ホームページ制作会社の依頼・相談・比較ならWeb幹事

お急ぎの方は電話で相談 (平日10時〜21時)

03-6457-3550

メールでのご相談は24h対応!!

無料でHP制作の相談をする

まずは制作会社に見積もりを依頼

お見積もりを依頼

お急ぎの場合はお電話でもご対応!

03-6457-3550

簡単解決!ホームページが検索に引っかからない時の対処法【2019年最新版】

「HPを作ったのに企業名やサービス名で検索してもヒットしない。」
Web制作を行なっていると、こんなご相談を受けることがあります。

例えば「ダイエット」「プログラミング」など競合の多いキーワードならまだしも、「会社名やサービス名」などの固有名詞さえも表示されないという相談が大半を占めます。

その場合、ホームページの設定に問題がある場合がほとんどです。
本記事では、そんな状態でお困りの方へ向けた、検索結果に表示するために必要な方法をご紹介していきます。

また検索結果に表示させるだけでなく、新規集客を狙うために必要なSEO対策もご紹介しているので、あわせてお読みください。

※業者に依頼したのに検索結果に出ない!という方は、当サイト「Web幹事」にご相談ください。
制作会社に依頼したのに、会社名などの固有名詞で検索結果に表示されない場合、設定方法を間違えている可能性があります。
「Web幹事」にてSEO対策もできる優良な制作会社をご紹介しますので、お気軽にご相談下さい。
【無料】SEO対策ができる優良Web制作会社を探してもらう。

目次
  1. 1. 検索結果に表示されるには、Googleにホームページを見つけてもらうことが必要
    1. 1-1. Googleにホームページを見つけてもらう方法
    2. 1-2. WordPressを利用している際の注意点(no-indexの設定)
    3. 1-3. なぜGoogleに見つけてもらわないと検索結果に表示されないのか?
  2. 2. 検索結果に表示されたら、次は集客に繋げるためのSEO対策を
    1. 2-1. SEOキーワードを選定する
    2. 2-2. キーワードにどのようなニーズがあるのかを分析する
    3. 2-3. ユーザーが求めている情報を盛り込んだ記事を作成する
  3. 3. やらない方がいいSEO対策
    1. 3-1. 外部リンクを購入するなど、不正にリンクを増やす
    2. 3-2. metakeywordにキーワードを入れる
    3. 3-3. タイトルや見出し、本文に不自然なほどKWを詰め込む
    4. 3-4. ユーザーにとって中身のない低品質なページ
    5. 3-5. 他のサイトからコンテンツをコピーして作る
  4. 4. ホームページが検索に引っかからない時の対処法 まとめ
    1. 4-1. SEOに強いホームページ制作会社をお探しの方へ

検索結果に表示されるには、Googleにホームページを見つけてもらうことが必要

検索結果に表示されるためには、検索エンジンである「Google」にあなたのホームページを見つけてもらう必要があります。
Googleは常にインターネットを巡回しているので、時間が経てばいつか検索結果に表示されるようになります。
ただ、少しでも早く検索結果に表示されたい場合、自分のホームページの場所をGoogleに知らせることが可能です。

Googleにホームページを見つけてもらう方法

以下の手順で、Googleへあなたのサイトの場所を知らせることができます。

  1. Googleアカウントを作成する
  2. Search Console(サーチコンソール)に登録する
  3. Fetch as Google(フェッチアズグーグル)を送信する

横文字ばかりで一見難しそうに見えますが、作業自体は非常に簡単です。
では早速それぞれどのように進めていけばいいのか確認していきましょう。

①Googleアカウントを作成する

GoogleアナリティクスやGmailを使っており、すでにGoogleアカウントをお持ちの方は、この作業は必要ありません。
まだ持っていない方は、下記 URL からgoogleアカウントを作成してください。
Googleアカウントの作成

※【2018年8月以降】Google アナリティクスの管理者である場合、自動的にそのサイトが Search Console に登録されるようになります。そのため、Googleアナリティクスの管理権限を所有していれば、search consoleへの登録作業は必要ありません。

