は2.25倍。LPOが重要な理由はここにもあります。

デメリット:即効性がない

CVの向上に有益なLPOですが、一方でデメリットもあります。LPOツールの導入後、すぐに効果が出ないことです。

最適なLPに導くためには、何度もA/Bテストの検証を行い、細かな改善を繰り返すPDCAを回すことが必須です。ある程度、データが集まるまでには時間も要するでしょう。

さらに、A/Bテストで明確な違いが表れるのは3割前後と言われています。残りの7割もデータとして使えますが、直接LPの改善につなげられるのは全体の3割。即効性がなく、根気が求められることがLPOのデメリットです。

ただし、野球の打率と同じく、3割も正しい検証結果が出るのはマーケティングの観点では十分と言え、導入するメリットの方が多いのは間違いありません。

また、ターゲットに合わせて最適なLPを表示できることや、細かい改善を繰り返すことで大きなリニューアルをしなくて済み、その結果、ランディングページの制作費を削減できるLPOは導入すべきツールと言えるでしょう。

【無料】LPOツールについて相談する

LPを改善する際の3つのポイント

最後にLPを改善する際のポイントを3つ紹介します。課題点は各LPごとに異なり、良いLPの条件は無数にありますが、ここでは最低でも押さえておきたい要点を紹介します。

関連記事ランディングページの作り方を現役LPライターが徹底解説

ファーストビューには3つの要素を入れる

LPOのファーストビュー

LPで最も重要な部分は、ユーザーが最初に目にするファーストビューです。CV率の高いLPのファーストビューには次の3つがあることです。

①キャッチコピー
②写真
③申し込みボタン

オシャレでオリジナルの世界観がある方が目を引くと考えられがちですが、シンプルに王道の3つを持ってくるほうがコンバージョンが高いことが分かっています。

自分が言いたいことではなく、ユーザーが得られるメリット・体験、今すぐアクション(購入や問い合わせなど)できるボタンを最初に持ってきてください。

※LPのキャッチコピーについては下記の記事も参考にしてください。
関連記事ランディングページの売れるキャッチコピーを現役コピーライターが解説

CVにつながるボタンの位置は適切か

CVにつながるボタンの位置も重要です。結論から言うと、LPの上中下の3箇所に設置すること

一番上に設置する理由は最も閲覧者数が多く、クリックされる可能性が高いからです。

真ん中に置く理由は、特典に関する情報が書かれていてコンバージョンに誘導しやすいこと、その時点でコンバージョンしなくてもLPの内容が「購入」「資料請求」「会員登録」「無料体験」など、何を目的としたページなのかを常にボタンによって植え付ける効果があるからです。

一番下に置く理由は、最後まで読んだ人が押せるようにするためです。また、可能であればフローティングボタンを設置し、常にボタンが追尾するようにすると尚いいでしょう。

Web幹事には、良いLPのサイトの事例を集めた記事もありますので、参考にしてください。

関連記事:【完全版】ランディングページの事例まとめサイト8選

いきなりの商品アピールは避ける

LPページでやりがちな失敗が、いきなり過度な商品アピールをし、ドン引きして離脱されてしまうことです。

王道パターンは、問題提起をして不安感を醸成する→解決策を提示して購入してもらうこと

先ほどの画像では、商品の訴求ではなく「自粛生活で体重増えていませんか?」と問題提起をキャッチコピーにしました。

ネットを使うユーザーのモチベーションは、「悩みを解決したい」「役に立つ情報が欲しい」「欲求を満たしたい」などです。コテコテに自社商品をアピールするのではなく、読んでいくうちに欲しくなってしまうシナリオにすることが肝商品PRはさりげなくしましょう。

そもそもLPを訪れたユーザーは買うモチベーションが高くないと考えてください。入力ページまで到達するのは全体の5%と述べたように、いかに興味・関心のないユーザーを動かすかに重心を置きましょう。

関連記事プロが実践するランディングページの改善(LPO)13選!

【無料】LPOツールについて相談する

LPOツール比較まとめ

以上、LPOの基礎知識から、おすすめのLPOツールの比較、LP改善のポイントを解説してきました。せっかくLPを制作してもコンバージョンに結びつかなければ苦労が水の泡。

逆にLPOに成功すると、広告費を変えずに利益を数倍に上げることができます。言うまでもなく、LPのゴールは作ることではなく、成果を上げること。ただし、すぐにコンバージョンが出るLPを作ることは困難であり、検証と改善を地道に繰り返すことが重要です。

LPOツールへの投資は安くありませんが、コンバージョンに結びつかずに悩んでいる方はまず無料トライアルから試しましょう。最適なLPページを作る、ユーザーに届けることは簡単ではありません。少しでも効率化を図るために、LPOツールの導入を検討してみてください。

自社だけではノウハウがなくLPOは難しそうと思われた方は、Web幹事にご相談ください。

【無料】LPOの代行に強いおすすめの会社をプロに探してもらう

Q. おすすめのLPOツールは?

おすすめのLPOツールとして「Gyron-LPO」「DLPO」等が挙げられます。それぞれの詳しい特徴は記事内で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

Q. LPを改善する際のポイントは?

LPを改善する際のポイントとして「ファーストビューに3つの要素を入れる」「CVにつながるボタンの位置を変えてみる」等が挙げられます。詳しい選び方については記事をご覧ください。