②Search Consoleに登録する

Search Consoleとは、検索結果でのパフォーマンスを確認・分析できるGoogleが無料で提供しているツールです。
Googleへの登録作業以外にもサイト運営に便利な機能がたくさんあるので、サイトを作ったら登録必須のツールです。

では、登録方法を確認してきましょう。
(1) まず、サーチコンソールにアクセスし、自分のGoogleアカウントでログインします。
Google Search Console

(2) 画面右上の赤いボタン「プロパティを追加」をクリックします。

SearchConsole_プロパティを追加

(3) サイトの URL を入力し「追加」をクリックします。

SearchConsole_URLの入力

(4) 「別の方法」を選択し、HTMLタグにチェックを入れます。
※HTMLタグ以外の方法で所有権の確認をおこなっても問題ありません。

SearchConsole_URLの確認方法

(5) コードをコピーしてサイト内のheadタグに埋め込みます。

SearchConsole_タグを追加

※headタグ内への埋め込み方など、全く知識がない方は制作会社もしくは社内の開発者に聞いてみましょう。

(6) アップロードが完了したら「確認」をクリックします。
「所有権が認証されました」と表示されれば登録は完了です。

③Fetch as Googleを送信する

登録が完了したら、次はSearch Console上からFetch as Googleを送りましょう。
Fetch as Googleを送ると、Google側に「サイトがここにあるよ」と伝えることができます。
Googleは送られた URL を確認し、順位付けして検索結果に表示するので、早くGoogleに見つけてもらうためにも、送信を忘れずに行いましょう。

では、Fetch as Googleを送信手順をご説明します。
(1) search consoleの左メニュー「クロール」をクリックし、「Fetch as Google」をクリック

Fetch as Google_管理画面

(2) 「取得」をクリック

Fetch as Google_取得

今回はTOPページを行うので URL 部分は空欄のままで大丈夫です。

(3) 「ステータス」が「完了」となったことを確認し、「インデックスに送信」をクリック

Fetch as Google_インデックスリクエスト

(4)「私はロボットではありません」にチェックを入れ、「この URL と直接リンクをクロールする」を選択

Fetch as Google_送信方法の選択

(5) 以下の画面のようになっていれば作業完了です!

Fetch as Google_確認

送信してから、Googleがあなたのサイトを見つけて、検索結果に表示されるまで、短いと数分、長い場合だと1、2週間ほどかかります。
新しくサイトを作った場合だと、時間がかかることもあるため、気長に待ちましょう。
これで、会社名や商品名で検索した時に、検索結果に表示されるようになります。

WordPress を利用している際の注意点(no-indexの設定)

非常に多くのホームページで使用されている CMS WordPress 」。
WordPress を利用していて、上位に表示されない場合、管理画面から以下のページを確認してみてください。

管理画面→設定→表示設定の画面で「検索エンジンでの表示」を確認してください。
(画像赤枠に囲まれた部分です)

WordPress no-indexの設定

この部分の「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックが入っている場合、クローラーがサイトを見つけることができません。
見落としがちなポイントですが、ここにチェックが入ってしまっているケースは多いです。
WordPress を利用している場合は注意しましょう。

なぜこのような作業をしないとあなたのサイトが検索結果に表示されないのでしょうか。
そこには、Googleの検索エンジンの仕組みが大きく関わってくるのです。
では、Googleがサイトを検索結果に表示するまでに、どういった動きをするか確認しましょう。

なぜGoogleに見つけてもらわないと検索結果に表示されないのか?

Google検索エンジンの仕組み

Googleの検索エンジンは「ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返す」ことを目指しています。
つまり、ユーザーニーズに合致したサイトを検索結果で上位に表示し、ユーザーの利便性を向上させているのです。

この検索順位を決めるまでにGoogleの検索エンジンは、大きく3つのステップを踏んでいます。

  1. クロール:サイト・ URL を検出する
  2. インデックス:サイトを データベース に登録する
  3. ランキング:検索結果での順位を決める

簡単にいうとサイトを「見つける→登録する→検索結果に表示する」という順番でサイト内容を認識し、検索順位を決めて、表示しているのです。

Googleは、インターネットを巡回する無数のロボット(プログラム)を常に動かしています。
このロボットのことを「クローラー」や「Google bot」と言います。
検索エンジンは、クローラーが収集してきたホームページの情報を集めて整理して、Googleの データベース に検索結果の「索引」を作ります。これを「インデックス」と言います。

Fetch as Googleを送信することはすなわち、クローラーがサイトを「見つける」という部分を促しているのです。

イメージしにくい人はGoogleが検索エンジンの仕組みを説明するための動画を作成しているので、こちらをご覧ください。
検索が情報を整理する仕組み

検索結果に表示されたら、次は集客に繋げるためのSEO対策を

あなたのサイトが検索結果に表示されるようになったら、次はより多くの人にサイトの存在を知ってもらえるようにSEO対策を行なっていきましょう。
まだあなたの会社の商品やサービスを購入する気がないユーザーにアプローチするために、よく使われる手法が「記事コンテンツを作成すること」です。

検索結果に上位表示され、ユーザーニーズを満たす記事を作るための3ステップをご紹介します。

  1. SEOキーワードを選定する
  2. キーワードで検索しているユーザーは何を求めているのかを推測する
  3. ユーザーが求めている情報を盛り込んだ記事を作成する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

SEOキーワードを選定する

ユーザーがどのキーワードで検索してきた時に、自社の商品やサービスを利用してくれる可能性が高いのか。
ということを把握しておくのはあなたがホームページを運営していくにあたり、非常に重要です。

では、ユーザーニーズが高いキーワードを推測・選定するにはどうすればいいのでしょうか。

例えば、「賃貸不動産の検索サービス」を提供する場合を考えましょう。
ユーザーは当然「賃貸物件を探している人」となるため、「東京 賃貸」や「六本木 賃貸」といった「地域名×賃貸」という掛け合わせはユーザーニーズが高くなります。
ユーザーは実際にそのエリアで物件を探している可能性が高いと推測できるからです。

また通販サイトの場合、「商品ジャンル×ランキング」や「商品ジャンル×口コミ」というようなキーワードのニーズが高いと推測できます。
どの商品が今人気なのか、購入した人はどう感じているのか参考にしたいというニーズがありそうですよね。

このように、あなたの会社の商品やサービスを利用しようとする人がどういったキーワードで検索するか想像して、ニーズが高そうなものを選定していきます。

ユーザーのニーズを推測する際に役に立つのが、キーワードのサジェストです。
サジェストとはユーザーが検索エンジンに入力した時にGoogleがそのキーワードと一緒に検索される可能性が高いキーワードを提示する予測変換キーワードのことを言います。

キーワードのサジェスト

このように何かキーワードを入力した時に、自動で提示されている部分がサジェストです。
ユーザーニーズを推測、サジェストを利用し、自社の商品やサービスを購入してくれる可能性が高いキーワードを把握しましょう。

キーワードにどのようなニーズがあるのかを分析する

SEOキーワードの選定が終われば、次はそのキーワードで検索するユーザーに、どんなニーズがあるのか分析しましょう。

最も良い方法は、SEOキーワードで上位に表示されているサイトや記事をしっかりと読み、どのような構成や要素があるか分析することです。
なぜ上位サイトを分析するかというと、上位に表示されているページはGoogleがユーザーニーズに合致したコンテンツを提供している有益なサイトであると判断したからです。

まず、上位10サイトにどんな内容が書かれているのか、書き出してみましょう。
上位10サイトに共通して書かれている内容は、ユーザーが求めている情報であり、ニーズに合致したものと言えます。
また記事を読んでいく中で、これはユーザーにとって有益だなと感じる情報はメモしましょう。

このようにして、ユーザーニーズを満たすために必要な情報を揃えていきます。

ユーザーが求めている情報を盛り込んだ記事を作成する

ユーザーニーズに合致した情報が揃ったら、コンテンツ作成を行います。

コンテンツ作成時に気をつけることは、3つです。

  • 検索ユーザーにとっての「わかりやすさ」を意識する
  • 専門用語はできるだけ使わない
  • 見出しや箇条書きなどを適宜つけて、読み疲れない工夫をする

ユーザーにとって、簡単な言葉でわかりやすく、読み疲れないよう心がけましょう。
この流れにそって、記事コンテンツを作成することで、上位表示を狙うことができます。

やらない方がいいSEO対策

SEOに有効な記事の書き方がある一方で、やらないほうがいいSEO対策もたくさんあります。SEO対策の効果がないものや、Googleからペナルティを受けて、順位が大幅に落ちるものがあるため、注意が必要です。

※こちらの記事でも、SEOでやってはいけないことを詳細に説明しています。ぜひ参考にしてみてください。
ホームページ制作でやってはいけないこと:SEO編

外部リンクを購入するなど、不正にリンクを増やす

外部リンクの購入はGoogleからペナルティを受け、順位を大幅に落とす可能性があります。
リンクを高額で販売する業者もいて、「リンクを何本貼れば、絶対に順位が上がります」などと希望を持たせる営業トークに騙されて、軽い気持ちでリンクを購入しないでください。

metakeywordにキーワードを入れる

少し前まで、SEO上、metakeywordにキーワードを入れるべきといわれていました。
しかし、近年ではほとんど効果がないばかりか、競合に狙っているキーワードがバレてしまったり、キーワードを入れる作業が発生したりするなど、いいことはありません。

タイトルや見出し、本文に不自然なほどKWを詰め込む

タイトルや見出しにキーワードを入れることは、SEO上、有効な施策の一つです。ただし、やりすぎはいけません。
順位をあげたいキーワードを大量に詰め込み、ユーザーにとって読みにくい記事になってしまっては本末転倒です。

ユーザーにとって中身のない低品質なページ

中身のない低品質なページとは、情報量が少なく内容が薄い、独自性や専門性に欠けるコンテンツを言います。
例えば、数十文字程度で書いたブログの記事は低品質認定されるでしょう。ユーザーにとって有益なコンテンツを書くよう意識しましょう。

他のサイトからコンテンツをコピーして作る

Googleはユニークなオリジナルコンテンツを高く評価しています。
そのため、他社の記事をコピーして、自社の記事としてアップしても、Googleは評価してくれず、順位は上がりません。
確かにコピーすれば楽ですが、そんな簡単なことで順位が上がることは絶対にありえません。

ホームページが検索に引っかからない時の対処法 まとめ

本記事では、ホームページが検索に引っかからない時の対処法をご紹介しました。
ポイントは2つ

  • 会社名やサービス名などの固有名詞は、きっちりホームページを設定することで表示されるようになる
  • 新規顧客を集客するためにはSEO対策を

固有名詞は比較的簡単に表示されるようになります。
(ただし、「アップル」など普通名詞も存在する上に、競合が非常に強い場合は別途対策が必要になります)

固有名詞で表示されたら次はSEO対策です。
SEO対策は非常に専門的・時間を要する手法のため、詳しくない方は制作会社やWebコンサルティング会社に依頼するのも良いでしょう。

SEOに強いホームページ制作会社をお探しの方へ

Web幹事では、SEOに強いホームページ制作会社やWebコンサルのご紹介が可能です。
すでにホームページをお持ちで「SEO対策だけ行いたい」でも問題ありません。

  • そもそもSEO対策って?
  • 実際にどういうことをやってもらえるの?
  • どれくらいお金がかかるの?

といったことも、専門のコンサルタントが丁寧にご説明します。相談料はもちろん無料。
SEO対策を駆使して新規で顧客を捕まえたい。という方はWeb幹事にお気軽にご相談ください。

【無料】SEO対策ができる優良Web制作会社を探してもらう。